2013_03
04
(Mon)08:30

リーガ第26節 試合結果速報!

! Hola, amigos !    
? Que tal ? ? Como estais ?  

今日は、リーガの第26節の試合結果をお届けします!
今節は、やっぱり国王杯に続く ”クラシコ” の結果が気になりますよね~。

ということで、まず最初はそのクラシコの結果からお届けしま~す。
先日行われた、カンプ・ノウでの国王杯準決勝2ndレグは、1-3とバルサの完敗に終わりました。
今回は、リーガの試合におけるクラシコ。
今回は、場所をレアルの本拠地 ”サンチャゴ・ベルナベウ” に変えての一戦です。
前回勝利を納めたレアルが、勢いに乗ってバルサに連勝するのか? それとも、バルサがチームを立て直し、レアルに先日のお返しをするのか? 注目の一戦となりました!

今回のレアルは4-2-3-1の布陣で、先発はトップにはベンゼマ、トップ下で攻撃のタクトを振るのは最近調子の上がってきたカカ! その両翼には、ルーキーのモラータと元気印のカジェホン。 そして、ボランチには、ペペモドリッチ、最終ラインはエッシェンバランセルヒオ・ラモスコエントランというメンバーになりました。
GKは、今期途中にセビージャから移籍してきた ディエゴ・ロペスです。
一見すると、守備重視の布陣にも見えますよね~。 
もしかしたら、これがモウリーニョの奇策的な采配なのかも...

一方のバルサは、4-3-3の形式で、FWにはビジャメッシペドロ、中央にはイニエスタブスケツチアゴ、そしてDFには、前回足を滑らせて失点を喫してしまったプジョルに替わってマスチェラーノ、そしてピケダニエウ・アウベスジョルディ・アルバ、GKには国王杯のピントに替わってバルデスが選ばれました。
バルサの攻撃陣は、前回ほとんど行われなかった相手DFの裏に飛び出す攻撃パターンをビジャにお願いし、DF面では足が遅いプジョルに替えて(前回、ディ・マリアに振り切られた)マスチェラーノにすることで、レアルの素早いカウンターに備えようという作戦のようですね~。

しかし! その作戦を見越してDFを増やしたレアルに通用するのか?
楽しみです!

で、今回も接戦が期待されましたが、、、、
なんと開始5分で先制点を奪ったのはレアル!
左サイドをドリブルで駆け上がったモラータが中央へセンタリング。 そこに待っていたのがベンゼマ!!! ベンゼマがこれを落ち着いてゴールへ流し込んでレアルが貴重な先制点をゲットです!

しかし、今日はバルサも黙ってはいませんよ~!
そのすぐ後(18分)に、先日の国王杯では全く振るわなかったメッシが、ゴール右サイドからDF(S.ラモス)をかわしながら中央へ切れ込んでシュート! これが決まって同点!
その後は両チームとも一歩も譲らず、1-1のまま前半を折り返しました。

後半は、相手チームの出方を探りたいのか... まずは前半のメンバーと変わりなし。
で、しばらくして先に動いたのはレアルの方。
攻撃の中心であるベンゼマとカカを、それぞれC.ロナウドケディラへとチェンジ。 
『なんでエジルじゃなくてケディラなんだ?』とちょっとビックリ。
そして、C.ロナウドを投入したにもかかわらず、、、試合はまったく動きません。。。
そのうち、今度はバルサがメンバー交代。 
チャンスを演出していたビジャに替わってアレクシス・サンチェスを投入。 ここから両チームとも選手交代が相次ぎます。
レアルはコエントランに替えてアルベロアを投入し、レアルは全ての交代枠を使い果たします。
バルサもなかなか決定機を作り出せずにいると、31分に疲れの見え始めたペドロに替えてアドリアーノを投入します。
しかし! ここでもゴールを奪ったのはレアルの方!
後半36、左コーナーキックからのボールを、セルヒオ・ラモスが得意のヘディングでゴールを決めました!!!

試合終了間際には、レアルのゴールエリア内でS.ラモスがアレクシス・サンチェスに足をかけて倒し、『PKで同点か?』と思われましたが...ノーファウル! 
ついにはバルサのGKビクトル・バルデスが、審判に執拗に詰め寄って抗議したため、この日二枚目のイエローカードもらってしまい退場。。。

このまま試合が終了し、終わってみれば2-1でレアルが勝利、V.バルデスの退場というおまけ付きで幕を閉じました~。
 Real Madrid CF Real Madrid CF 2-1 FC Barcelona FC Barcelona
この試合、ルーキーのモラータの活躍が光ってましたね~。 ベンゼマのゴールをアシストしただけではなくて、何度も決定機をつくっていました。 
あとシュートの精度さえ上がれば、ラウールに続くレアルのカンテラ上がりの純正FW誕生となるかもしれませんね~。
レアルには、この勢いのままCLのマンチェスターU.戦にも勝利して欲しいですね~。(”香川がゴールを決めるも、レアルが勝利!”というのが理想かな?)
一方、バルサはちょっと心配...。 次のCLのACミラン戦はホームとはいえ、だいぶ心してかからないと2点差はひっくり返せないですよ~。


 >>>>>
さてさて!
リーガの首位が敗れたとなると、注目は現在第2位で追走しているアトレチコの結果が気になります!
今回、アトレチコは、現在リーガ4位の強敵マラガとアウェイ(ラ・ロサレダ)で対戦となりました。
この試合に勝つか負けるかで、今後のリーガの順位を左右しちゃいそうな気がしますね~。
ということで、早速試合の結果をお伝えします。
ホームのマラガは4-1-4-1の布陣で、1トップにサンタ・クルスを置き、2列目にポルティージョイスコピアソンホアキン、試合をコントロールするボランチにトゥラランを置きました。
対するアトレチコは4-4-2の布陣で、2トップにはファルカオディエゴ・コスタ、2列目にはクリスチャン・ロドリゲスコケスアレストゥランです。
負けられない一戦で両者一歩も譲らず、結局試合はスコアレス・ドロー。。。
退場者を出すなどの大きな乱れもなく、それぞれ勝ち点1を分け合う結果となりました~。
 Malaga CF Malaga CF 0-0 Atletico Madrid SAD Atletico Madrid
ちなみに...
先日行われた国王杯の準決勝アトレチコセビージャは、トータル・スコア4-3でアトレチコが勝利し、レアル・マリードと決勝を戦うことになりました!!!
現在、決勝の行われるスタジアム選定でもめているようで、アトレチコは自身の勝率の高いレアルの本拠地”サンチャゴ・ベルナベウ”を希望し、レアルはバルサのホーム”カンプ・ノウ”を要望していたようですが、最近ではバレンシアのホームである”メスタージャ”に変更したいとの要望があるようです。
それにしても、国王杯決勝がマドリード・ダービーですからねぇ...他の都市でやることに意味があるのか。。。ちょっと疑問です。


 >>>>>
次は、マラガがアトレチコと引き分けたので、マラガに続くリーガ5位のバレンシアは、ここで勝利して順位を4位(CL出場圏)に上げたいところです。
バレンシアは、今節同じバレンシアを本拠地とするレバンテとの対戦いわゆる ”バレンシアダービー” となりました。
レバンテは、長年の試合経験を活かした”いぶし銀な試合運び”をする侮れないチームですよ!
試合は、前半16分にレバンテのイボーラが、ゴール左サイドからふわっと浮かしてGKの頭を越えるシュートでゴールを決めて先制!
しかし、その10分後(27分)には、バレンシアが相手ゴール前の混戦で、ジョナスがなんとか蹴り込んでゴールを奪い1-1の同点に。
そして、前半終了間際には、右サイドのフェグリからのボールにソルダードが合わせ、美しいボレーシュートでゴールを奪い2-1とバレンシアが逆にリード。 このリードを保ったまま前半を折り返します。
後半は両者譲らず、このまま試合終了かと思われた43分...レバンテのバルケロにゴールをこじ開けられ、最後の最後でバレンシアから勝ち点3がすり抜けていってしまいました。 ざんね~ん。。。
ということで、”バレンシアダービー”は、結局2-2の引き分けに終わりました~。
 Valencia CF Valencia CF 2-2 Lavante UD Lavante UD
結局、4位マラガがアトレチコと引き分けた状況を生かせず、同じように引き分けをしてしまったので勝ち点差は縮まりませんでした。。。(勝ち点差1)


 >>>>>
こうなると、次に気になってくるのは、バレンシアのすぐ下に迫っているレアル・ソシエダ(6位)とベティス(7位)の結果ですよね~。
今節は、この2チームがサン・セバスチャンでの直接対決になりました!
ここに来てお互いに好調ですから、なかなか面白い試合になりそうです~。
試合は、開始早々からソシエダペース。 何度も決定機を迎えますが決めきれません。
そして、DF裏に飛び出したグリースマンがついにゴーーーール!!! 
...と思いきや、オフサイドの判定でゴールは無効となってしまいます。
何度も攻め込みながらなかなか点を奪えないソシエダに対し、前半30分にゴールを決めたのは、ベティスのホルヘ・モリーナ。 ゴール前の混戦からうまく抜け出してゴールを奪いました!
更には、後半開始早々3分に、味方DFとGKの連携ミス?のスキを突かれ、パボンにゴールを決められてしまい、0-2とホームのソシエダが2点のビハインドを背負ってしまいます。
しかし、ここでくじけないのが今のソシエダ!
ここまで数々のチャンスをつくってきたベラが、直後の5分にまず1点ゲット!
次に、10分には、左サイドからのセンタリングにマルティネスが頭で会わせて2点目。
更には、16分にベティスのゴールエリア内でDFのハンドが指摘されてPKになり、これをシャビ・プリエトが決めて逆転します!!! 
しかし、しかし!  ここでベティスも意地を見せます!
DF裏へのパスにパボンが走り込み、難しい体制からこの日二点目のゴールを決めて3-3の同点になりました。
試合はこのまま両者譲らず、両チームで6ゴールという ”撃ち合い”の試合は、引き分けという形で終わりました。
 Real Sociedad Real Sociedad 3-3 Real Betis Real Betis
この試合、2点差をひっくり返したソシエダもすごかったですが、最後に同点にしたベティスも良かったですね~。 大変見応えのある試合でした。


ということで、第26節の結果は、レアル、バルサを除く上位陣が揃って引き分けという結果に終わりましたので、順位変動はありませんでした。


今週は、3/5-6にCLのベスト8をかけた第二戦が行われます。
3/5には、レアルとマンU戦、ドルトムントとシャフタール・ドネツク戦が行われ、3/6にはバレンシアとPSG戦、セルティックとユベントスの戦いがあります。
リーガのチーム(レアルとバレンシア)も出ますので応援しようと思います~。

では。
! Viva La Liga !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック