2013_04
26
(Fri)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (モンセラ その3:サンタ・コバ)

! Hola, buenos dias !   

今度の連休は、お天気が良さそうなので良かったです。
それにだいぶまた暖かくなってきたので、お出かけされる方もだいぶ多いのではないでしょうか?
は、特にどこへ行く予定もないですが、『ご近所をカメラ散歩してみようかなぁ』なんて思ってます。
皆さんも、お出かけの予定がない方も、折角のお天気ですから、どこかに散歩でもいかがですか?



さて、、、
今日も前回に引き続いて”モンセラ”のお話しの続きをお送りします。
今回は ”サンタ・コバ散策” の様子をお届けしますよ。

モンセラ駅からフニクラに乗ってサンタ・コバ駅にくると、こんな感じの素敵な景色が広がります! 
 1300 Santa Cova
写真に見える黄色のロープーウェイが、Aeri de Monserrat駅からモンセラまで行くロープーウェイですね。

さて、ここから ”聖なる洞窟:サンタ・コバ” までは、歩いて30~40分ぐらいかかるでしょうか。
その途中に、”ロザリオの秘跡”を表す15のモニュメントがあるので、それらを観ながら進んで行きます。

その15のモニュメントは、場面ごとに5つずつに分けられていて、はじめの5つはキリストの誕生の場面を表す ”喜びの神秘(misteri de goig)” の場面、 次の5つはキリストが十字架に架けられるところまでを表す ”痛みの神秘(misteri de dolor)” の場面、最後の5つは亡くなってから復活・昇天するまでを表す ”栄光の神秘(misteri de gloria)” の場面になっています。

では、最初の ”喜びの神秘(misteri de goig)” の場面からご紹介していきますね。

まずは、”聖母マリアの受胎告知” です。 
中央の白い部分にその場面が描かれています。
 1309 聖母マリアの受胎告知 ←聖母マリアの受胎告知

続いては、 ”従姉妹エリザベスを訪問” です。
マリアが天使のお告げでキリストを身ごもった時、従姉妹のエリザベスを訪問します。 このとき、エリザベスも洗礼者ヨハネを身ごもっていたという場面です。 2人のどちらがマリア様かというと...よくわかりませんねぇ。 
 1311 いとこエリザベスの訪問 ←従姉妹エリザベスを訪問

その次に来るのは、 ”イエスの降誕” ...なんですが、残念ながら扉が閉められていて見られませんでした~。
 1316 イエスの降誕 ←イエスの降誕

4つ目は、 ”お寺への提示” っていうんでしょうか... ヨセフとマリアが、生まれたばかりのキリストを連れて、お寺を訪問しているところです。  
 1319 Santa Cova 4 ←お寺への提示

そして、”喜びの神秘”を表すの最後のモニュメントは、 ”医師の間のイエス” です。
多くの医師たちに、キリストが教えを説いているところだと思います。 この辺のお話しは、ちょっと詳しくないのでよくわかりません~。
 1323 Santa Cova 5 ←医師の間のイエス

これで、最初の5つのモニュメントが終了です~。
では、次に行く前に、ちょっとだけここからの景色を見て癒されましょう。
 1332 Santa Cova


では、次の ”痛みの神秘(misteri de dolor)” を表す5つのモニュメントを紹介します。

一つ目は、 ”ゲッセマネの園でのイエスの祈り” です。
”ゲッセマネ”とは、エルサレムの北西にあったオリーブがたくさん植えられた庭園風のところで、キリストが最後の晩餐のあとに祈ったところといわれています。
 1325ゲッセマネの園でイエスの祈り ←ゲッセマネの園でのイエスの祈り

二つ目は、 ”イエスの鞭打ち” というモニュメントです。
イエスが捕まって、鞭打ちにされている場面だと思うんですが...鞭に打たれているようには見えないですね~。
 1329 イエスの鞭打ち ←イエスの鞭打ち

三つ目は、 ”イエスにいばらの冠” です。 ローマ兵により、キリストの頭に”いばらの冠”が載せられているところです。 一番左の方はどなたなんでしょ?
 1333 イエスにいばらの冠 ←イエスにいばらの冠

そして4つ目は、 ”カルバリーへの道、十字架とイエス” です。
”カルバリー”とは、イエスが十字架に架けられた ”ゴルゴタ”(ギリシャ語読み)のこと。 英語読みするとこうなるんだって。
そのモニュメントは、まさにキリストが自ら架けられる十字架を背負って、ゴルゴタの丘を登って行く様子を表しています。
 1338 カルバリーへの道、十字架とイエス ←カルバリーへの道、十字架とイエス

最後(5つ目)は、 ”磔(はりつけ)にされるイエス” です。
ここは、外に向かって立てられているモニュメントなので、露出があわず真黒になってしまいました~。 少しだけでも見えると良いんですが...
ご覧のように、十字架が空に浮かんでいる感じになっていて、、、ちょっと感じるものがありますね~。
 1344 はりつけ ←磔(はりつけ)にされるイエス

さて、これで2番目の ”痛みの神秘” のモニュメントが終了です。
ここまで10のモニュメントをご紹介してきました。 いかがでしょうか? ちょっと飽きて来ちゃった?
じゃぁ、ちょっとここでまたお休みしましょう。
  pan005

これは、先ほどまでいたモンセラの駅の周辺を、下から見上げた様子です。 すごい景色ですね~。
 1340 Santa Cova
  15 ミニねくまもん



では、ちょっと休んだところで、最後の5つのモニュメントがある ”栄光の神秘(misteri de gloria)” の紹介をはじめましょう!
  11 ミニあるくまもん

ここの一番最初にくるのは、 ”キリストの復活” です。
このモニュメントは、15のモニュメントのうちで、唯一ガウディが製作に携わったものですよ。(他に2人の彫刻家も携わっています)
 1350 キリストの復活 ←キリストの復活

そして、次に来るのが ”主(キリスト)の昇天” です。
キリストが復活した後、しばらくして天へとあげられていったという場面です。
 1354 主の昇天 ←主(キリスト)の昇天

三つ目にくるのは、 ”聖霊の到来” というモニュメントです。
キリストが昇天した後、聖霊が到来したとのことです。。。 (ちなみに、精霊ではないのでご注意を。) 
 1356 聖霊の到来 ←聖霊の到来

四つ目は、 ”聖母被昇天” です。
もちろん、聖母はマリア様のこと。 マリア様が人生を終えて天にあげられたときの様子です。
 1359 聖母被昇天 ←聖母被昇天

で、いちば~~ん最後(15個目)にくるのが ”聖母の戴冠” です。
天に上がった聖母へ、キリスト、神、精霊(白鳩)の方によって冠が載せられます。 普通はどなたか1人だけのことが多いようですが、ここでは全てがあらわされています。
向かって左が”キリスト”で、右が万物の創造主である”神”、上にいて息を吹きかけているような白鳩(にしちゃぁデカイ!)が”聖霊”だと思われます。(間違っていたらゴメンなさ~い)
 1362 聖母の戴冠 聖母戴冠 ←聖母の戴冠

ということで、これで15のモニュメントは終了で~す!
最後は、またここからの景色をお楽しみ下さい。
 1364 Santa Cova

次回は、サンタ・コバ(聖洞窟)の礼拝堂へとレッツ・ゴー! です。
では。
! Hasta siguiente !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック