2013_03
09
(Sat)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビアへ!)

! Hola, amigos ! 

今日は、マドリッド周辺の街 ”セゴビア(Segovia)” の街をご紹介します。
セゴビアに向かう日の朝、マドリッドの街は写真のように一面霧がかかってました。
まさに、今後のスペイン旅行を象徴するかのような...
 マドリッドの朝2

さて、この日訪れる予定のセゴビアへは電車でもバスでも行けますが、例によって列車の駅は街外れにあるので、やっぱりバスを使って行くのが便利です。 時間はどちらもほとんど同じですしね。

セゴビア往きのバスは、プリンシペ・ピオ駅のバスターミナルから出ます。
以前(10年ぐらい前)は、駅の目の前にある ”ホテル・フロリダ・ノルテ” の並びにバスターミナルがあったのですが、プリンシペ・ピオ駅の改装工事が行われ、今は地下鉄・国鉄とバスターミナルが一緒の建物の中に入ったんです。

ということで、今回もホテルから地下鉄に乗ってプリンシペ・ピオ駅まで行き、そこでバスに乗り換えました。
バス乗り場は、地下鉄からバスターミナルの方へ向かう通路(多分B1階)のもう一つ下(B2階)で、地下鉄駅方面から一番遠いところにあります。
※B1Fには他のバス会社の切符売り場の窓口があるので、そちらと間違えないようにね。

B2Fのフロアの一番奥までいくと、数人の列が出来ているのですぐにわかると思いますよ。
列の先には、切符の自動販売機と、その使い方を教えてくれる係の人がその側にいます。
列に並び、自分たちの順番が来たら係の人に 『セゴビアまで行きたいんです。(キエロ・イラ・セゴビア)』 というと、自販機を操作をして切符を買う手助けをしてくれます。
無事に切符を購入することが出来たら、あとはバスの乗り場にいきましょう。
セゴビア行きのバス乗り場は、切符売り場のすぐ隣のところにあります。
この自販機で切符を買うお客さんはほとんどセゴビアにいく人たちなので、自分たちの前に切符を買った人を見ていれば乗り場がどこかはすぐわかります。
で、これがそのときに購入した切符です。
 Madrid-Segovia.jpg ←セゴビア行きの切符。
※また後ほど説明しますが、切符はバスの時間が指定してありますので、他のバスには乗れません。 注意してくださいね。

さて、バスに乗ったら一時間ほどでセゴビアの街に到着します。
 0665 Estacion Autobuses de Segovia 0667 Estacion Autobuses de Segovia ←セゴビアのバスターミナル

バスターミナルに着いたら、まずはS氏のタバコ休憩。。。
一服が終わったところで、セゴビアの街の散策を開始で~す!

まずは、バスターミナルから一番近いところにある ”Iglesia de San Millan:サン・ミジャン教会” を観光しました。
 0668 Iglesia de San Millan

教会横にある回廊がとってもステキなので、近くに行ってみたらこんな感じになっていました。
 0671 Iglesia de San Millan 0673 Iglesia de San Millan ←サン・ミジャン教会の外にある回廊

回廊を散策していると、突然扉が開いて中から人が出てきました。 
中に入って見ることもできそうでしたが...ちょっと遠慮しちゃいました。
 0674 Iglesia de San Millan ←扉が開いて教会の中から人が...

この角度から見ると、また素敵に見えますね~。
 0679 Iglesia de San Millan ←サン・ミジャン教会

さて、サン・ミジャン教会のまわりを一通り観察したら、フェルナンデス・ラドレダ通りを通って、セゴビアの観光名所である水道橋の方へ向かいます。
 0680 Av de Fernandez Ladreda ←遠くに少しずつ見え始めた水道橋

通りを歩いて行くと、今度は右手にも教会が見えて来ました。
この教会は、 ”Iglesia de San Clemente:サン・クレメンテ教会” といいます。 先ほどのサン・ミジャン教会よりどっしりした感じですね~。
 0684 Iglesia de San Clemente

教会の前では、地元のおじちゃん達が熱心におしゃべり中。 こんな風景を街のあちこちで見かけます。 
 0683 Iglesia de San Clemente

さて、今日のところはここまで。
次回は、セゴビアの最大の観光名所 ”水道橋” の様子をお届けします~。
では。
   23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック