2013_10
18
(Fri)08:30

アジア探訪:マレーシア! その2:王宮

! Hola amigos !  

先日まで、台風と高気圧の影響で ”真夏日” だといっていたのに、ここ数日で一気に涼しくなってしまいましたね~。
山の方では初冠雪とか言っているし...
秋はどこへ行ってしまったんでしょうか~。
  mafler_3.gif

さて、今日はマレーシアの国境の街 ”ジョホール・バル” の観光スポットをご紹介します、
まず、マレーシアに入って最初に訪れたのは、 ”Istana besar / Sultan Abu Bakar Royal Museum :イスタナ・ブサール / スルタン・アブ・バカール・ロイヤル・ミュージアム” というところ。
スルタン・アブ・バカールの統治時代に使用されていたかつての ”王宮” です。
建物は、白いビクトリア調の建築様式が特徴で、中にはジョホール王族の家宝などが展示されています。
 228王宮

こちらの方が、バスツアーの際にガイドについて下さった方です。
お名前は忘れてしまいましたが、マレー人ながらとても日本語の堪能な方でした。
 230ジョホールの木 ←ツアーガイドの方
ちなみに...
このガイドのおじちゃんの向こうに見える木は、 ”ジョホールの木” と呼ばれているそうです。
そのときにこれが何という種類の木なのか聞いたような気がしたのですが、、、、残念ながらあとで調べてみてもよくわかりませんでした~。

恥ずかしながらガイドの方に聞いて初めて知ったのですが...
マレーシアは王政(正確には選挙王政)で、9つの州のスルタン(州の君主)のうちから1人が、それぞれ任期5年で国王が選ばれているそうです。
※マレーシアには13州有るのですが、4州にはスルタンがいないため、9州から選出されています。
名目上、王様は選挙で選出されることになっているのですが、実際には各州の持ち回りでそれぞれのスルタンが王様になっているとのことです。
で、ここジョホール州のスルタンが王様になっていたのは、1984-1989年の間。 現在は、クダ(ケダ)州(州都は、アロー・スター)のスルタンが王様となっています。
 マレーシア ←アロー・スター

こちらは、ここの王宮から見える景色です。 
 236王宮 232ジョホール・バル

一通りの説明を受けたら、建物の中に入って博物館を見学します。
入り口は、正面右手にありますよ。(下写真奥の人がいるあたり)
 王宮 ←内部見学へ! 写真撮影はNGです。

内部の見学が終了したら、バスに乗って他の観光場所へと移動。 
こちらはその途中で見かけた銀行。 ”マレーシア国立銀行(BMK:Bank Negara Malaysia)” です。
 237銀行 ←マレーシア国立銀行

次に到着したのは、 ”Sulta Ibrahim Buiding:スルタン・イブラヒム・ビルディング” 。
昔、太平洋戦争中に”軍の司令部”として使われていたところです。
ガイドさんは、『今は県庁として使われています。』と言っていましたが、実際には、”州事務所”です。
この建物は、マレー・スタイルとコロニアル・スタイルが見事に調和した建物だそうですが... そのあたりは詳しくないのでよくわかりません。
スペインで見かける”イスラミックな建物”によく似ている気はします。
ここは外観だけの見学になります。
ちなみに、ここを見学する際には、事前に承認を取らなければならないことになっていますのでご注意ください。
 243県庁

さて、その次に訪れたのは、 ”Sultan Abu Bakar Mousque:スルタン・アブ・バカール・モスク” というところです。
ここはその名の通り、イスラム教の ”モスク(礼拝堂)” です。
ジョホール海峡を見下す丘の上に立っていて、白壁と青い屋根がとても綺麗な建物です。
マレーシア(国教はイスラム教)のモスクの中でも最も美しいモスクの一つと言われているそうです。
※モスクなので、入場の際には、男性は長袖(半袖)長ズボン、女性は長そで、ロングスカート(長ズボン)、スカーフの着用が必要になります。
 246モスク

次回は、マレーシア文化村のご紹介です。
では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック