2013_09
30
(Mon)08:30

リーガ・エスパニョーラ第7節 試合結果!

! Hola amigos !  

最近は、朝に顔を洗う水も少しずつ冷たくなり、夏が終わったことを身近に感じますねぇ。
日中の気温はまだまだ25℃(夏日)越えの日が多いですが、確実に秋が近づいています。
食べ物も美味しい季節だし、良い季節ですよねぇ。。。
     inekari.gif
そういえば、最近は秋になると学校や幼稚園・保育所などで ”ハロウィン(Halloween)” などをやるところもあるらしいです。
そもそもハロウィンとは、収穫祭ケルト人(キリスト教)の死者の祭りが合わさったもの。
後に、それが アメリカで大衆の文化 として広まり、さらにそれをアメリカに憧れる日本の方々が、 ”オッシャレ~!” と感じ、その文化を一生懸命輸入しているらしい。。。
まぁ、こういうことをネタにして何かと儲けたいっていう企業の作戦にまんまとのせられている”のもあるんでしょうけどねぇ。。。  ちょっと残念。
   halloween_j_olantern_2.gif halloween_j_olantern_4.gif
そんなに収穫祭がしたいなら、”芋煮会” なんかでもやってみたら?
...もっと日本の文化を大切にしたらいいのに。 オシャレじゃないからそれはイヤなんでしょうねぇ。。。 

最近では、TVなどで ”日本好きの外国人” が頻繁に見られるようになりましたよねぇ。
この方たちの話を聞いていると、 ”日本人が気付かない日本の良さ” を教えられます。 
海外の方から教えられるとは...なんとも ”日本を知らない日本人” って感じで恥ずかしい。。。
日本人が海外に行ってその土地の方と話をすると、必ず日本のことを聞かれます。
そんなとき、あなたは日本のことをどう話しますか?
そう思うと、もう少し日本の文化を大切にしても良いんじゃないかなぁ...って思いませんか?
   tsukimi.gif

そして、秋といえば ”スポーツの秋” っていうのもありますよねぇ。
最近では、秋(10月頃)が暑すぎるので春に運動会をやるという小学校も多いとか。。。 
確かに近年の気温の上昇は尋常じゃない感じもしますけど...春に運動会っていうのもなんとも味気ない。
   undoukai_2.gif     undoukai.gif     undoukai_relay.gif
で、なんで味気ないかって考えたんですけど...
秋って、なにかこう一区切り着いた感じがあるんですよね~。 
たぶん、『農作業(作物の収穫)が一段落し、冬を迎える準備をする前の一休みの時期に、みんなで集まって運動会やらお祭りをする』っていう感じを持っていたんじゃないですかねぇ。
なので、 ”これから新たな気持ちでスタートします!” っていう春の時期に運動会って言われても、やっぱりちょっと違和感を感じちゃうんでしょう。


と、たわいもないことをつらつらと書いてしまいましたが...
こちらは、その超暑いさなかから始まっているスペインのリーガ・エスパニョーラ。
先日は、その第7節の試合がおこなわれましたので、今日はその結果についてお知らせします
    national_anthem_4.gif

 >>>>>
まず最初は、今節で一番注目された試合 ”マドリード・ダービー” の結果です。
試合会場はサンチャゴ・ベルナベウ。
今期、ここまでチームとして今一つまとまりに欠けるレアル・マドリードと、昨期からの結束で今期も快進撃を続けるアトレチコ・マドリードの対戦。 
しかも、なぜかアウェイのサンチャゴ・ベルナベウで分がいい(昨年の国王杯決勝もこのスタジアムで勝利!)アトレチコですので、今回の対戦は当初からかなりの接戦になることが予想されました。

で、その試合での先発メンバーはこのようになっていました。
 レアル・マドリード: 4-4-2 (doble pivote)
   ・FW: C.ロナウド、ベンゼマ
   ・MF: イスコ、イジャラメンディ、ケディラ、ディ・マリア
   ・DF: コエントラン、S.ラモス、ペペ、アルベロア
   ・GK: ディエゴ・ロペス
 アトレチコ・マドリード: 4-4-2 (doble pivote)
   ・FW: ディエゴ・コスタ、ビジャ
   ・MF: コケ、チアゴ、ガビ、アルダ
   ・DF: フェリペ・ルイス、ゴディン、ミランダ、フアンフラン
   ・GK: クルトワ
びっくりなことに、マドリーはついにシステムをいじってきましたね~。(これまでは、4-2-3-1)
メンバーはいつもとなんら変わっていないんですが...
一方、アトレチコの方はいつものメンバー、いつもの布陣でのぞんでいます。

試合は、最少失点差で決まりそうだと思っていたのですが...
その最初の注目の1点は、前半11分にあっさり入ってしまいます。
そのゴールを決めたのは、やはりアトレチコの方。
マドリーDFが上手くクリアしきれなかったボールをフェリペ・ルイスが拾い、すぐさまコケへと繋ぎます。
コケは、DFの裏へタイミング良く抜け出したディエゴ・コスタへスルーパスを送り、ディエゴ・コスタがGKと一対一でタイミングを外してうまくシュート! これが決まって早くも試合が動きます。
しかし、前半に決まったゴールはこの1点のみ。 そのまま後半へ折り返しとなりました。

後半に入ると、早々に1点差を追いついておきたいマドリーは、後半開始からイジャラメンディに変わってモドリッチを投入。 これで、攻撃に変化を持たせようと考えたのですが、なかなかその効果が現れません。
そのままゴールが奪えずにズルズルと時間が過ぎると、これに業を煮やしたアンチェロッティ監督は、27分に次の手としてイスコモラータにチェンジして更に攻勢を強めます。
しかし、それでもこの日は1点が遠いマドリー。。。
逆に、後半40分を過ぎたところで、勝利を確信した(時間稼ぎもしたい)シメオネ監督は、40分にディエゴ・コスタレオ・バプティスタンに、41分にビジャラウル・ガルシアに、更には43分にもアルダクリスティアン・ロドリゲスへとチェンジ。
この交替で、最後の追い上げの気を折られた形のマドリーは、結局最後まで1点が奪えず、このままアトレチコに逃りを許す結果となってしまいました~。
 Real Madrid CF Real Madrid CF 0-1 Atletico Madrid SAD Atletico Madrid
マドリーの方は、先日のエルチェ戦で露呈していましたが、流れの中から上手く得点することが出来ないですね。
やはり、こういった状況では、上位のチームとの対戦をうまく乗り切るのは難しくなってきます。 個々の選手は上手いのですから、次は全体としてのまとまりが期待されます。
さて、一方のアトレチコは強いですね!
チームとしてのまとまりもありますし、試合の流れを上手く読んで、ツボを心得たプレーが出来ているような感じです。 試合巧者ですね~。
現在、すでにリーガの首位を行くバルサを追って、まだまだアトレチコ(2位)の進撃が続きそうです。


 >>>>>
で、マドリーが負けちゃったとなると、気になってくるのは勝ち点差2で4位につけているビジャレアルの結果ですよね。
そのビジャレアルは、今節アウェイ(ベニート・ビジャマリン・スタジアム)でベティスと対戦しました。
両チームの先発はこんな感じです。
 レアル・ベティス: 4-2-3-1
   ・FW: ホルヘ・モリーナ
   ・MF: ノサ、ベルドゥ、バディージョ
        レジェス、マティージャ
   ・DF: ディダク、アマジャ、パウロン、ハビエル・チカ
   ・GK: ギジェルモ・サラ
 ビジャレアル: 4-4-2 (doble pivote)
   ・FW: ジョアン・ペレイラ、ウチェ
   ・MF: カニ、ブルーノ、トリゲロス、アキーノ
   ・DF: ヨキッチ、ドラード、ムサッチオ、マリオ・ガスパール
   ・GK: セルヒオ・アンセホ
注目は、ここまで活躍が見られたビジャレアルのドス・サントスが先発を外れたこと。 休養の意味もちょっとあるのかもしれませんが...その影響がどう出るのか?

試合は、前半35分にノサが先制ゴールを決めて、ベティスがリードします。
その後、ビジャレアルも1点を追って攻め続けますが、なかなかその1点が奪えません。
後半に入って、ジョアン・ペレイラドス・サントスへ、トリゲロスをピナに変えて攻勢を強めますが、審判の壁(何度かベティスのエリア内でPK判定並みのファウルがありましたが、とってもらえなかった)もあってなかなか1点が奪えません。
そして、ビジャレアルには最後まで遠かった1点、ベティスにとっては最後まで守りきった1点により、1-0でベティスの勝利となりました。
 Real Betis Real Betis 1-0 Villarreal Villarreal CF
この結果、ビジャレアルはマドリーを抜いて3位に上がるチャンスを逃すことになってしまいました~。
ただ、流れとしては良いですし勢いもありますので、ビジャレアルはこれからも行けそうです!
シーズン後半になって、どの辺りの順位になっているのかが楽しみになってきましたね。


 >>>>>
さて、続きましては、今期もすでに首位を走っているFCバルセロナの試合結果です。
今節は、昇格組のアルメリアと対戦しました。
 アルメリア: 4-2-3-1
   ・FW: ロドリー
   ・MF: ビダル、ソリアーノ、スソ
        ベルサ、テバル
   ・DF: クリスティアン、トルヒージョ、ペジェラーノ、ネルソン
   ・GK: エステバン
 FCバルセロナ: 4-3-3 
   ・FW: ペドロ、メッシ、アレクシス・サンチェス
   ・MF: セスク、ブスケツ、イニエスタ
   ・DF: アドリアーノ、ピケ、バルトラ、ダニエウ・アウベス
   ・GK: バルデス
まぁ、アウェイとはいえ、実力の差(アルメリアは18位)がありますから、、、余裕の勝利ですね。
ということで、試合はやはりバルサ主導で進んで行きます。
で、前半20分にメッシがゴールでして先制。 後半に入ると今度は10分にアドリアーノがゴールを奪って2-0。 そのまま相手に得点を許さないまま試合が終了~。
危なげなく、2-0でバルサが勝利を飾りました。
 UD Almeria Almería 0-2 FC Barcelona FC Barcelona
残念なのは、この試合でメッシが筋肉系を負傷し、2~3週間の離脱になってしまったこと。 
バルサ的には、まだまだ選手がいるので問題ないでしょうが... その間にアルゼンチン代表としての試合もあるようなので、本人にとっては痛い負傷となってしまったでしょうね。


 >>>>>
そして、4試合目にお届けするのは、調子を落としつつあるレアル・ソシエダの試合です。
対戦相手は、現在新チームの建造中にあるセビージャFC。
どちらも好調とは言えない状態だけに、ここで勝利して波にのりたいところです。
で、その先発はこのメンバーでした。
 レアル・ソシエダ: 4-2-3-1
   ・FW: アギレチェ
   ・MF: グリースマン、ベラ、ゴンサロ・カストロ
        パルド、ベルガラ
   ・DF: アンヘル、イニゴ・マルティネス、ミケル・ゴンサレス、カルロス・マルティネス
   ・GK: クラウディオ・ブラボ
 セビージャFC: 4-2-3-1 
   ・FW: ガメイロ
   ・MF: トロチョウウスキー、ラキティッチ、ハイロ
        クリストフォロ、イボーラ
   ・DF: モレノ、パレハ、カラ、フィゲイラス
   ・GK: ベト
ソシエダは、エースのアギレチェが戻って来て好調時のメンバー構成になってきましたが、調子のほどはいまいちです。 

さて、試合の方はというと...
前半17分にセビージャのハイロがゴールを奪って先制。 その後、0-1のまま試合が進んで行きます。
ソシエダは、後半18分にゴンサロ・カストロセフェロビッチにチェンジすると、その直後(20分)に待望の1点をグリースマンが奪い、ようやく同点に追いつくことができました。
ここで同点になると、逆にセビージャの方がバッカマリンといったフレッシュな選手をピッチに送り込み(33分)、試合終了間際に1点を奪って逃げ切ろうという作戦にでます。
しかし! 39分にはこの作戦が裏目に...
この39分には、セビージャDFのカラがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまいます。
   refree_ye2.gif
そして、この退場となったカラの穴を埋めるため、エメリ監督は泣く泣く攻撃的MFのハイロを下げ、DFのイスラエルを投入しました。

ということで、最後の方はバタバタとしちゃいましたが、結局1-1というスコアで、両者痛み分けということになりました~。
 Real Sociedad Real Sociedad 1-1 Sevilla FC Sevilla FC
それにしても、この試合はソシエダにとって痛かったですね~。
まだ7節とはいえ、昨期4位だったチームが現在は12位ですから... これからの復調に期待したいところです。


 >>>>>
そして最後にお届けするのは、我らがバレンシアの試合です!
今節は、ラージョ・バジェカーノとの対戦となりました。
この試合のスターティング・イレブンは次の通りです。
 バレンシアCF: 4-2-3-1
   ・FW: ジョナス
   ・MF: パボン、カナーレス、フェデ
        バネガ、ハビ・フエゴ
   ・DF: ベルナット、マテュー、ビクトル・ルイス、ホアン・ペレイラ
   ・GK: ジエゴ・アウベス
 ラージョ・バジェカーノ: 4-2-3-1 
   ・FW: ホアキン・ラリベイ
   ・MF: セバスチャン・フェルナンデス、アドリアン、ラス
        トラショーラス、バエナ
   ・DF: モヒカ、サウル、ゼ・カストロ、アルビージャ
   ・GK: ルーベン
ようやくバネガをトップ下から外して、ディフェンシブ・ハーフに置くシステムになってきましたね。
ただ、、、ここのところゴールをあげているからといって、ジョナスを1トップにするのはやりすぎじゃない? と思ったら、FWのポスティガが不在の様子。(怪我ですか?)
この先、このチームはどうなることやら...
最近復調気味にあると思っていたのですが、やはりこの試合でも不安だらけでした。

しかし、この試合で先制したのはバレンシアの方。
前半37分に、ジョナスがゴールを奪います。
その後は、両チームともなんとか得点をあげようと必死になりますが、バレンシアもGKディエゴ・コスタを中心にこの1点を守りきり、1-0で勝利を飾ることが出来ました!
 Valencia CF Valencia CF 1-0 Rayo VallecanoRayo Vallecano

バレンシアは、攻撃の方がだいぶパスが上手くまわるようになってきたので、少しずつ良い感じになってきました。 
一方、今回敗戦に終わったラージョは、今期ここまで1勝6敗と大不調! 現在最下位の20位と低迷しています。 元気がない感じですね~。
次節は、同じく崖っぷち感のあるソシエダとホームでの対戦となります。 どちらも勝って復調のきっかけとしたいだけに、厳しい一戦となりそうです。


ということで、今回のリーガの結果報告はここまで。
最後に”ちょっとご参考”の話をしますね。

最近、サッカー界では、ちょっと前まで ”volante:ボランチ” って呼ばれていたポジションの選手を、 ”pivote:ピボーテ” と呼ぶようになりました。
両方とも昔はDH(ディフェンシブ・ハーフ)と呼ばれていたポジションの選手たちです。
”ボランチ”はポルトガル語で、”ピボーテ”はスペイン語 という違いはあるものの、どちらも役割的にはほぼ同じです。
以前はブラジルのサッカースタイルが世界を席巻していたため”ボランチ”という呼び方が流行し、最近はスペインのサッカーがとりあげられるようになったので、 ”ピボーテ”という言い方が流行ってきたのかもしれません。

ただ、語源を考えると、厳密には両者の役割は少しだけ異なっているようです。(ほとんど同じなんですけど。)
”ボランチ””ハンドル”という意味があるので、”試合の舵を切る(コントロールする)”といった役割を持つDHを意味するそうです。
一方”ピボーテ”の方は、”軸頭・旋回軸”などを表し、”ここを中心・起点としてボールを前戦に散らして配球する”という役割を持ったDHのことを意味しています。 (バスケットの”ピボット・ターン”の”ピボット”と一緒。)
私的には多少は違うものの、ほとんど同じように感じちゃうんですが、プレーする選手たちはそれぞれ異なってとらえているのでしょうかねぇ。。。
ちょっと気になるところです。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
 
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ハロウィン

>>そもそもハロウィンとは、収穫祭とケルト人(キリスト教)の死者の祭りが合わさったもの。

少し違います。「ケルト人(キリスト教伝来以前のドルイド教)」です。ハロウィンとキリスト教は直接関係ありません。

ご参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

2013/10/07 (Mon) 13:06 | 通りすがり #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック