2013_04
01
(Mon)08:30

リーガ第29節 試合結果速報!

! Hola amigos ! 

今日は、久しぶり~のリーガの試合結果をお届けします!
今回は、第29節の試合結果。 リーガは全38節なので、あと残り9試合です。

さて、そのリーガ。 今日もリーガ首位を独走するバルサの結果からお届けします。

  >>>>>
バルサは、今節アウェイでセルタと対戦。 
セルタは、前節で主力のイアゴ・アスパスが相手DFに頭突きを食らわせて退場になり、今節は出場出来ないのでかなりの戦力ダウン。。。 しかも、相手は最強のバルサということもあり、セルタはかなり不利かと思われましたが...
実際に先制点を挙げたのは、ホームのセルタ!  前半38分に、バルサのお株を奪う?ゴール前のショートパスでボランチのインサがゴールを奪いました。
しかし、バルサもその直後、中盤からのロングパスを受けたテージョが、左サイドかけあがりゴールを決めて1-1の同点にし、そのまま前半を終了します。
その後、73分にゴール前の左サイドからの折り返しにメッシがあわせて1-2でバルサがリード。 
このまま試合が終わるかと思われた後半43分、ゴール左にあげられたセンタリングに、フリーでいたオウビーニャが頭であわせて起死回生の一発を決め、最終的に2-2の引き分けという結果におわりました~。 
 Celta.jpg Celta de Vigo 2-2 FC Barcelona FC Barcelona


  >>>>>
続いてリーガ2位のレアルの試合は、サラゴサとの対戦。
試合は、開始早々の6分に、中盤でサラゴサの選手がレアルのパスをカットしてそのまま前線へと送り、そのパスにロドリゲス・リオスが反応。 そのままゴール左隅へシュートを決めて先制点をゲットしました!
いきなり出鼻をくじかれた恰好となったレアルですが、なんとか追いついたのが前半終了前の43分。
ゴールエリア前に送られたボールで混戦となっているところ、ルーズボールからのパスを受けたC.ロナウドが、得意の左サイドへ切り込んでからシュートを放ち、これが綺麗に決まって同点になります!
後半に入ると、レアルゴール前でボールを受けたエース”ポスティガ”シュートをうちにかかりますが、これをエッシェンが手で止めてファウル! 
...と思われましたが、審判はファウルと判定せず!
レアルは危険な場面を運良く助かりました~。 
その後は、両者ともにゴールを決めることが出来ず、結局1-1のまま引き分けに終わりました。 
 Real Zaragoza Real Zaragoza SAD 1-1 Real Madrid CF Real Madrid CF


  >>>>>
さて、今節唯一の上位対決となった 3位アトレチコ対5位バレンシアの対戦。 
試合は、アトレチコのホーム ”ビセンテ・カルデロン” にて行われました。
アトレチコの布陣は、いつもの通りディエゴ・コスタとファルカオを2トップに置く4-4-2のスタイル。 
対するバレンシアは、アエド・バルデスを1トップに据えた4-2-3-1のシステムです。 
個人的には、ソルダード、フェグリが抜けているので、『ちょっと弱い布陣だなぁ。。。』と言う印象でした。
しかし!
先制したのは、アウェイのバレンシアの方。
試合開始直後の5分に、右サイドからゴール前へと上げられたクロスボールをゴール前でジョナスが受け、これを1トラップして落ち着いてゴールを決めました!
対するアトレチコも、その1分後に左サイドからゴール前へと送られたパスにファルカオが反応。 これを右足でゴールへ流し込んで同点にします。
ファルカオも久しぶりのゴールですよね~。
その後は、バレンシアがボールを支配し、アトレチコがカウンターで攻めるという展開で試合は進みますが、両者ともゴールを割ることが出来ず。。。
17分には、バレンシアゴール前での混戦で、ファルカオがヘディングでシュートしたボールをジョナスがハンドで阻止したようにも見えましたが、結果的にはノーファウルとなりました。
で、結局、前半6分間の間に決められたゴールがこの試合の全てとなり、注目された上位対決は1-1の引き分けに終わりました。
 Atletico Madrid Atletico Madrid SAD 1-1 Valencia CF Valencia CF


  >>>>>
上位(バルセロナ、レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード)の対戦が全て引き分けい終わった今節。 4位のレアル・ソシエダに勝ち点差を詰めるチャンスがやってきました! 
(とはいっても、3位との勝ち点差は13もあるんですけどね。。。)
今節の対戦相手は、エスパニョール
現在好調のソシエダとはいえ、今期はホームで痛い敗戦を喫しているだけに気が抜けない相手です。
試合は、両チームとも4-2-3-1のシステムで、エスパニョールはセルヒオ・ガルシア、ソシエダはアギレチェといったエースが1トップにすわります。
試合の展開は予想通りの接戦となり、エスパニョールがセルヒオ・ガルシアのゴールで先制すればスルトゥサのゴールで追いつき、またストゥアーニのゴールでエスパニョールが勝ち越せば、ハビ・ロペスのゴールでまたも追いつくという結果。
ソシエダはポゼッションが高かった(65%)わりに攻めきれないまま、結果試合は引き分けで終了となりました。
やはり、ソシエダはベラの不在が痛かったのかなぁ?
 Espanyol.jpg RCD Espanyol 2-2 Real Sociedad Real Sociedad


  >>>>>
それにしても、今節は引き分けが多いですね~。 ここまで4試合が全て引き分けですよ。。。
となると、ここのところちょっと調子が悪かった?マラガにも順位を上げるチャンスがめぐってきました。
今節は、アウェイでラージョとの対戦です。
ラージョは結構な曲者チームですので、本試合は混戦となるかと思われましたが、スコアは以外にもマラガの方が一方的。 
前半21分にマラガDFのヴェリグトンがヘディングでゴールを決めて先制します。
30分に、PKをピティが決めて同点としますが、ラージョが決めたのはこのゴールのみ。
後半に入って、10分にバティスタ、41分にモラレスのゴールが決まり、3-1でアウェイのマラガが勝利しました!
 Rayo Vallecano Rayo Vallecano 1-3 Malaga CF Malaga CF
これで、マラガは一つ順位を上げ5位に浮上しました。
一方、今節引き分けに終わってしまったバレンシアは、マラガと入れ替わって6位になりました。


  >>>>>
さてさて~、上位陣が拮抗した試合を続ける中、降格争いを続ける下位も気になるところです。
今節は、18位マジョルカと20位のデポルティーボが直接対決!
19位のセルタがバルサと引き分けているだけに、両者ともここで勝利して降格圏脱出の足がかりとしたいところです。
試合は、前半20分にホームのマジョルカがビクトルのゴールで先制して勢いに乗るかと思われましたが、27分にデポルティーボのDFシルビオにゴールを許してしまい、前半のうちに同点に追いつかれてしまいます。
後半に入って勢いがあったのは、逆にアウェイのデポルティーボ。
後半開始早々の2分に、DFマルチェナがゴールを決めると、14分にもFWリキがヘディングでゴールを決めて3-1とリード。
40分に途中交代で入ったヌスエがゴールを決めてマジョルカが1点差に追いつくも、勝利を確信したデポルティーボは、43分に御大バレロンを休ませるという余裕を見せつつ試合が終了。 3-1でデポルティーボの勝利で終わりました~。
 RCD Mallorca RCD Mallorca 2-3 Deportivo la coruna Deportivo la coruna
ここのところ調子が上向いてきたかのように見えたマジョルカですが、ホームで最下位のチームとの対戦を取りこぼしちゃうとは...さきが思いやられますねぇ~。
この結果、勝ち点1差のなかで下位3チーム(セルタ、マジョルカ、デポルティーボ)が競い合う展開となり、17位サラゴサとの勝ち点差3は縮まらない状態です。
このまま行くと...この3チームが降格って展開も...あるかも?

しかし、まだの残りは9試合ありますからねぇ。 何が起こるかわからないですよ!
まだまだ続くリーガの試合、楽しみです~!
では。
! Viva La Liga !
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック