2013_06
05
(Wed)08:30

鎌倉 ~紫陽花散策~ (長谷寺)

! Hola a todos !  

やりましたぁ~!!!
ついにブラジルW杯出場決定です!!!
  pan015
いやぁ~ドキドキの展開でしたね~。 
オーストラリアに先制されても、なんとかPKで追いつきましたね。
PKも本田が良く決めてくれたなぁ。 やっぱり、日本のキーマンですね~。
   free_kick.gif
それにしても...やっぱりオーストラリアに右サイドを破られましたよ。
まぁ、ドイツでも守りに関しては酷評されてるからなぁ。。。 
これから上に行くには、こういった穴をなんとかカバーできないと難しいですね。 
当の本人は『対人した選手にそんなにやられたとは思っていないけど...』なんて試合後にコメントしてるので、変わりを早く見つけた(育てた)方が無難かもしれないですね。
とにもかくにも、W杯出場決定おめでと~!!!
バンザーイ! バンザ~イ! バンザ~イ!


ということで、昨日の代表戦のお話しはここまで。
今日は、先週土曜日に行ってきた鎌倉の長谷寺の様子をお届けしようと思います。
この時期、鎌倉と言えば ”紫陽花” 。 有名どころとしては、明月院、長谷寺、成就院といったところです。(他もあるけどね。)
明月院は、ここのところかなり有名になってきたため、この日も相当な人出が見込まれましたので、今回は長谷寺の方へと行ってみることにしたんです。
 000 長谷寺 001 長谷寺
9時過ぎぐらいに訪れたので、まだそれほど人も多くないですね~。

長谷寺は、入るとまず水のある庭園が拡がっています。 鳥も遊びに来ているようですよ。
 002 長谷寺 004 長谷寺

庭園から奥へは、階段を登っていくことになります。
階段を登っていくと、上には広々とした境内と大きな観音堂がありますよ。
 005 長谷寺 ←十一面観音菩薩像を安置する観音堂

この境内からは、相模湾を望むことが出来ます~。
 006 長谷寺 ←相模湾。漁船が出てますね。

境内のあちこちに紫陽花の花が見られます。
右写真の紫陽花は、ちょっと変わった形をしてますね。
 007 長谷寺 008 長谷寺 ←丸くない?
左写真の方は、右写真に写っている仏様を護る四天王の一人 ”広目天” さんですかね。
そう言えば...この場所で子供が母親に 『下に踏みつけられているのなあに?』って聞かれて答えられてなかったけど...皆さんはご存じですよね?
仏様を守る四天王(東:持国天、西:広目天、南:増長天、北:多聞天)が足で踏みつけているのは、もちろん ”餓鬼” 。 
皆さんがよく使う? 『この悪ガキ!(悪餓鬼!)』 の餓鬼ですよ。

さてさて。 長谷寺の紫陽花と言えば、ここから奥へと進んでいったところにあります。
経堂の裏手にある階段を登って行ったところが、一番の見どころです。
 009 長谷寺 ←階段を登った奥に紫陽花が。

経堂のまわりにもたくさんの紫陽花が咲いていますが...
 014 長谷寺 039 長谷寺

更に奥へと進むと、もっとたくさんの紫陽花が咲いていますよ。
山の斜面にたくさんの紫陽花が咲いています。 手入れも行き届いてますね~。
 016 長谷寺

では、ここから長谷寺の紫陽花たちをご紹介していきましょう。
まずは、経堂のまわりに咲いていた、白とピンク色をした紫陽花たちです。
 015 長谷寺 017 長谷寺
こちらは定番の紫色の花。 右写真は...これから何色になっていくんでしょうねぇ。まだ微妙な感じです。
 021 長谷寺 023 長谷寺
そしてこちらは、観音堂を背景にしたピンクの紫陽花と、海を背景にした白の紫陽花たちです。
 030 長谷寺 028 長谷寺
最近はカメラ女子もふえてきましたねぇ~。 この日も多くのカメラ女子を見かけました。
 024 長谷寺 ←カメラ女子と共に...

こちらは、園内にある ”良縁地蔵”。 紫陽花の園内にちょっこり置かれています。
 029 長谷寺 ←”良縁”叶うと良いですね。

紫陽花の咲く斜面をしたから眺めたところ。 ちょっとまだ満開とはいかないようですね~。
 051 長谷寺 ←七分咲きといったところかな...

最後は、長谷寺らしく、経堂の灯籠と紫陽花を合わせて撮影してみました。
コントラストが高すぎる(対象物の明るさが違いすぎる)ので、撮影するのはやっぱり難しいですね~。
 049 長谷寺

ということで、紫陽花の咲き具合としては、ぼちぼちといったところ。
一番の見頃は、今週末になるでしょうか。
ただ、今週・来週末はかなりの人出が予想されますので、できる限り早い時間に訪れた方が良いですね。

では。
! Hasta luego !
pan013
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック