2013_05
13
(Mon)08:30

リーガ第35節 試合結果速報!

! Hola amigos !  

今日は、それぞれの試合結果をお届けする前に...

FCバルセロナ、リーガ 2012-2013シーズンの 優勝 おめでと~う!
  pan015

とうことで、まずその優勝までの様子をお届けしますね。

先週は、週の半ばで コパ・デル・レイ(国王杯)日程に伴うリーガ日程の繰り上げがあり、決勝で対決するレアル・マドリードアトレチコ・マドリードが第36節で予定していた試合がそれぞれ行われました。

レアル・マドリードは、この試合で負けてしまうとその時点でバルサの優勝が決まってしまうという大事な試合。
相手は、現在の順位が6位マラガです。

試合は、お互いに前半2分:アルビオル、15分:サンタクルスが得点をとり、試合はこの日も接戦が予想されましたが...
その直後、マラガの右サイドバックのセルヒオ・サンチェスが、ゴールエリア内で危険なプレーをしたと判定され、レッドカードで一発退場!
  れdcあrd
このPKをC.ロナウドが蹴りますが、GKカバジェロがこのシュートを足で止め、なんとPK失敗!
マラガはなんとかこの危機を脱してちょっとホッとしますが、人数が一人減ってしまうというハンデを背負ってしまいました。。。
レアル相手にこのハンデは大変に大きかったのか...
前半25分にC.ロナウド、33分にエジルが決めて3-1と2点差となります。
36分に、DFアントゥネスがゴールを決めてレアルに追いすがりますが、前半終了間際にベンゼマにゴールを許し、また2点差にされてしまいます。
後半が始まり、最初にゴールを奪ったのはまたしてもレアル。 後半19分に本試合でトップ下に入ったモドリッチがゴールを決めます。(5-2)
どんどん点差を広げられるマラガですが、さらに追い打ちをかけられたのは後半30分。
マラガDFのデミチェリスが、この日2枚目のイエローカードを受けて退場! これで、マラガは2人も少ないことになってしまいました!!!
  refree_ye2.gif
こうなると、もう断然レアルが有利! 
さすがにマラガも2人少ない状態では反撃も難しく、試合終了間際にディ・マリアにダメ押しのゴールを奪われて、結局6-2でレアルが勝利しました~。
 Real Madrid CF Real Madrid CF 6-2 Malaga CF Malaga CF
この勝利で、なんとかレアルはバルサの勝利確定を阻止。 週末への第35節の試合へと可能性を繋ぎました。


一方、これと同じ日に開催されたアトレチコの試合は、現在降格圏であえいでいるセルタとアウェイで行われました。
この試合、降格圏を脱出するために何としても勝ち点3が欲しいセルタは、前半までアトレチコと互角の戦いを繰り広げ、スコアレスのまま前半を折り返します。
しかし!
後半に入っていきなり試合が動きました!
後半1分に、FWディエゴ・コスタにヘディングでゴールを破られ、20分にはDFフアンフランにもシュートを決められてしまいます。
0-2となったセルタは必死に攻め、38分にはついにアウグスト・フェルナンデスがアトレチコのゴーネットを揺らして、勝利への望みを繋ぎますが、この望みを絶ち切ったのが、アトレチコのエース ファルカオ! 試合終了間際の87分にゴールを奪いました~。
  soccer_drible_2_20110330224426.gif
これで、セルタは万事休す。。。 1-3でアトレチコマドリードが勝利しました。
 Celta.jpg Real Club Celta de Vigo 1-3 Atletico Madrid SAD Atletico Madrid
この試合で敗戦したセルタは、だいぶ降格が濃厚になってきました。
残り3試合、、、ベティス、バジャドリード、エスパニョール戦で死力を尽くし手戦うしかないですね。 



   <<<<< 第35節試合結果 >>>>>
さて、ここからようやく第35節の試合結果に移ります。
まず最初は、今節バルサより先に行われたレアル・マドリードの試合結果から。
(レアルの試合は土曜日、バルサの試合は日曜日でした)
バルサより1日早く行われたレアルの試合、この試合も引き分け以下の結果でバルサの優勝が決まってしまう重要な試合です。 
相手は、バルサと同じバルセロナにホームを置くエスパニョールでした。
試合は、ポゼッションが3-7とアウェイのレアルが優位に試合を進めますが、先制点を奪ったのはホームのエスパニョール。 前半22分にゴール前のこぼれ球をストゥアーニがゴールに蹴り込んで1-0。
その後も、コーナーキックからのボールをエクトル・モレノが決めたかに見えましたが、結果はエリア内でのファウルがあったためノーゴールの判定。惜しい1点を失ってしまいます。
一方、レアルがこの点差を返したのが後半12分。 イグアインがFKからのボールをヘディングで決めてようやく同点になりました。
この試合で、どうしても勝利が欲しいレアルは、その後もどんどん攻めていきますが、エスパニョールも必死の守り。 ロスタイムに入ってボランチのビクトル・サンチェスがレッドカードで退場となってしまうも、最後まで守りきって1-1の引き分けに持ち込みました。
 Espanyol.jpg RCD Espanyol 1-1 Real Madrid CF Real Madrid CF
この試合で引き分けたレアル。 最後まで踏ん張りましたが、ついにバルサにリーガ優勝を譲ることになってしまいました~。
あとは、今月17日に行われるコパ・デル・レイ(国王杯)に賭けるしかないですね。 20年ぶりの首都決戦(レアル-アトレチコ)ということですが、レアルはこれに勝って、夏に行われるスーペルコパ(国王杯勝者とリーガの勝者との対戦)に持ち込みたいところでしょう。
一方、アトレチコは、なんとしても国王杯に勝って国内タイトルをものにしたいところ。。。
17日の決戦は、ロス・ブランコスロヒブランコスの激しい戦いになるのは必至です!
これはとっても楽しみになってきましたね~。


 >>>>>
さて、そのアトレチコ。 今節は、優勝の決まったFCバルセロナとホーム ビセンテ・カルデロン・スタジアムで対戦しました。
この日、アトレチコは珍しく4-3-3のシステムで、FWにはアルダ、ファルカオ、アドリアン・ロペスを起用。 一方、バルサの方も同じく4-3-3で、FWはアレクシス・サンチェス、メッシ、テージョが先発しました。
ゲームは、アトレチコの選手が花道を造り、優勝したバルサの選手をピッチに迎え入れるという暖かいムードで始まりました。
試合は前半両者譲らずスコアレス。 試合が動いたのは後半からです。
後半5分に、アトレチコのエース ファルカオがゴールを決めて先制。
26分には、逆にバルサのアレクシス・サンチェスが返して1-1の同点に。。。
で、この試合が決着したのは35分。 
アトレチコのガビのオウンゴールという形で幕を閉じました~。 
 Atletico Madrid Atletico Madrid SAD 1-2 FC Barcelona FC Barcelona
さあ! アトレチコは、今回負けてしまいましたが、あとは今週末の国王杯決勝に向けて準備をするだけです!
白い巨人レアルにどう立ち向かっていくのか...期待されます!


 >>>>>
次の試合は、今季大躍進の4位レアル・ソシエダの試合をお届けしたいところなんですが... 今節のグラナダとの試合は、本日22:00に開始されるため、今はお伝え出来ませ~ん!
ということで、日本時間の明日の朝の結果を待ちましょう!
 Real Sociedad Real Sociedad 0-0(本日22:00スタート) Granada CF Granada CF


 >>>>>
4試合目は、なんとかCL出場権内(リーガ4位内)を獲得したいバレンシアの試合です。 今節は、ラージョのホーム ”エスタディオ・デ・バジェカス” に乗り込んでの一戦になりました~。
試合は、前半の27分、33分にソルダードが得点を決めて、前半折り返し時点で0-2とバレンシアがリード!
後半に入ってもこの勢いは衰えず、15分に左サイドバックのグアルダードが決めて0-3とし、最後は試合終了前にアエド・バルデスのゴールで締めくくりました~。
結局、ホームのラージョに1点も許さず、0-4でアウェイのバレンシアが勝利しました!
 Rayo Vallecano Rayo Vallecano 0-4 Valencia CF Valencia CF
このバレンシアの勝利の結果、暫定ではありますが、バレンシアが4位に浮上です!


そして、現在降格を争うチームの様子は、次のようになっています...
※()内は、現時点での勝ち点。
 15位:オサスナ(36)
 16位:グラナダ(35) *1試合未消化(本日試合予定)
 17位:サラゴサ(34)
 18位:デポルティーボ(32)
 19位:セルタ(31) *1試合消化済み
 20位:マジョルカ(29)

セルタとマジョルカがかなりヤバイ状況になってきましたね~。
セルタは1試合多く消化しているため残り2試合。 なので、積み上げられる勝ち点も6しかありません。
対戦相手は、バジャドリードとエスパニョールです。
一方、マジョルカは、勝ち点9の上積みの可能性は残すものの...残り試合の対戦相手は、ベティス、アトレチコ、バジャドリードといった難しい相手ばかりです。。。
また、17位のデポルティーボ・ラ・コルーニャも、残りの試合はエスパニョール、マラガ、ソシエダと、今季成績の良いチームばかり...。
どのチームも残留の壁は高いですが、最後の力を振り絞っての戦いを勝ち抜いていきましょう!


さて...
シーズンも終わりの時期が近づくと、いつもの通り夏の移籍のうわさ話が紙面を賑わすようになりますよね。
ちょっと悲しい話ですが、ここでは現在漏れ伝わってきているそんなうわさ話をお届けします。
まずは、優勝したバルサ
移籍の噂が取りざたされているのは、ビジャアドリアーノセスク。。。
ビジャは、プレミア(トッテナム)への移籍が噂されているようです。 バルサでなかなか試合に出してもらえないんじゃしょうがないかな? 
でも、できることならバレンシアに戻ってきて欲しいなぁ~。 
アドリアーノは、今年もまた移籍が囁かれています。 そして、セスクも...。 
本人はバルサに残りたいようですが、資金調達のために出される可能性も否定できないようです。
一方、毎度うわさ話に上がる”ネイマール”の移籍ですが、今季も可能性は薄そうですねぇ。。。

では、次はレアル・マドリード
このチームは、監督をはじめとしてゴタゴタしてますね~。
モウリーニョ監督は、カシージャス、セルヒオ・ラモス、ペペなどの選手と確執があるとの噂があり、現在は能力のあるカンテラの選手を使いたがっている様子。 チーム事情もうまくいっていないので、フロレンティーノ・ペレス会長も、来季続投は断念した模様です。  
モウリーニョ監督の移籍先としては、マンU、チェルシー、PSG等が上がっていますが、マンUは先日ファーがソン監督の後継として、現エバートンの監督 ”デビッド・モイーズ” に決定したようですので、マンUへの移籍はないようです。 
一時期レアルの会長が現PSGのアンチェロッティ監督をモウリーニョ監督の後任にしようと考えていた節がありましたが、本日アンチェロッティ監督が、 "Creo que me voy a quedar en el PSG" (『私はPSGに残るつもりです』)とコメントしたようなので、この線はなくなりそうです。
とすると...やっぱりチェルシーへの返り咲きが最有力ですかね?
選手の方で移籍されているのは、イグアイン! セリエAのインテル、ユベントスなどが有力なようです。良い選手なのになぁ。。。 もったいない。 
そして、一時期はC.ロナウドの移籍話もありましたが、現在はレアルに残留することになったようですよ。
来季もリーガでメッシとの得点王争いが見られるかと思うと、とっても嬉しいですね~。
逆に現在レアルが獲得を狙っているのは、カバーニ(ナポリ)、ネイマール(サントス)、マルコ・ヴェッラッティ(PSG)、スアレス(リバプール)、ガレス・ベイル(トッテナム)あたりらしいです。

さて、3チーム目はアトレチコ
アトレチコは、なんといってもファルカオの移籍話が後を絶ちません! 同じマドリードのレアルやプレミア勢(チェルシー、マンU、マンC)、そして最近ではASモナコの噂が浮上してきました。
今季、ここまでアトレチコを盛り上げてくれたのは、ファルカオとシメオネ監督であることは間違いないですよね。 それだけに、移籍するとなると残念です~。
それに...そろそろF.トーレスを呼び戻してくれないかなぁ。

あと有名どころとしては、バレンシアのソルダード。 
毎度のことながら、チームの財政難を救うための移籍として、来季PSGへ移籍する話が出ています。 でも、是非残って欲しいなぁ。。。 来季ガタガタになっちゃうじゃん。
でも、毎回チームの有力選手を財政難のために放出してきたバレンシアですが(最近ではビジャ、マタ、シルバ、J.アルバ等々)、その度になんとか立て直してきましたよね。 次期、ソルダードが抜けちゃったら、その穴は埋まるんだろうか...
そして、次はビルバオのF.ジョレンテ
今季は移籍に失敗してゴタゴタした感じになってしまいましたが、来季からは晴れてユヴェントスでプレーすることが決まったようです。 今年はいろいろあったから...これはこれで幸せなのかな。
3人目は、マラガのイスコ
現在では、マラガの中心選手になってきた感のあるイスコですが、ASモナコからのオファーがあるようです。
中心選手になりつつあるだけに...屋台骨を抜かれたら非常にいたいですね~。

以上が主だった移籍のうわさ話なんですが...まぁ今のところ噂ですから。。。
この後はどうなるかわかりません。 なので、今後はその辺の動向も注目していきます!

では。
! Viva La Liga !
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック