2013_04
21
(Sun)08:19

2012 晩秋のスペイン散策 (カサ・コマラ~グラシア通り)

! Hola, buenos dias !  

サグラダ・ファミリアから中心街へと戻ってきました。
ディアゴナル駅で降りたら、目的の雑貨屋さんへ行ってあれこれ物色。。。
それが終わったら、街の中をブラブラしながら、次の目的地 ”カサ・コマラ:Casa Comalat” を目指します。

それにしても、バルセロナの街中にはこういった像がたくさん置いてあるんですね~。 
これは良くわかんないけど...キリンと馬を合わせた生き物???でしょうか。
 1205 Avinguda Diagonal ←街中にある像。ちょいキモ。

こちらは、カエルを捕まえている女の子の像。 下が水飲み場になってます。 
 1206 Avinguda Diagonal ←両手でカエルを捕まえている女の子

そんな銅像を見ながら歩いて行くと、しばらくして ”カサ・コマラ” のところに到着しました。
まさに、モデルニスモの時代につくられたって感じでしょ?
左が建物裏手の方で、右が大通り沿いに面した方です。
 1207 Casa Comalat 1215 Casa Comalat

テラスがドクロみたいな感じで、ガウディっぽいですよね~。 でも、これをつくったのは、 ”サルバドール・バレリ・イ・ププル” という建築家です。
この方は、ガウディをとっても尊敬していたそうですよ。 確かにそう言われると、、、ガウディのデザインに似てなくもないですね~。 
 1210 Casa Comalat 1212 Casa Comalat
 
こちらは、大通り側の出入り口の部分。 現在でも現役で使われているからすごいですよね~。
 1213 Casa Comalat

窓枠が鉄仮面っぽい。 ちゃんと”建物の名前”と”設計した人の名前”などが入った、板がつけられてます。
 1214 Casa Comalat 1217 Casa Comalat

カサ・コマラは中に入ることは出来ません。残念。
外から外観を堪能したら、グラシア通りへ。 バルでお昼ご飯にしようっと!
 1218 Passeig de Gracia ←有名ブティックが並ぶグラシア通りの風景。

そうそう。グラシア通りには、雑貨好きにはたまらない有名店があります!
それがこの ”ビンソン”。 雑貨・文房具・キッチン用品から家具など、楽しいものがいろいろ置いてあります。  バルセロナを訪れたら、一度はいっておきたいお店ですよ。
 1219 Passeig de Gracia ←ビンソン

さて。 今回が入ったお店はここ。 ”Txapela:チャペラ”っていいます。
と一度入ったことがあるお店で、ピンチョスも頼みやすいので気軽に入れるので気に入ってます。(ここのは、タパスじゃなくてピンチョスです。)
先日入った ”Tapa Tapa:タパタパ” よりはこっちの方が好きかな。
 1222 Taberna Txapela

味は、『激ウマ!』とはいかないけど、まあまあの味ですよ。
一番良いのは、テーブルに敷かれた紙にいろいろなピンチョスが書いてあり、食べたいピンチョスの番号を伝えればオーダーできるというのが便利でよろしいです。
 TXAPELA.jpg
お店の場所も便利なところにあるので、ちゃちゃっと食べて飲んで行くには良いですね~。 

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック