2013_09
26
(Thu)08:30

リーガ・エスパニョーラ第6節 試合結果!

! Hola amigos !  

今日は、リーガ第6節の試合結果をお届けします。

まずは、バルセロナの試合結果から。
今節の対戦相手は、最近ちょっと勢いが無くなり気味のレアル・ソシエダです。
その両チームの先発は以下の通りでした。
 FCバルセロナ: 4-3-3
  ・FW: ネイマール、メッシ、アレクシス・サンチェス
  ・MF: イニエスタ、ブスケツ、シャビ
  ・DF: アドリアーノ、マスチェラーノ、ピケ、ダニエウ・アウベス
  ・GK: バルデス
 レアル・ソシエダ: 4-2-3-1
  ・FW: セフェロビッチ
  ・MF: グリースマン、シャビ・プリエト、サンガリ
       ハビエル・ロス、ベルガラ
  ・DF: デ・ラ・ベジャ、イニゴ・マルティネス、カダムロ、エストラーダ
  ・GK: クラウディオ・ブラボ
バルサ的には、戦力を落とさずに上手く選手を休ませている感じ。(前節活躍したペドロ、セスクはお休み)
一方、ソシエダの方も日程を考えて選手をローテーションしているように感じますが...
やはり選手層が薄いのか、戦力的にダウンした感は否めないですねぇ。

試合は始まってみると、やはりのっけからバルサペースで進んで行きます。
そして、はやくも前半4分にゴールを奪うのですが、なんとゴールを決めたのは ネイマール ! ついにリーガ初ゴールです!  おめでとう~
で、このゴールをきっかけに、7分にメッシが珍しくヘディングでゴールを決め、22分にもブスケツがゴールを決めて、3-0で前半を折り返します。
後半に入ると、まずはソシエダが18分にデ・ラ・ベジャのゴールで一矢報います。
更に、その直後にエースのアギレチェが投入され、一気に反撃ムードが高まります。
しかし、、、
その10分後、途中交代で入ったバルトラにゴールを許し、折角の勢いがここで断たれてしまいます。
で、試合はこのまま終了。 結局、またも4-1でバルサの完勝になりました。
 FC Barcelona FC Barcelona 4-1 Real Sociedad Real Sociedad
相変わらずバルサは強いですね~。 今期もリーガ優勝の最有力候補、間違いなしです。


 >>>>>
続いては、レアル・マドリードの試合結果をお届けします。
今節は、昇格組のエルチェとマルチネス・バレロ・スタジアムで対戦しました。
先発メンバーは次の通りです。
 エルチェ: 4-3-3
  ・FW: マヌエル・デル・モラル、コロ、カルレス・ヒル
  ・MF: ハビ・マルケス、カルロス・サンチェス、ルベン・ペレス
  ・DF: エドゥ・アルバカル、ダビド・ロンバン、アルベルト・ボティア、ダミアン・スアレス
  ・GK: マヌ・エレーラ
 レアル・マドリード: 4-2-3-1
  ・FW: ベンゼマ
  ・MF: C.ロナウド、イスコ、ディ・マリア
       ケディラ、モドリッチ
  ・DF: コエントラン、S.ラモス、ペペ、アルベロア
  ・GK: ディエゴ・ロペス
今節は、久しぶりにコエントランが出場。 
これまで移籍に関するゴタゴタがあったように思うけど...出場出来るようになったんですね。
エルチェの方のメンバーはほとんど知らないけど...FWのマヌは、セビージャにいた選手ですね~。

さて、試合の方は、25年ぶりに一部昇格を果たしたエルチェと、創設以来一度も一部(プリメーラ)を降格したことのない ”白い巨人” との対戦ということで、アウェイとはいえ誰もが圧倒的にマドリー優勢を予想したはず。。。

しかし! 始まってみると、試合はほぼ互角!(ポゼッションは、エルチェ40、マドリー60)
前半は、スコアレスのまま終了。
後半に入っても、マドリーは得意のカウンターはキレがなく、エルチェからなかなか得点を奪うことができません。
で、こうなると、次はセットプレーで得点するのがマドリーの定石。
後半5分に、エルチェのゴール正面で得たFKを、難なく C.ロナウド が決めて、ついにマドリーが先制を奪うことに成功しました!

試合はその後も膠着状態が続き、これをなんとか打開したい両チームは、選手を次々と交替させて変化をつけようとします。
まず、マドリーは、イスコに替えてイジャラメンディ、モドリッチに替えてカルバハル、ディ・マリアに替えてモラータを投入します。
一方、エルチェの方は、マヌエル・デル・モラルに替えてフィデル、ハビ・マルケスに替えてボアキエ、コロに替えてアーロンを投入。
マドリーの方は、『今の1点を守って逃げ切ってしまおう。』という感じがしなくもない交替をしたのに対し、エルチェは明らかに1点を奪って引き分けに持ち込みたいという意図が感じられる交替。
やはり、この交替で功を奏したのは、エルチェの方でした。
後半ロスタイム(3分)に入ってから、左サイドのフィデルのセンタリングに、ボアキエがキレイに頭であわせてゴール!
ついにエルチェがマドリーのゴールの鍵をこじあけ、同点に追いつくことができました!
このゴールで歓喜するエルチェのサポーター!
 
これで、誰もが『このまま試合終了だなぁ』と思ったのですが、、、
なんと、このあとにおまだ大きな展開がありました!
ロスタイムが終わるか終わらないかのぎりぎりの時間。 
もう『いつ試合が終了されるのか』と考えていたとき、エルチェのゴール・ラインを割ったボールに、マドリーにコーナーキックが与えられます。

で、最後のワンプレイとなるはずだったこのコーナーキック...
エルチェゴール前へボールが蹴り込まれた瞬間、ピッチに審判の笛が響きます!
一瞬何が起きたのかわからない状態でしたが、審判は ”エリア内でサンチェスがペペを倒した” と審判が判定! (ホントは逆。ビデオでは、ペペが倒してます。)
最後の最後でマドリーにPKが与えられてしまいます!
もちろんこれを蹴るのはC.ロナウド
スタジアムには、絶望感が拡がります。。。

で、これをロナウドがきっちり決め、そこで試合が終了の笛。 1-2でマドリーの勝利となりました。
 Elche CF Elche 1-2 Real Madrid CF Real Madrid CF
この試合はなかなか面白い試合だったのに、最終的に審判がぶち壊しちゃった感じでしたねぇ。 試合中も、いろいろ不可解な判定はありましたけど...最後の判定はひどかったぁ。。。
それでも、エルチェが唯一あげたボアキエのゴールは、マドリーのお株を奪うキレイなゴールでしたねぇ~。
ただ、エルチェはかなり得点力が不足している感じです。 
ゴール前へのドリブル突破とか、ラストパスの精度が低いのとかいろいろ原因はあると思うのですが...総じていうと、ボールコントロールが粗い感じがしました~。
反対に、流れの中から得点を奪うことが出来なかったマドリーは、チームとしての完成度がまだ今ひとつな感じです。 今のところはなんとか勝っていますが...
次節は、ホームでのマドリード・ダービーなので、今節の結果はちょっと不安が残るものとなってしまいました。


 >>>>>
次に報告する今節三試合目のご紹介は、アトレチコ・マドリードの試合結果です。
今節の対戦相手は、前節でようやく今季1勝目をあげ、ここから勢いに乗っていきたいオサスナです。 
先発選手は次の通りです。
 アトレチコ・マドリード: 4-4-2
  ・FW: ディエゴ・コスタ、レオ・バティストン
  ・MF: コケ、アルダ
       チアゴ、マリオ・スアレス (ドブレ・ピボーテ)
  ・DF: インスア、ゴディン、ミランダ、フアンフラン
  ・GK: クルトワ
 CAオサスナ: 4-2-3-1
  ・FW: オリエール・リエラ
  ・MF: アルメンテロス、シルバ、シシ
       ロウル・ロー、プニャル
  ・DF: ダミア、アリバス、ロティエ、ベルトラン
  ・GK: アンドレス・フェルナンデス
試合は、まず前半17分に、右サイドからの低いクロスがゴール前に入れられると、これにディエゴ・コスタがあわせ、先制ゴールを奪います。
その後、24分にも、ゴール前でボールを受けたディエゴ・コスタが、ゴール左下へ狙い澄ましてシュートを放ち、これが決まって2-0とリード!
しかし、41分にオサスナのオリオル・リエラのゴールで2-1とされ、前半が終了となりました。
点を取り合った前半から一転して、後半はタフな試合となりました。
両者お互い疲れ切った身体に鞭を打って空いてゴールへと攻め込みますが、どちらも決定的な1点を奪うことが出来ず、最終的には前半のスコア(2-1)のまま、試合終了となりました。
 Atletico Madrid Atletico Madrid SAD 2-1 Osasuna Osasuna.jpg
この試合、後半は両チームによる1点の攻防が繰り広げられ、かなりの消耗戦になっていましたが、最終的に試合をコントロールして逃げ切ったアトレチコに軍配があがりました。
最近は、アトレチコも試合巧者というか...安定した強さを見せていますね。
次節は、マドリード・ダービーですので、いつになくかなり面白い展開になりそうですよ~。


 >>>>>
今回最後にお届けするのは、バレンシアCFグラナダCFの試合です。
両チームのスターティング・イレブンは次のようになっていました。
 グラナダ: 4-2-3-1
   ・FW: エル・アラビ
   ・MF: ベラミ、ブオナノッテ、ミシェル・ペレイラ
        イトゥーラ、レシオ
   ・DF: アングロ、ムリージョ、ディアカテ、ニョム
   ・GK: ロベルト
 バレンシア: 4-2-3-1
   ・FW: ポスティガ
   ・MF: パボン、ジョナス、フェデ
        バネガ、ハビ・フエゴ
   ・DF: グアルダード、マテュー、ビクトル・ルイス、ジョアン・ペレイラ
   ・GK: ジエゴ・アウベス
バレンシアは、前節で勝利したメンバー・布陣で、今回の試合にのぞんできました。
やっぱりバネガをトップ下っていうのは、ちょっと無理があったかも。。。
ただ、その代わりにジョナスが入っているんだけど、これもまた迫力不足ですよね。テクはあるけど。

...ということで始まった試合でしたが、やっぱりこのメンバーではきつかったみたいです。
前半は両者ともに決め手を欠き、スコアレスのまま折り返し。
そこで、後半に入ってバレンシアは、まず後半19分にパボンをベルナトにチェンジ、そしてポスティガをカナレスへと交替させ、最後はフェデをフェグリに交替。
しかし、これでも上手くまわらず後半が終了。 あとはロスタイムを残すだけとなってしまいます。
しかし、ここでなんと、ついに試合が動きます!
ロスタイムも終了間際の48分、ジョナスが起死回生のゴールを決め、バレンシアがギリギリのところでアウェイの貴重な勝ち点3をゲットとしました~。
 Granada CF Granada CF 0-1 Valencia CF Valencia CF
それにしても、バネガを下げてジョナスをあげたのは良いけど...これじゃあリーガの上位に行くにはちょっと難しいですね。 
後半のメンバーチェンジ後は、完全に0トップのようなシステムですよね。 大丈夫かなぁ。。。
やっぱり、ポスティガにはソルダードの替わりは重荷だったのかもしれないですね。 チームは財政難かもしれないけど、もう一人、力のあるFWが欲しいところです。


ということで、今回お届けするのはここまで。
今節は、次の3試合が本日開催予定となっています。
やはり注目は、ともに好調なビジャレアル(4位)対エスパニョール(5位)ですね~。
  Villarreal - Espanyol
  Athletic Club Bilbao - Real Betis
  Getafe - セルタ

では。
! Viva la Liga !
! Hasta luego !

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック