2013_10
02
(Wed)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! カンガス・デ・オニス:その3

! Hola a todos !  

さて今回は、カンガス・デ・オニスの街でいただいたお昼ご飯をご紹介します。

このカンガス・デ・オニスは結構ちっちゃな街ですが、レストランはたくさんあります。
観光客がたくさん訪れるから何でしょうかねぇ。 

ただ、やっぱり日本人(東洋人)の観光客は珍しいらしく、レストランを探しながら歩いていると、みなさん興味深く私たちのことをみてました。
見られてるこっちの方が恥ずかしくなっちゃうぐらいです。。。

そんな感じで何軒かお店を見て回った末、最終的には橋の近くにあるホテル(Hotel El Sella)のレストランに入りました。
外は暑いですが、中はレストランはエアコンが効いていてとても快適でした~。
こちらの人は、中が涼しく外が暑くても、外のテラス席を選ぶようです。
テラス席は混んでいるのに、中はこんな感じでガラガラです。 
(ちょっと食事の時間が早かったこともあったのかも。)
 0907 Hotel El Sella ←レストランの中の様子

早速、中に入ってお願いしたお料理は、飲み物付きの日替わりメニュー(一人あたり8.8ユーロ)です。
日替わりメニューは高級なものではないですが、地元の人が食べてる感じのものが出てきます。
大体、一人あたりお料理が二皿に(スープorサラダ & メイン)、パン&デザートor飲み物という組み合わせが多いです。
しかし、都会では物価が高いせいか、メインとサラダがワンプレートになったものデザートor飲み物 という組み合わせが多いですね。
お値段は、大体10ユーロ前後となっています。

ということで、今回もそれをお願いして、飲み物にワインとお水を選んだのですが...
やっぱりやられました。。。
チンチョンでも体験したのですが、、、 
ワインも水もボトル一本、ドカン!とで出てきましたよ!
ワインは美味しくて嬉しいけど、、、そんなに飲めないよ~。。。
 0900 Hotel El Sella ←食事に付いてくるワイン
もそんなに飲める方ではないので、二人で一生懸命飲んでも、ボトル半分くらいが精一杯です~。

そして、しばらくして一皿目のお料理が出てきました。onpu3.gif

まずは、のオーダーしたパスタ(フジッリ)とチーズ(マンチェゴチーズ)ののったサラダです。
サラダにかけられている黒っぽいのは、バルサミコ酢です。
 0902 Hotel El Sella ←サラダ

こちらはの頼んだ一皿目のお料理です。
この地方(アストゥリアス地方)の名物 ”Fabada:ファバダ” というお料理です。
白インゲン豆を煮込んだお料理で、チョリソモルシージャなどが入っています。
 0903 Hotel El Sella ←名物料理のファバダ
このお料理は、見た目以上にお腹にどっしり溜まります。
はっきり言って、日本人にはこれとパンとサラダ&ワインで十分ですよ。

さて、この次は二皿目のお料理です~。
最初はお肉料理。
鶏肉をソースで煮込んだようなものです。 比較的あっさりしてました。
 0905 Hotel El Sella ←鶏肉のお料理

こちらはもう一つのお皿。 お魚料理です。
山あいの街ということで、お魚にはマスが出てきましたよ。
薄く衣をつけて揚げた感じですかね。 赤いピミエント(ピーマン)とポテトが添えられています。
 0906 Hotel El Sella ←お魚料理
お肉のお皿にもお魚のお皿にもポテトが付いてくるんですが、、、そんなに食べられないって~。

最後はトドメのデザート攻撃!
一つはフラン(プリン)、もう一つはナティージャを頼みました。
 0909 Hotel El Sella 0908 Hotel El Sella

これだけたくさん食べて、ワインを飲んで...お値段は二人で17.6ユーロ!!!
カマレラ(給仕)の方に1ユーロほどチップを渡しても20ユーロいかないないんだから、ホントにリーズナブル!
やっぱり、田舎は物価が安いですねぇ。

ということで、お昼のワインでヨレヨレになっちゃったので、千鳥足状態で街の散策に入りました。
   senda_chidoriashi.gif
こちらは、通りにあったチーズ屋さん(左)と市役所(右)です。
アストリアス地方は、緑が多くて乳牛もたくさん飼われているので、チーズの生産も盛んなようですよ。
 0911 Ayuntamiento 0912 Ayuntamiento
チーズ屋さんの庇の上には、乳牛の像がのっていてわかりやすいですね~。

コバドンガ通りをしばらく歩いて行くと、教会のある広場へと出てきます。
 0915 Cangas de Onis ←教会前の広場

広場の一角には、写真にあるような銅像がたてられています。
この像は、 ”アストゥリアスの老婦人” と名付けられていました。 作者は、セバスチャン・ミランダという方で、2002年に製作されたものです。
 0916 El Palacio Pintu ←広場の老婦人像

写真奥に見える塔みたいな建物は、Pintu宮殿と呼ばれる建物です。
17世紀に建てられた宮殿を、20世紀に入ってから再建(コピー)したものだそうですよ。 今は税務署が使っているとか...
 0918 El Palacio Pintu ←Pintu宮殿

そして、この広場で一番のメインは、このサンタ・マリア教会です。
正面にみえるいくつかの鐘がとっても印象的ですね~。 
 0924 Iglesia parroquial de Santa Maria

この写真にも手前の方に石像が写っているのがわかりますか?
この石像は、コバドンガにもあったペラーヨさんの像なんですよ。 このあたりではみんなの英雄なんですね~。

これで、カンガス・デ・オニスの街の観光は終了です。
あとは、往きと違った道を通ってバスターミナルまで戻ります。
この道の先にある橋の向こうに見えるているのがバスターミナルですね。
 0935 Cangas de Onis ←階段のところが橋です

ということで、今回散策したルートは、地図中の赤線部分になりま~す。
カンガス・デ・オニスでは、楽しい散策が楽しめました!
 mapa de Cangas de Onis 3
 
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック