2013_11
14
(Thu)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン その6:カテドラル

! Hola buenos dias !  

今日は、レオンのランドマーク ”Catedral de Leon:レオン大聖堂(カテドラル)” をご紹介します。
では、まずは外周りのご紹介から。

”Calle Ancha:アンチャ通り” を歩いてくると、カテドラルの前の ”Plaza Regla:レグラ広場” へと出てきます。
 1221 Catedral de Leon ←通りから広場へ出たところ

レグラ広場に出たら、まずはカテドラルの正面に行ってその全体を眺めてみましょう!
すっきりと晴れたスペインの空に、カテドラルが映えてきれいですね~。
 1222 Catedral de Leon

そして、次は正面入り口のところへといってみます。
このときはまだ昼の休憩時間だったので、カテドラルの中には入れませんでした。

カテドラルや教会の正面入り口は、こういった彫刻・レリーフで飾られていて、キリストなどに係わる一場面を表していることが多いです。
ここでのレリーフは、正面左から右へと”キリストの誕生”、”栄光”、”受難”という順に...並べられているのかなぁ?
中央入口の柱部分にある彫像は、きっとキリストを抱いたマリア様ですよね。 
 1223 Catedral de Leon 1224 Catedral de Leon 1225 Catedral de Leon

そして、正面右の塔の中央には、このような時計が取り付けられていました。

この時の時間を考えると、太陽の指し示す方ではなく”月”の指す方向がそのときの時間だと思うのですが...”月”でいいのかな? 
では、反対に太陽が示す数字は???
 1226 Catedral de Leon ←なんとも不思議な時計。

カテドラル前の広場には、このような ”レオン” と書かれたオブジェがたてられています。
みんなこの上に座って休むらしく、上の方は磨かれて違う色になってます。 
 1227 Plaza Regla ←”レオン”の表示。

こちらは、広場左手に建っている建物。 ちょっと洒落た感じのものですが、なんなのかはわかりませんでした。
 1228 Plaza Regla ←ちょっと洒落た建てものですね~

また、この建物の前には、こういったブロンズのオブジェがたてられていました。
たくさんの人の ”手形” がつけられていましたよ。
 1230 Plaza Regla ←たくさんの手形がつけられたオブジェ

一方、広場の右手の方に目をやると、こちらにもちょっと歴史を感じさせるような建物がありました。
 1232 Biblioteca Seminario Mayor

そして、その建物の前にもブロンズの像が...
親子(父と息子)の像でしょうか? 像には何も書いてないのでわかりませんねぇ~。
 1234 Plaza Regla ←広場にある父子像

で、広場の右手側からみると、大聖堂(カテドラル)はこのような感じで見えます。 
奥行きもあって、かなり大きそうですね~。
 1237 Catedral de Leon

近寄ってみると、翼廊のあたりが修復工事中のようでした。
 1238 Catedral de Leon ←修復工事中~

その翼廊の入り口付近を見るとこんな感じ。 
扉の上のレリーフは、多分...中央にいるのがキリストで、その下にいるのが12使徒ではないでしょうか。
扉の間の柱にいるのは...聖人か司教さんか...ちょっとわからないですね~。 
 1239 Catedral de Leon ←翼廊の入り口部分

ということで、カテドラル周辺の様子をご紹介しました。

カテドラル周辺を散策した後は、日陰で水を飲みながらカテドラルが開館時間になるまで休憩。
で、同じように近くで休憩している観光客らしきご夫婦がいらっしゃったので話しかけてみました。

ご夫婦は、メキシコから旅行に来ている方で、イタリアのボローニャ(だったかな...)の観光した後、このレオンに来たそうです。 
なぜボローニャ経由なのか...謎です。 

いろいろ話をしているうち...そろそろカテドラルの開館時間になりました。
(写真は、カテドラルの開館を待つ観光客のカップル? 待ち時間も楽しそうですね。)
 1252 Plaza Regla
   
ということで、次回はレオンの大聖堂(カテドラル)の内部をご紹介します。

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック