2014_01
31
(Fri)08:30

スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)3回戦終了! ベスト4出揃う!

! Hola amigos !  

今日は、スペイン国王杯”コパ・デル・レイ”の試合の結果をお届けしようと思います。
コパ・デル・レイ(スペインのカップ戦)は、現在3回戦を終了し、ベスト4のチームが出揃ったところです!

では、まず最初にそれぞれの3回戦の様子をお届けします。
まずは、レアル・マドリードエスパニョールの対戦です。
(第一戦) エル・プラット-コルネジャ・スタジアム
 これまでのコパ・デル・レイのこの対戦は、このエル・プラット-コルネジャ・スタジアムで行われた過去の戦績に限り、8勝1敗2分とエスパニョールが大きく勝ち越しているそう。 試合は、その戦績が示すように、マドリーもさることながら、エスパニョールが結構攻めてました。
特に、前半18分のピッツィのシュートと、後半38分のジョン・コルドバのシュートは惜しかったです。
しかし、結果は0-1でアウェイのマドリーが勝利。
アウェイゴールを奪われたまま、エスパニョールは第二戦の敵地へと乗り込むことになりました。
(第二戦) サンチャゴ・ベルナベウ・スタジアム
 第一戦を0-1でとられているエスパニョールは、『早い時間に得点を入れてマドリーを焦らせ、その焦りにつけ込んで2点目を奪う』 というのが理想的な展開だったのでしょうけれど...
実際に先制したのはマドリーの方。
前半7分に、シャビ・アロンソからのロングフィードを受けたヘセが、そのままゴールを奪って先制点をあげました!
そして、試合はそのままスコアが動かず... 第二戦も1-0でマドリーが勝利しました。
この結果、マドリーが2勝して3回戦突破を決めました。 
 Real Madrid CF Real madrid 1-0, 1-0 Total 2-0 RCD Espanyol Espanyol.jpg
ここのところマドリーのディフェンス陣はいいですね。 リーガを含め、完封試合が続いています。
それと、コパではGKのカシージャスが見られるのが嬉しですね~。


さて、続きましてはアスレチック・ビルバオアトレチコ・マドリードの対戦です。
(第一戦) ビセンテ・カルデロン・スタジアム
アトレチコが前半41分、コケの右サイドからのボールに、ゴール前のゴディンが頭であわせてゴール!
これがこの試合での唯一の得点となり、1-0でホームのアトレチコが先勝しました。
また、アウェイゴールを0に抑えたことで、第二戦はちょっとアトレチコ有利になりました。
ただ、第二戦は不敗神話が続くサン・マメス・バリア・スタジアム...何が起きるかわかりません。
(第二戦) サン・マメス・バリア
 第二戦は、お互いに死力を尽くした試合となりました。
試合は、両GKのスーパーセーブもあり、なかなか得点が入りません。
ようやくスコアが動いたのが前半42分。バレンシアガが左サイドからあげたクロスに、アドゥリスがヘディングで合わせてゴール! これで、二試合合計のスコアをイーブンに戻しました。
一方、アトレチコの方は、何度も波状攻撃をかけますが、ビルバオのゴールをこじ開けることが出来ません。
そして、ようやくその努力が実ったのが後半9分になってから。
コケのFKからミランダが頭でつないでラウロ・ガルシアがシュート。これはGKがうまくはじきDFがクリアするも、そのクリアボールをC.ロドリゲスがひろい、再度左からクロスを上げると、もう一度ラウル・ガルシアがシュート。これが決まってついにアトレチコが同点に追いつきました!
このままではここで敗退となってしてしまうビルバオは、試合終了間際にかさにかかって責め始めます。
しかし、アトレチコは逆にカウンター攻撃で応酬!
後半40分に、ハーフウェイライン付近でのオフサイドトラップをかいくぐったディエゴ・コスタが抜けだし、更にGKとの一対一を制して決定的なゴールをあげ、このまま1-2でアウェイのアトレチコの勝利となりました。
これにより、ビルバオの国王杯敗退が決定すると共に、サン・マメス・バリアの不敗神話も消えてしまいました。。。
 Athletic Club Bilbao Athletic Club Bilbao 0-1, 1-2 Total 1-3 Atletico Madrid Atletico Madrid
この試合では、アトレチコの強力守備陣の一角であるフェリペ・ルイスが負傷し、途中退場となりました。
この先、更にきびしい戦いが待っているのに...大したことなければよいのですが。


3戦目は、バルセロナレバンテの対戦です。
リーガでは、レバンテがバルサ相手に引き分けの試合をするなど、なかなかの接戦になりそうな予感がしたのですが...
(第一戦) シウタ・デ・バレンシア・スタジアム 
 数日前に同じスタジアムで行われたリーガでの対戦で、1-1と好ゲームをしたレバンテ。 この試合もそれを思い起こさせるような展開で始まりました!
レバンテは主に守りに軸を置きながら、時折カウンターで攻撃を仕掛けていきます。
そして、前半30分に、エル・サールがゴール前のこぼれ球を押し込み、先日の試合と同用にレバンテが先にリードしました!
バルサもいつもならここですぐさま追いついて...という展開のハズだったのですが、そううまくはいかず、このまま前半が終了となってしまいます。
しかし! 後半になると、やはりバルサの攻撃が実り始めます!
徐々にメッシからテージョへというホットラインができると、何度も同じ場面をみているかのようにシュート&ゴールが繰り返され、終わってみればテージョがハットトリックを達成! それと同時に、1-4でアウェイのバルサの勝利となりました。
(第二戦) カンプ・ノウ・スタジアム
 第一戦の結果で圧倒的な優位に立ったバルサ。 第二戦はメンバーのほとんどをスーパーサブのメンバーに替えてのぞんだのですが、結果はまたしても第一戦と同じ結果に。。。
試合開始直後にオウンゴールで先制されたバルサでしたが、28分にはアドリアーノのミドルシュート、44分にはプジョルのヘディング・ゴールで、前半のうちに逆天に成功!
そして、後半に入ると、好調のアレクシス・サンチェスが2本のゴールを決めて4-1と勝負あり。
最後はセスクが右サイドからミドルシュートを決めて試合に幕を下ろしました。5-1
 FC Barcelona FC Barcelona 4-1, 5-1 Total 9-2 Levante UD Lavante UD
レバンテは二試合合計で9失点。 GKがケイラー・ナバスだったリーガでは失点も少なかったことから、セカンドGKのハビエル・ヒメネスの力不足は否めないところですね。

 
そして、最後の試合は、レアル・ソシエダと唯一リーガ二部のチームで勝ち残っているラシン・サンタンデールの試合です。
この対戦は、意外な結末を迎えました。
(第一戦) アノエタ・スタジアム
 試合開始直後、ラシンの給料未払い問題に対する選手の抗議で、ピッチ上のラシン選手が動かないというアクシデントがありましたが、その後しばらくして通常のプレーが再開されました。
で、この日はソシエダのDFミケル・ゴンサレスが大爆発!
試合開始早々3分、続く33分と、M.ゴンサレスがヘディングでゴールを決め、一人で2点をたたき出します。 
後半に入ると、今度は攻撃陣の一角であるベラがゴールを決め、スコアを3-0として試合を決定づけました。
後半37分に、ラシンのコネにゴールを奪われますが、それもご愛敬。
結局3-1でソシエダの勝利となりました。
(第二戦) エル・サルディネーロ・スタジアム
 この日も給料未払い問題を抱えるラシン選手が、試合でのプレーを拒否するという展開。
しかし、この日は最後まで試合は始まらず、記録上0-0というスコアで試合終了ということになってしまいました。
 Racing Club Santander Racing Club Santander 1-3, 0-0 Total 1-3 Real Sociedad Real Sociedad
ラシンの給料未払い問題は、長いこと尾を引いていますね~。 選手のためにもファンのためにも、はやく解決してもらいたいところです。


ということで、ちょっと後味の悪い3回戦の結果になってしまいましたが...
以上の4チームが、準決勝の4回戦へと駒を進めることになりました。
 ・Real Madrid - Atletico Madrid
 ・FC Barcelona - Real Sociedad

今回は、強いチームが順調に勝ち上がってきましたので、どちらのカードも最強の対戦となりましたね。
まずはマドリード・ダービー!
そして、その後は、クラシコになるのか? それとも昨年のスーペル・コパの再現になるのか?
注目の国王杯準決勝です!

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ


関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック