2013_09
21
(Sat)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! コバドンガ:その2

! Hola, buenos dias !  

今日は、キリスト教の聖なる地の一つとされる ”Covadonga:コバドンガ” のご紹介の2回目です。

私たちがオビエドからのバスに乗って到着したのは、コバドンガの広場の前。
この広場の左手には ”Tesoro de la Santina(サンティナ美術宝物館)” があり、右手には ”Basilica Santa Maria la Real de Covadonga(サンタ・マリア・ラ・レアル教会)” があります。
(左写真:サンティナ美術宝物館、右写真:サンタ・マリア・ラ・レアル教会)
 0737 Museo de Covadonga 0706 Basilica Santa Maria la Real

サンティナ美術宝物館の方は、10のセクションに分かれていて、それぞれ絵画・版画・写真・画像・宝石のかけらなどが展示してあるそうです。
私たちは行ってないので、中がどうなっているのかはちょっとわかりませんが...
興味がありましたら、是非行って見てはいかがでしょうか?

ところで、このコバドンガというところ。 ”Parque Nacional de Los Picos de Europa”という国立公園(ヨーロッパ峰国立公園)の端に位置するので、景色もなかなかのものです。
 コバドンガの周辺 ←国立公園の端っこ
そして、ここコバドンガは山の中腹ぐらいに位置していることもあり、まわりはこんな感じで山に囲まれていますよ。
このあたりの山は、日本ではあまり見ない感じの雰囲気ですね。 
 0708 Basilica Santa Maria la Real ←山に囲まれた聖地、コバドンガ
ちなみに。
ここピコス・デ・エウロパ国立公園には、カンタブリアチャイログマ、スペインオオヤマネコ、ハイイロオオカミなどがいるんですって。
スペインのクマとネコにとっては、故郷みたいな場所...なんですかね。

さて、話を戻しまして...
ここの見どころは、教会と洞窟と宝物館です。(下の地図を参照)
キリスト教の信者の方にとっては有りがたいところかもしれませんが、私たちのような観光客にとってはちょっと見どころは少ないかも。。。 でも、スペインの歴史を感じるには良いところではないでしょうか?
ということで、まずは教会の方へと行ってみます。
 mapa de Covadonga

ということで、まずは教会の方へと行ってみます。
教会の方から振り返って見ると、宝物館あたりはこんな感じに見えます~。
 0732 Museo de Covadonga ←教会前の広場から

そして、ここの教会前の広場には、コバドンガの戦いでイスラム教徒軍を破った ”Pelayo:ペラーヨ”さん の像が立てられています。
 0712 Pelayo ←コバドンガのペラーヨ像
この方は、コバドンガの戦いで勝利した後、アストゥリアス王国を建国しました。 もちろん、その王国の最初の王でもあります。
この王国の最初の首都は、この近くの街 ”カンガス・デ・オニス” というところに置かれたそうです。
後日、その街を訪れた時の様子もご紹介しますね。

では、ペラーヨさんにご挨拶したら、次は教会の方へ行ってみます。
この教会は、先にも述べた通り ”Basilica Santa Maria la Real de Covadonga:バシリカ・サンタ・マリア・ラ・レアル・デ・コバドンガ” っていいます。
スペイン語では、一般に教会のことは ”イグレシア” っていうんですが、この ”バシリカ” っていうのは、一般の教会より上位にあると認められた教会堂のことをいいます。
ちなみに、ご存じバルセロナにある有名なサグラダ・ファミリアもバシリカ教会ですよ。

正面に立ってみると、なかなか大きいですね~。
 0740 Basilica Santa Maria la Real

それと、上の写真ではわかりづらいですが、この教会を離れて観ると、建物全体がかなり赤っぽい色をしています。 このあたりで採れる石材がこのような特徴的な色をしているのでしょうかねぇ。

現在の教会は、もとあった洞窟に隣接した古い教会が、1777年に火災で焼失したあとに建設されたものだそうです。 
建築期間は1877年~1901年。 そんなに歴史のあるものではないようです
外観は2つの高い鐘楼を持っていて、ネオ·ロマネスク様式で建てられれています。
設計した方は、 Roberto Frassinelli という方で、建築家は Federico Aparici y Soriano です。

教会の正面入り口に立つとこんな感じです。
 0742 Basilica Santa Maria la Real ←教会内部

教会内部の装飾は落ち着いていてシンプル。 よくあるようなきらびやかな感じではありません。
祭壇にある聖母像は、 19世紀の彫刻家 Juan Samsó さんによってつくられたのものだそうです。
 0743 Basilica Santa Maria la Real ←祭壇の様子
こちらは、祭壇脇にあるパイプオルガンです。 シンプルでしょ。
 0744 Basilica Santa Maria la Real ←教会のパイプオルガン

ということで、教会の見学を一通り終えましたら、次はちょっと離れたところにある聖なる洞窟 ”サンタ・クエバ・デ・コバドンガ” を見学に行ってみま~す。
※下写真の中央に見える白い部分のところが洞窟のある場所です。
 0755 Covadonga ←教会から見える洞窟

では、次回もお楽しみに! 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック