2013_06
22
(Sat)08:30

ようやく切符の予約が完了!

! Hola a todos !

今日は、スペイン散策計画のお話しをしま~す。
というのも、先日、ようやくスペインの鉄道(RENFE)の予約が完了したからなんです!

予約したのはマドリッド -> オビエド 間と、レオン -> マドリッド間のチケットです。
最近は、2~4週間先の列車しか予約できないので、旅行者にとっては結構困りものですよね。
(早く予約を済ませたいのに...)
も、『今回はバスで行くことにしようか。』なんて半ばあきらめていたところだったのですが、なんとか予約できてホッとしました~。

さて、その予約の方法についてなのですが、RENFEのHPから予約する際、最後に記入する電話番号が、 ”+81を入れた番号でないと認証されない” ようになっていたので、報告しておきます。
(以前、”うにゃ”さんからご連絡をいただいた通りでした。ありがとうございます!)
   ↓ 画像はクリックで拡大します。
 カード記入変更1

また、チケット購入の際、列車ごとの値段表示のところに、最近”P”とか”P+”などのマークがつくようになりました。
これは、それぞれ列車の座席指定に関するマークのようです。 
”P” は、予約時に座席を自由に選べないもので、”P+” は座席を自由に選べるもののようです。 
若干お値段に差がありますが、2人以上でのご旅行される場合には、座席指定の出来る ”P+” の方が良い(安心)かもしれませんね。
座席を自由に指定したい場合には、チケット予約を確定させる以下の画面で、赤矢印で示したマークのチェックボックスをクリックし、マークしておいてください。
(現在はちょっと画面は違うかもしれませんが、”Select Seat”マークは同じです。)
 08 確認 ←一番下にあるマークです。

ここにチェックをしておくと、あとでこのような画面が出てきますので、予約したい座席にチェックを入れれば、予約の完了です!!! 
(下の例は、レオン-マドリッド間を走る ”ALVIA” という列車の、座席指定画面です。)
 座席指定FMT
ちなみに、座席に×がついている席は、すでにどなたかが予約された席ということです。

※初めて予約される方は、まずこちらの手順をご覧ください。 → RENFE予約  

さて、みなさん、国内での旅行というと”列車での旅”をイメージしがちですよね。
”列車に乗って旅をしたい” なんて人も多いのではないでしょうか?
しかし、スペインでは、列車よりもむしろバスの方が便利な場合が多いんですよ。
特に、列車の走る本数が少ない地域や、列車の走っていない地域などへ行くには便利!
また、古い町などの場合、駅を街の郊外につくらざるをえなかったため、駅から街中まで遠く、不便な場合が多いんです。 その点、バスはかなり街の中まで入っていけるので、とっても便利ですよ。
今回も、”列車がダメだっらたバスにしようかな” なんて考えていたのもその理由からです。
では、なんでバスを使わないかっていうと...
的には、かなり長距離を移動するときは、列車の方にしちゃってます。(みんさんもそうでしょ?) 
だって、バスの場合、走っている間はずっと座席に座っていなければならない(途中で休憩がある場合もあります)し、 トイレなどにも気軽に行けないですもんね~。
一応、長距離バス場合、ちゃんとトイレがついていますが、使う時には、運転手さんのところまでいってトイレの鍵を借りてくる ようなシステムになっています。
”これからトイレに行ってきます!”って感じで...ちょっと気が引けちゃいます。

ということで、の場合、長距離は列車で、中距離/近距離はバスを利用して移動することがほとんどです。
みなさんも、スペインではいろいろな交通手段を使って、上手く旅を楽しんでくださいね~。

ちなみに。
は、そのうちスペインでレンタカーを使ってみたいと思ってますよ。
電車やバスの走っていないところに行く旅行者にはとっては、大変便利ですよね。
いまのところ、旅行プランに合わないので使っていませんが、是非そのうち使ってみようかと思います。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

!cid_02@120409_073415@__N704imyu@docomo_ne.gif
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック