2013_08
31
(Sat)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! その11:ナランコ山

! Hola amigos !  

今日は、 ”サン・ミゲル・デ・リージョ教会” のご紹介です。
とは言っても、外からの様子は以前に一回紹介しましたよね~。 (前の記事はこれ→ ) 
ただ、時間が違うと陽の当たり方もまた違ってくるので、見え方や印象も少し変わってきますよ。
 0307 Santa Maria del Naranco

さて、私たちとフランス人のおじちゃんが到着してしばらくすると、先ほどのガイドの女性(サンタ・マリア・デル・ナランコ教会でガイドして下さった方)が赤い車で到着~。
大した距離ではないので、わざわざ車で来る必要はないんですけどね...

到着すると、ここから見学に加わりたい方たち(10人ほど)が集まってきて、いっしょに内部見学のツアーに参加することになりました。 多分、あとで下の教会へ行ったときにチケットを購入するんでしょう。

で、いよいよ扉が開けられ、内部の見学が始まりました。
でも、こちらはもともと離宮(サンタ・マリア・デル・ナランコ教会)の礼拝堂として建てられたものなので、”教会・礼拝堂=内部の撮影は禁止”なのでした。 
したがって、内部の写真は一切ありませ~ん! 
 0209 San Miguel de Lillo ←教会の正面入り口

参考までに中の様子を紹介します~。
教会全体の形は、小さくてもちゃんとした十字型の構造をしています。
正面入り口の木の扉(扉の内側には彫刻が施されている)を入ると、突き当たりに祭壇が見えます。
祭壇といっても、ただ石壇が置かれただけのシンプルなつくりになっていて、奥の後陣?の部分にも何も飾られていなかったように思います。
十字架が掛けられていたかどうかも...今となっては記憶が定かじゃないですね~。
中央の身廊部分(入り口から奥の祭壇まで)は10mぐらいなので、全体としてとても小さなつくりになっていますよ。
身廊の両サイドには可愛らしい翼廊が1つずつあります。
翼廊の天井には、かすかに色彩が施された部分が見てとれますが、何が描かれているかまではわかりませんでした。
この翼廊部分には、ここから上に伸びる螺旋階段があり、たぶんこれを登っていくと2階部分に行けるのではないかと思います。 
しかし、この階段はかなり破損が激しいので立ち入り禁止になっており、そこを登ってみることは出来ませんでした。
 0308 Santa Maria del Naranco 0401 Santa Maria del Naranco 

ちなみに、この教会の特徴的なところは、教会正面にあるプレ・ロマネスク様式の石の格子窓だそうです。
確かに、他でこういうのは見られないかも。。。
 0211 San Miguel de Lillo ←前にも紹介したこの部分

また、ガイドさんの説明によると、昔は、現在の教会のよりもっと奥行きがあった(身廊が更に10mぐらい?長かった)そうです。 
以前はそこにはアーチが3つありましたが、現在はそのアーチ部分は建て屋の外になってしまい、外にから見るとその基礎部分をみることができます。
 0402 Santa Maria del Naranco ←写真手前の石畳の部分も建物があったそう。
※下写真の教会でいうと、建物右側のオレンジ色の瓦屋根の部分が、更に10mほど右に長く作られていたそうですよ。
 0400 Santa Maria del Naranco

ガイドツアーが終わったらこの場所で解散。 フランス人のおじちゃんともここでお別れしました。 
で、は、またしばらくこのあたりを散策し、その後サンタマリア・デル・ナランコ教会の方へ移動しましたよ。
戻ってみると、先ほど見学したときとはうって変わって、たくさんの人がいました~。 ちょうどバスで観光に来た人たちがいたようです。 
40~50人ほどの団体さんだったので、朝一の人が少ない時にツアーをまわれて良かったです~。

で、ここからは街まで歩いて帰ることにしました。
  くまねこあるき

まず教会下からの景色。 こんな感じに見えます。
 0408 Santa Maria del Naranco

教会下へと伸びる細い小道を歩いていくと、人家が何軒か並んでいる集落の中を歩いていきます。
50mぐらい歩いていくと、道の分かれ道に出ます。 写真で人が歩いている方向に行くと、サン・ミゲル・デ・リージョ教会のところへと続いています。
 0409 Santa Maria del Naranco ←道の分岐

道を歩いていくと、こんな建物がありますよ。 昔の高床式建物みたいですね~。 このあたりは雨が多いということなので、穀物などの湿気を防止するためにこうしているのでしょうか? ねずみ返しっぽいのもみえますね~。 でも、バランス悪そう...。
 0410 Santa Maria del Naranco ←高床式の建物ですなぁ。

さらに歩いていくと、牧場のある場所に出ます。
ちょうどそのあたりに来たところで、ナランコ山のネコさんに遭遇~。
 0411 Santa Maria del Naranco ←ナランコ山のネコ

スペインのネコがナランコ山のネコの写真を撮影中!
 0412 Santa Maria del Naranco

ここからしばらく歩いていくと、観光バスが停められる駐車場があります。 その駐車場近くには、路線バスの停留所もあるようですよ。
でも、私たちはその駐車場へは行かずに牧場脇の小道を通り、歩いて街を目指しま~す!
歩いて行くのなら、こっちの道の方が近道ですからね~。
 0413 Santa Maria del Naranco ←牧場脇の小道

遠くに牛のカウベルを聞きながら歩いていくと、すぐにバス通りへと出ます。 
ここでちょっと振り返ってみると、先ほどいたナランコ山の上に、白い像が立っているのが目に入りました。 あとで聞くと、あの像はキリスト像だそうで、そこから見える景色はなかなかすばらしいそうですよ。
しかし、バスは通っていないので、車などで行くしかないようです。
近くには、美味しいレストランもあるそうですよ。 
 0416 Santa Maria del Naranco ←ナランコ山の山頂に立つキリスト像

バス通りにでたら、すぐに街へと帰ってこれらます。 往きは登りで大変そうですが、帰りは十分歩いてこられますね。
街中が近づいてくると、こんな素敵なおうちも出てきます~。
 0417 Santa Maria del Naranco

ということで、今日はこの辺で終了です。
次回は、街の北側にある ”サン・ペドロ・デ・ロス・アルコス教会” や ”水道橋” などをご紹介します。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

内部は...(2)

「その10」から、続・コメントさせていただきます。

 ここは内部撮影ダメでしたか↓↓↓
 撮影OKだったり、NGだったりする聖堂と多いですよね。
 
内部の様子は、スペインのクマさんの記述を元に脳内描写するしかないですが、特徴は石の鉄格子ですか...。
流石にそこまで気づかなかったです(・_・;)
やはり、ガイドさんがいると詳細が理解できていいですね。

 歩いて戻られると色々目に止まるものがあるのですね。自分の時は天気が良くなかったので、ゆっくり戻る余裕が無かったです。

 それに関連して、写真のオビエドの空は快晴ですね。 自分の時は雨季だったようで、ほとんど晴れた日というか時間帯を見なかったです。
 オビエドも晴れるんだな、と今思いました。
 まあ、当たり前ですが。
 いつも結構、天気が悪かったので、少し行動が制限されてましたね、当時は。

最後のコメントは蛇足でしたが、内部の実況ありがとうございました。
続報として、自分も見れなかったオビエドの魅力を語っていただけると幸いです。
 
 以上です。

2013/09/02 (Mon) 01:29 | チート #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック