2013_04
18
(Thu)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (テトゥアン広場と モヌメンタル闘牛場)

! Hola a todos ! 

今日からは、 ”バルセロナ一人散歩” の様子をお届けします。
     21 ミニミニあるくまもん
朝、S氏と一緒にホテルを出たら、市内観光バスの発着所でS氏と別れ、一人(一匹?)でバルセロナ市内の散策に出ました。

まずは、地下鉄に乗って ”テトゥアン広場” に行ってみましたよ。
ここには、ガウディのデザインした像があるということで行ったのですが...
実は、ガウディではなくて Josep Llimona という方の作品でした~。
この像は、Doctor Bartomeu Robert という方のモニュメントで、この方は1842年から1902年の間、バルセロナの市長を務めた方です。
 1070 Placa de Tetuan ←ロベルト博士の像
ちなみに...
このモニュメントをつくった Josep Llimona さんの作品は他にもあって、以前に紹介したガリーガとバッハの広場にある ”1809年にバルセロナで犠牲になった方々の追悼記念の碑”(左下写真)や、後に紹介を予定しているラモン・ベレングエル広場にある ”ラモン・ベレングエルIII世の像”(右下写真) がそうです。
 1022 Carrer del Bisbe 1637 Palau Reial Major ←こちらもJosep Llimonaさんの作品です。

このテトゥアン広場は、グラン・ビア・デ・レス・コルツ・カタラネス通り(やたら長いな...)とサン・ホアン(ジョアン)通りの交差点にあるので、この広場からそれぞれの通りを眺めてみると、遠くに ”Arc de Torionfu:凱旋門” が見えます。
 1073 Arc de Triomf
この凱旋門の奥に見えるのが、バルセロナ市民の憩いの場 ”シウタデリャ公園” です。

さて、次は闘牛場を目指して歩いて行きま~す。
...というものの、テトゥアン広場でグルグル回っちゃったので、どっちの道に行ったら良いのかわからなくなってきました。
  panda_hatena.gif
で、通りでおしゃべりしていたおじちゃんに、『闘牛場はこの近くにありますか?』ってスペイン語(もちろんカスティーリャ語)で聞いてみたら、『え? なに?』って聞き返されちゃいました。

そうなんですよ...スペイン語で話しかけると、ほとんどの場合聞き返されちゃうんですよね~。
の発音が悪くて聞き取れないというのもあると思うんですけど、日本人がスペイン語で話しかけてくるとちょっとビックリして聞き返しちゃうみたい。。。 
スペインの人の大半は、『日本人は英語で話しかけてくる。』って思っているようです。(想像ですけど。)
それに、ここバルセロナはカタルーニャ語がメインですしね。

で、もう一度繰り返し聞いてみると、、、
『ああ、この道を真っ直ぐ。 歩いて5分ぐらいのところにあるよ。』って教えてくれました。
 1074 Gran Via de les Corts Catalanes ←おじちゃんの教えてくれた道

教えてもらった通りをどんどん歩いて行くと、すぐに闘牛場が現れました!
 1075 Placa de toros Monumental ←モヌメンタル闘牛場

正面から見ると、こんな感じに見えますよ~。
 1076 Placa de toros Monumental

ところで、この闘牛場に来たのは、、、
『カタルーニャ州(バルセロナのある州)の法令で、闘牛禁止が禁止になったため、バルセロナの闘牛場をショッピングセンターに改装した』って聞いたので、その様子を見に来たつもりだったんですが... そんな雰囲気は全くないですね。。。
博物館の案内や、昔のチケット売り場の窓口とかが残ってるし...
 1077 Placa de toros Monumental 1087 Placa de toros Monumental 1086 Placa de toros Monumental
さらに闘牛城の周辺を回ってみたんですけど、やっぱりショッピング・センターらしき場所は全く有りませんでした。
で、あとで調べて見ると...
なんと! 改装された闘牛場は、このモヌメンタル闘牛場じゃなくて、もう一つのラス・アレナル闘牛場の方でした!
 pan006
情報は、中途半端じゃダメですね~。。。ちゃんと確認しておかないと。

まぁ、ちょっとガッカリでしたが、バルセロナの闘牛場を見たのは初めてだったので、良しということにしました。
さて、気を取り直して...次は、バルセロナのランドマーク ”サグラダ・ファミリア:聖家族教会” へと歩いて向かいます。
  21 ミニミニあるくまもん
バルセロナは、ランブラス通りやゴシック地区などといったところも良いですが、このあたりの街の雰囲気もなかなか好きなんです。

で、ブラブラと歩いていると、自転車に乗った2人の女の子に『サグラダ・ファミリアはどっち?』って聞かれちゃいました。
『なんで日本人に聞くの?』って思いましたが、『この道を真っ直ぐ行けばあるよ。』と教えてあげました。
少しは ”スペインのクマ” になってきた...のかな?
しばらく歩いて行くと、通りの向こうに少しずつ目指すサグラダ・ファミリアが見えてきましたね~。
 1089 Parroquia Sagrada Familia ←少しずつ見えて来たサグラダ・ファミリア

ということで、今日のところはここまで。
次回は、定番ですが...ご存じ ”サグラダ・ファミリア” をご紹介します。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック