2013_10
29
(Tue)08:30

リーガ・エスパニョーラ第10節 試合結果!

! Hola amigos !  

今日は、先日お届けしたクラシコ以外のリーガ第10節の試合結果をお届けします。
クラシコの結果は先日お伝えしちゃったので、今回はまずアトレチコの試合結果からです。
クラシコでバルサが勝利したので、アトレチコも勝ち点でこれ以上引き離されないように、勝利が欲しいところですね~。
今回の対戦は、ホーム ”ビセンテ・カルデロン・スタジアム” でベティスと対戦しました。
両チームの先発メンバーは次の通りです。
 アトレチコ・マドリード: 4-4-2
  ・FW: ディエゴ・コスタ、ビジャ
  ・MF: オリベル・トーレス、ガビ、チアゴ、コケ
  ・DF: フェリペ・ルイス、ゴディン、ミランダ、フアンフラン
  ・GK: クルトワ
 ベティス: 4-2-3-1
  ・FW: チュリ
  ・MF: バディージョ、マティージャ、セドリック
       ノサ、ロレンソ・レジェス
  ・DF: ディダク、ジョルディ、ペルキ、フアンフラン
  ・GK: サラ
『あら...ベティスってこんなメンバーだっけ?』って思ったら、主力メンバーはほとんど負傷中なんですって... だいじょうぶかなぁ。。。
そう思っていたら、案の定、、、
試合は、早くも開始直後の1分に、オリベル・トーレスのゴールで幕を開けました!
このオリベル・トーレスは、アトレチコ生え抜きの選手であると同時に、あのマンガ ”キャプテン翼” のスペイン名 ”オリベル・アトム” から名前をとった選手であるということでも有名です~。
そして、後半に入ると怒涛のゴール・ラッシュ~!!!
まずは後半6分に、左サイドのフェリペ・ルイスのクロスにビジャが頭であわせてゴール!
ビジャも久しぶりのゴールですよね~。
で、これで開眼したのか、続く10分には、中央のコケから左サイドのオリベルに出そうとしたパスがDFにあたって跳ね返り、そのボールを拾ったビジャがゴール前やや右の位置から蹴り込んでゴールをを決め、これでアトレチコが3-0とリード!
さらには、19分に、アドリアン・ロペスからのロングフィードにあわせたビジャが、ゴール前で左サイドを走っていたディエゴ・コスタへパス。 ディエゴ・コスタがこれを上手くゴール右隅へ決めて4点目!
で、シメは46分にアドリアン・ロペスのシュートがポストにあたって跳ね返ってきたところを、ゴール前に詰めていたガビが拾ってゴールを決めました~。
ということで、今試合は5-0でアトレチコの大勝という形で幕を閉じました。
 Atletico Madrid Atlético Madrid SAD 5-0 Real Betis Real Betis
対戦相手が、主力を欠いた?ベティスとはいえ、5-0の勝利は勢いがつきますね~。
なんと言っても、ビジャの復調の兆しが見えてきたのが嬉ししいです!
また、チアゴやオリベルといったメンバーもフィットしているので、チーム状態としてはほぼ万全に近い状態ですね。 今期もアトレチコの進撃は続きそうです!
一方、敗れたベティスはちょっと心配。。。
この敗戦で順位も18位へと後退し、ついに降格圏に入ってしまいました。
ホルヘ・モリーナ、ルベン・カストロ、ベルドゥ、シャビ・トーレスといった主力メンバーの復帰が待たれます。


 >>>>>
さて、次に紹介するこちらのバレンシアの試合も今節では注目です!
今節は、敵地ビジャレアルのホーム・スタジアム ”エル・マドリガル” にて試合が行われました。
こちらが両チームのスタメンです。
 ビジャレアル: 4-4-2
  ・FW: ウチェ、ジオバニ・ドス・サントス
  ・MF: カニ、ブルーノ、トリゲロス、エルナン・ペレス
  ・DF: ジャウメ・コスタ、ドラード、ムサッチオ、マリオ
  ・GK: アセンホ
 バレンシア: 4-2-3-1
  ・FW:パボン
  ・MF: カナーレス、ジョナス、フェデ
       バネガ、ハビ・フエゴ
  ・DF: ベルナット、マテュー、リカルド・コスタ、ジョアン・ペレイラ
  ・GK: グアイタ
試合開始前は、両チームの互角の戦いが見られるかと思っていたのですが...始まってみると、勢いがあったのはビジャレアルの方。
試合開始から押し気味に展開すると、前半17分には、左サイドからのドス・サントスのクロスにウチェがあわせて先制しました!
この先制点の前から、GKグアイタとDFマテューの連携のまずさが見られましたが、この失点もそれに起因するもの。 開始早々からバレンシアに暗雲がかかりはじめました。
そして直後の22分には、左サイドのカニからファーポストへクロスボールがあがると、これに完璧にあわせたのがエルナン・ペレス! GKのニアサイドの狭いところへゴールを決めて、早々に2-0とビジャレアルがリードしました。
バレンシアファンとしては、どちらの失点も(グアイタが)防げたような気がするのですが、、、これが今のバレンシアなんですねぇ~。
2-0となったところで、ビジャレアルの攻勢が少し弱まると、バレンシアも少しずつチャンスを作り出し始めます。
34分には、バネガからDF裏へループパスが出されると、これにパボンが反応してヘディング・シュート!
しかし、これは惜しくもキーパーに防がれてしまいます。

さて、後半に入ると、しばしの休憩で息を吹き返したビジャレアルは、またしても攻勢に出ます。
後半3分に、左サイドからゴール前に強めのパスが入ると、これにドス・サントスが頭であわせますが、このシュートは惜しくもポストに嫌われてしまいます。
しかし、この跳ね返りのボールを追ったウチェを、マテューがエリア内で倒してしまい、ビジャレアルにPKが与えられてしまいました。
このPKをドス・サントスが蹴るのですが、GKのグアイタが(これまでミスの連続だったのに...)これをはじいてファイン・セーブ! なんとか絶体絶命の危機を脱します。
このはじかれたボールは、コーナーキックとなるのですが、これをウチェがシュートし、さらにはGKの直前でドス・サントスがヒールであわせてついにゴールが生まれました。
なんとか、少しでも巻き返したいバレンシアでしたが、攻めも守りもちぐはぐ...チームとして機能してない状況が続きます。
しかし、こんなときでも得点出来るのがセットプレー。
17分に、バネガに替わって入ったパレホがコーナーキックを蹴ると、これにあわせたのがリカルド・コスタ
ようやくこのシュートが決まって3-1とすることが出来ました。
でも...チームとして機能していない時にはやっぱりダメ。。。
38分には、ブルーノからのロングパスを受けたドス・サントスが、DFをかわして綺麗なミドルシュートを打つと、ボールはゴール左へ綺麗に決まって4-1。
これで完全に勝負あり! 4-1でビジャレアルの勝利となりました。
 Villarreal CF Villarreal 4-1 Valencia CF Valencia CF
試合は、チームとしてまとまっていたビジャレアルと、その中で輝いていたジオバニ・ドス・サントスの活躍で、ホームのビジャレアルが快勝という結果に終わりました。
一方、バレンシアの方は、チームとして機能していない(スペースの作り方、動きなど)感じを受けました。
チーム全体にあまり戦術が行き渡っていない(無いのかも...)ようにも感じましたねぇ。
監督も目立った策ほどこしていないようだし...。
今後の動向がちょっと心配です。


 >>>>>
さて、低迷するバレンシアに続いて紹介するのは、こちらも今期いまだ調子の上がらないレアル・ソシエダの試合結果です。
今節の対戦相手は、昇格組でいまだ一勝も挙げられていないアルメリアでした。
 レアル・ソシエダ:4-2-3-1
  ・FW: アギレチェ
  ・MF: グリースマン、シャビ・プリエト、カストロ
       パルド、ベルガラ
  ・DF: アンヘル、イニゴ・マルティネス、ミケル・ゴンサレス、カルロス・マルティネス
  ・GK: ブラーボ
 アルメリア: 4-2-3-1
  ・FW: ロドリー
  ・MF: ドゥバルビエール、ソリアーノ、ビダル
       アセエス、ベルサ
  ・DF: ラウール、トルシグリエリ、トルヒージョ、ラフィタ
  ・GK: エステバン
このところ不調なのか...ベラは先発を外れたようですね。
さて試合の方はというと、不調とは言えやはりソシエダのペースで進んで行きます。
そして、前半13分に、カストロのロングスローのボールをシャビ・プリエトがヘディングで繋ぎ、これをグリースマンが決めて、ソシエダが先制となりました。
前半はこのゴールだけでしたが、後半にも4分にアンヘルからのクロスボールをまたしてもグリースマンが決めて2点目を奪いました~。 
さらに直後の9分には、パルドからのパスを左サイドで受けたアンヘルが、DFをフェイントでかわしてシュートを放ち、これが決まって3-0。 これで勝負が決し、3-0でソシエダが余裕の勝利となりました。
 Real Sociedad Real Sociedad 3-0 UD Almeria UD Almeria
ソシエダは、アギレチェも復帰してこれからという感じですが、今期はベラが不調ですね~。
メンバーも揃ってくればそこそこ強いはずなのですが...CLとの掛け持ちが負担になっているのかなぁ...という感じですね。
一方、アルメリアの方は、長い長いトンネルに入ったままなかなか抜け出せないようです。
現在の0勝7敗3分という状態は、まったく不本意なはず。。。 一勝することが出来れば様子も変わってくるのでしょうが...次節はアウェイでのバレンシア戦。 
抜け出すのはまだ少し先のようです。


 >>>>>
そして、最後にお届けするのは、今朝がた行われたビルバオ戦の様子です。
ビルバオ(6位)は、同じく今期好調のヘタフェ(5位)とアウェイ(コリセウム・アルフォンソ・ペレス)で対戦しました~。
両チームの先発は次の通りです。
 ヘタフェ: 4-2-3-1
  ・FW: コルンガ
  ・MF: ディエゴ・カストロ、サラビア、ペドロ・レオン
       モスケラ、ボルハ・フェルナンデス
  ・DF: ロベルト・ラゴ、ラファ、リサンドロ・ロペス、フアン・バレーラ
  ・GK: モジャ
 アスレチック・ビルバオ: 4-2-3-1
  ・FW: アドゥリス
  ・MF: スサエタ、アンデル・エレーラ、デ・マルコス
       ミケル・リコ、イトゥラスペ
  ・DF: バレンシアガ、ラポルテ、グルペギ、イラオラ
  ・GK: イライソス
ゲームは好調の2チームだけあって良い試合になりましたが、得点は前半8分のラポルテのゴールのみ!
これが決勝ゴールとなって、1-0でビルバオの勝利となりました。
 Getafe CF Getafe CF 0-0 Athletic Club Bilbao Athletic Club Bilbao
ビルバオは、ビセンテ監督からバルベルデ監督に代わって調子が良さそうですね。
逆にバルベルデ監督を放出しちゃったバレンシアは低迷...。 監督に力は大きいデスね。

さて今日は、全リーガの日程のほぼ1/4を終了したところで、その順位をおさらいしておきましょう!
(カッコ内)は勝ち点。

 1位: バルセロナ (28)
 2位: アトレチコ・マドリード (27)
 3位: レアル・マドリード (22)
 4位: ビジャレアル (20)
 5位: アスレチック・ビルバオ (19)
 6位: ヘタフェ (16)
 7位: レバンテ (16)
 8位: エスパニョール (14)
 9位: レアル・ソシエダ (13)
10位: セビージャ (13)

こうしてみると、やはり今期はビジャレアルの健闘が光りますね~。
それから、意外に頑張っているのが、ヘタフェ、レバンテ、エスパニョールです。
バレンシアはついに10位以下へ転落です。。。
  pan006

では!
! Viva La Liga !
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック