2013_03
15
(Fri)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア サン・エステバン教会)

! Hola, amigos !  

今日も引き続きセゴビアの街の観光の様子をお届けします~。
今回は、カテドラルの観光を終えたところからです。
カテドラルの見学が終わったところで、予定通りS氏と別れ、互いに別々の散策をスタート!
は、マヨール広場から路地を歩いて、 まずは ”Iglesia de San Esteban:サン・エステバン教会” へと向かいました。
 0748 Segovia ←セゴビアの路地

で、路地(エスクデロ通り)をしばらく歩いていくと、広場の向こうに素敵な ”サン・エステバン教会” が見えました! 
 0751 Iglesia de San Esteban

この ”サン・エステバン教会” ってすっごく素敵でしょ? 特に、教会の真ん中にそびえる塔が美しいですよね。 この塔の美しさから、スペインでは ”塔の女王” と呼ばれているんだそうです。
ガイドブックによると、この塔の高さは ”53m” もあるんですって!
 0752 Iglesia de San Esteban 0754 Iglesia de San Esteban

中には入れないか、教会の回廊のところでしばらく様子をうかがって見たのですが...やっぱりダメでした。
 0755 Iglesia de San Esteban ←サン・エステバン教会の入り口。回廊の部分。

それにしても、どこからみても美しい教会ですね~。
 0756 Iglesia de San Esteban ←Calle Vallejoからみる教会

さて、この教会を楽しんだ後は、次にここからちょっと離れたところにある ”Iglesia de La Vera Cruz:ラ・ベラ・クルス教会” や ”Parque el Alcazar:アルカサル公園” のある方向へと向かいます。
その途中、ちょっとした広場に ”San Juan de la Cruz:サン・フアン・デ・ラ・クルス” さんの像を発見しました。
 0757 San Juan de la cruz ←サン・フアン・デ・ラ・クルス像
このサン・フアン・デ・ラ・クルスさんは、訳すと”サン・フアン=聖ヨハネ”、 ”ラ・クルス=十字架” ということで、  ”十字架のヨハネ” ということになります。
この方は、このセゴビアから西に60kmぐらいいったところにある Fontiveros:フォンティベロス という街の出身で、 城壁に囲まれた街”アビラ”の近郊でカトリック教の修道会であるカルメル会(男子カルメル会)の改革に着手された方です。 アビラの街では、同様に女子カルメル会の改革をした”テレサ”という方が有名ですが、その方とも信仰があったようです。 でも、うまくいかなかったようです。
で、この方が最期を遂げられたのは、アンダルシア地方にある ”ウベダ” という街で、その街にある ”サン・パブロ教会” の前の広場には、この方の像がたてられていますよ。 ここをクリック→ 
もちろん、生まれ故郷の ”フォンティベロス” の街にもサン・フアン・デ・ラ・クルスさんの像があります。

さて、ここからまた先を目指して歩きますよ。 
紅葉の向こうに見えるサン・エステバン教会も素敵ですね~。
 0761 Segovia ←セゴビアの紅葉

ということで、今日のところはここまで。
次回は、ラ・ベラ・クルス教会をご紹介します。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック