2013_10
27
(Sun)08:50

リーガ第10節 クラシコ 試合結果速報!

! Hola, amigos !

ここしばらく体調を崩し、ベットで伏せっておりました。
今年の風邪はかなりしつこくて、治るまで4~5日もかかってしまいました。 
まったく...トホホです。
  shie samui

さて、そのようなことはさており...
昨日は、今期初のクラシコが開催されましたね~。
今期は両チームとも監督が交代し、さらに新しい戦力も加わったので、いったいどのような試合になるのか、注目でした。
さっそく今日はその様子をお届けしますね。

まずは、両チームの先発メンバーからご紹介します。
今回は、マドリーがいつもとはちょっと違う布陣になっていましたよ。
 
 FCバルセロナ: 4-3-3
  ・FW: ネイマール、セスク、メッシ
  ・MF: イニエスタ、ブスケツ、シャビ
  ・DF: アドリアーノ、ピケ、マスチェラーノ、ダニエウ・アウベス
  ・GK: バルデス
 レアル・マドリード: 4-3-3
  ・FW: C.ロナウド、ベイル、ディ・マリア
  ・MF: モドリッチ、S.ラモス、ケディラ
  ・DF: マルセロ、ぺぺ、バラン、カルバハル
  ・GK: ディエゴ・ロペス
マドリーの方は、4-3-3というシステムで発表されていますが、S.ラモスがピボーテ(ボランチ)位置に入っているので、実際には4-1-2-3のような形になっています。
DFを本職とするメンバーが5人出ているので、アウェイでの戦い方として守り重視なのかとも思われます。
また、トップ下のポジションでイスコが出場していないので...攻撃のタクトを振るうのは誰かというのはちょっとわかりません。
さらに、いつもは右サイドのベイルがセンターで出ているというのもちょっと奇策に思えます。
もしかすると、、、ディフェンダーからのロングパスでカウンターを狙った布陣?...と考えられなくもないですが、その辺は素人なのでよくわかりませんね~。
まあ、あれこれ考えても結局のところどこまでいっても素人予想にしかならないので、早速試合の様子をご紹介します~。
   national_anthem_4.gif

観客でいっぱいになったカンプ・ノウ。
試合開始の笛が鳴り、いよいよ2013-14シーズンのクラシコの開催です!

この日は、試合開始直後からマドリーが前線から厳しめのプレスを実施。
バルサも落ち着いたボール回しが出来ない状況です。
しかし、それも時間が経つにつれ、徐々にバルサのペースに持ち込まれました。
そして、前半の18分についにゲームが動きました!

中盤でボールを持ったイニエスタがゴール前へとドリブルで持ち込み、マドリーのDFを引きつけたところで、すかさず左サイドのネイマールへパス。
パスを受けたネイマールは、ゴール前でカルバハルとバランが重なったところでシュートを放ちます。
このシュートが、DFのカルバハルの足に当たりながらもそのままゴールへと吸い込まれていき、ネイマールが初出場のクラシコで先制点をあげました!
   lob_a_shot.gif
バルサが先制点をあげると、すぐさまマドリーが反撃に出ます。
まぁ、”得点直後の気が緩んだ時にすぐ失点”っていうのはよくあることですからね。
このマドリーの攻勢で、ゲームは一気に浮き足立った様相を呈しますが、さすがバルサ。
ここで、マドリーの攻勢をかわしながらパスをまわし、浮き足だった試合を徐々に落ち着けます。
さらには、前がかりになったマドリーの隙をつき、DF裏へと走りこんだメッシへイニエスタが絶妙のスルーパス!
これは追加点?!
...と思われましたが、メッシのシュートは惜しくもゴール左へと外れてしまいました~。

このバルサのカウンター攻撃で、マドリーの勢いは一気に消沈。。。
ようやく前半終了間際に、チャンスらしいチャンスがきましたが、これもGKバルデスとDFに阻まれてゴールはなりませんでした。
   goal-keeper_4_20111024171929.gif

さて、後半に入ってマドリーが一気に攻勢を掛けるかと思ったのですが...
先にペースをものにしたのは、逆にバルサの方。
中盤付近からイニエスタが前線へロングパスをおくると、またもやこれ反応したネイマールがフリーでシュート!
これをGKのディエゴ・ロペスがなんとか防いで追加点には至りませんでしたが、またしても攻勢に出ようとする矢先の一撃に、マドリーの勢いが無くなってしまいます。
   
ここで、なんとか攻撃に変化をつけようとアンチェロッティ監督が送ったのが、S.ラモスに変わりイジャラメンディでした。
すると、その直後の12分に、ピッチ中央でボールを持ったイニエスタをケディラ、モドリッチ、ベイルで囲んでボールを奪うと、ここからモドリッチが前線に走っていたC.ロナウドへ絶妙なパス。
パスを受けたC.ロナウドは、フリーでシュートを打ちましたが、これをGKバルデスがファインセーブ!
ゴールへの壁を破ることはなりませんでした~。
   soccer_player_17.gif
なかなかバルサのゴールをこじ開けられないマドリーは、ここでベイルに変わってベンゼマを投入。
ベンゼマが入ることによってセンターにボールが収まるようになり、ようやくいつものマドリーらしさが戻った感じでした。

そして、この交代が後半24分にチャンスを生みます。
左サイドのマルセロから長いクロスボールがゴール前へ送られると、これに合わせたのが先ほど入ったばかりのベンゼマ。 
惜しくもゴールは枠外へ外れてしまいましたが、少しずつゴールへと近づいている感じが出てきました!
更には、その直後の後半25分に、右サイドのディ・マリアからゴール前へ走りこんだC.ロナウドへきれいなスルーパスが通り、GKバルデスと1対1に!
これで同点か?!
と思われましたが、DFのマスチェラーノが後ろから押すようなかたちでC.ロナウドを倒し、シュートに持ち込ませませんでした。
このプレーはエリア内でおこったため、C.ロナウドはPKを審判にアピールしますが、審判はノーファウルの判定。
そのまま試合は続行となりました~。
   sub_refree.gif
さらに勢いに乗るマドリーは、26分にゴール正面、ミッドレンジからベンゼマが強烈なシュート!
しかし、これもギリギリのところでクロス・バーにはじかれてしまい、惜しくもゴールすることはできませんでした。
   lob_a_shot_5.gif
マドリーが攻勢を強め、得点の可能性が漂ってくると、これを感じ取ったバルサはまたしてもパスをまわして試合を落ち着かせ、マドリーの勢いを削いでいきます。

しかし、ここで試合を落ち着けたくないマドリーは、勢いの落ちてきたディ・マリアに替えてヘセを投入。
一方、バルサは守りを少し強化するため、イニエスタに替えてソングを投入。
両チームのこの選手交代がどう出るかというところでしたが...

大方の予想を裏切って得点したのは、守りの札を切ったバルサの方。
後半の途中からセスクに変わって入ったアレクシス・サンチェスが、ピッチ中央付近からのネイマールのロングパスにあわせてゴール前へ走りこみ、相手ディフェンダー(バラン)とGKディエゴ・ロペスとの位置関係を見極めて技ありのループシュートを放ちます。
このシュートがバッチリ決まり、バルサが2-0とマドリーを突き放しました!
   shoot.gif

試合も残り15分。
なんとか追いつきたいマドリーは、ここからさらに攻勢に出ますが、バルサのゴールへはなかなか迫れません。
逆に、右サイドをダニエウ・アウベスにドリブルで駆け上がられてシュートまで持ち込まれるなど、バルサのカウンター攻撃にあってしまいます。

一方、バルサは38分に活躍していたネイマールを下げ、ペドロを投入。
前線からのプレッシャーを強めて、マドリーの反撃の気持ちをそぎ始めますが、マドリーもこれに負けじと反撃します。
後半40分過ぎに、ベンゼマからケディラにパスが通り、そのままケディラがシュート!
これはバルデスが好セーブはじきますが、ケディラから逆サイドに走っていたC.ロナウドにパスが通っていたら、まさに一点もののプレーになるところでした。

そして、ついに時間はロスタイムへ。
告げられたロスタイムは3分。
ロスタイムに入り、勝利を確信したバルサがコーナーキックなどでマドリーの陣内で時間稼ぎはじめると、マドリーの選手たちに少しずつあきらめムードが漂いはじめます。

しか~し!
そのような中、ついにマドリーの得意技であるカウンター攻撃が実を結びます!

マドリーは、自陣でボールを奪うとC.ロナウドがドリブルでカウンターをしかけます。
これに応じて走ったのが途中出場のヘセ。
C.ロナウドと逆の右サイドを走ったヘセは、ゴール前でロナウドからのパスを受けるとワンタッチした後にシュート!
ヘセの放ったシュートは、バルデスの手をはじいてバルサのゴールへと吸い込まれました~。
   soccer_drible_2_20110330224426.gif
これでついにマドリーがバルサに一矢報います。

..が、残念ながら反撃もここまで。
その後はバルサにうまく時間を使われ、2-1のスコアで試合終了となりました。
 FC Barcelona FC.Barcelona 2-1 Real Madrid CF Real Madrid CF

この試合、両チームの監督も初クラシコではあったものの、試合の勝利を分けたのは、やはり両チームの11番だったかな。
ベイルは、本来のポジションとは違ったセンターFWの位置でプレーしましたが、故障明けということもあり、主だった活躍を披露できぬまま交代となってしまいました。
逆に、ネイマールは躍動感あふれるプレーを披露!
クラシコ・デビューと同時に先制点を挙げるという活躍をみせました。
このあたりが勝負の分かれ目になっちゃった気がしますね~。

それから、マドリーは、今期、ボールをまわしながら守りにまわった相手を崩すスタイルに取り組んでいるようですが、、、
結局、得点を取れるのは、いつものマドリーらしいカウンター攻撃ですね。
この結果を受けて、次のクラシコはマドリーがどのようなスタイルで望んでくるのか...もうすでに次のクラシコが楽しみになってきました~。

ということで、今回はクラシコの様子を速報でお届けしました~。
では。 23 ミニミニてあげくまもん
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック