2012_12
28
(Fri)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (マドリッド スペイン広場)

! Hola, todos !  

今日は、マドリッドの観光名所の一つ ”スペイン広場” のご紹介です。
スペインにあるのにスペイン広場とは...』なんてよく思っちゃいますね。
そういえば、スペイン広場って世界中にたくさんありますよね。 
その中で一番有名なところと云えば、イタリアのスペイン広場。
あの映画 ”ローマの休日” でも出てくる『スペイン階段』の有るところとして超有名ですよね~。
逆に、、、ドイツ広場とかイギリス広場、フランス広場なんてのはあまり聞きません。 
なぜなんでしょ?
 shie hatena

話がちょっとそれちゃいましたが...
今回行くマドリッドのスペイン広場もけっこう有名です。
私たちが初めてマドリッドを訪れた時(ツアーです)、最初の観光場所はこのスペイン広場でした!
早朝、まだ眠い時に見て回ったので、ほとんど夢の中でしたけどね~。 
 inemuri_jiisan.gif
ということで ”マドリッド観光の王道を行く!” というからには、ここも外せない場所の一つです!

で、やっぱりここで絶対しておきたいのが写真撮影
そして、ここでの写真撮影といえばこの構図でしょ!
広場中央のと、後ろのスペインビルをちょうど重ね合わせた風に撮るのが定番です。
 0439 Plaza de Espana ←塔とスペイン・ビル

もちろん塔の下には、ドン・キホーテサンチョ・パンサの像がありますよ。
そして、その後ろには、ドン・キホーテの作者 ”ミゲル・デ・セルバンテス” さんの像があります。
 0441 Plaza de Espana
像の下に、子供たちがいますね~。

こちらが近くで撮影したもの。
左がドン・キホーテで、右がサンチョ・パンサです。
サンチョ・パンサが右手に持っているのは、物語に出てくる有名な ”マンブリーノの兜” ですね~。
 0447 Plaza de Espana 0446 Plaza de Espana

そして、この塔の両脇にある2人の女性の石像は、小説『ドン・キホーテ』に出てくる『Dulcinea del Toboso:ドゥルシネーア・デル・トボソ』(トボス村のドゥルシネーア姫)という方の像です。
 
この女性は、小説の中でドン・キホーテが『騎士たるもの、姫をお守りするのが使命である!』という信念に基づいてつくりだされた架空の女性なんです。 
ドン・キホーテは、どんなときもこの架空の女性に想いを寄せているんです。 架空なのに...です。
で、この像は両方ともドゥルシネーアの像で、向かって左側のお姫様的な感じの方が ”ドン・キホーテが思い描くドゥルシネーア” で、右側の像が ”現実のドゥルシネーア『体格のよい農家の娘』” となっています。
 0445 Plaza de Espana 0448 Plaza de Espana ←ドゥルシアネーアの像

ということで、この広場にはドン・キホーテにまつわるものがたくさんあります。
ですので、訪れる前にちょっとでも小説『ドン・キホーテ』を読んでおくと、結構楽しめると思いますよ。
なかなか面白いし読みやすい本ですのでオススメです。
 0443 Plaza de Espana ←スペイン広場から見える通りの景色

さて、ここに来たら、次はお昼ご飯を食べに、有名なレストラン ”Casa Mingo:カサ・ミンゴ” まで行ってみることにしました。
このお店は以前にも紹介しましたが、ローストチキンシードラ(リンゴ酒)で有名なお店です。 以前の記事はこちら→ 

で、行ってみると...これがまた大変なお客さんの数!
店内満席(テラス席を含めて)の上、順番待ちのお客さんが30~40人はいたでしょうか?
とりあえず『折角来たのだから。。。』とその列に並んではみましたが、10分程で結局あきらめることにしました。。。

お店のお隣にある ”サン・アントニオ・デ・ラ・フロリダ教会(ゴヤのパンテオン)” もすでに閉まっている時間だったのでこちらも見学することができず(まぁ、S氏も興味はなかったようですし。)、結局もと来た道を戻りながらお店を探すことにしました。

そして、入ったお店が ”Restaurantes El Urogallo” というところ。
何でこのお店に入ったかというと、お店の看板に ”鶏(pollo)” のような絵が描いてあったからです。
(もうお腹が完全に”チキン”を食べたい感じになっていたので。)
 chiken.gif

で、いざ入ってみると ”チキンはありません” って。。。
もう『え~~~~~っつ!!!』って感じ。
『さっき、そこのお客さんが食べてたような気がするんだけどなぁ。』と思いましたが、確かにメニューには ”pollo” という言葉がのっていなかったので、店員さんにそれ以上食い下がることはできず、結局チキンを食べるのを断念することになりました。
そこで、代わりに何を食べたかというと...
写真も撮ってないですし、”鶏食べれず!”のショックでよく覚えてないのですが、たぶんコンビ・プレート(いろいろ取り合わせてあるもの)とサラダと生ハムだったように思います。(もちろんビールも。)
お味はまあまあで、量もかなりのものでした。
ただ、店の外のテントみたいなテラス席で食べたんですが、、、店の感じはあまり良くなかったなぁ。。。
 pan014
何はともあれお腹いっぱいになったということで、その後は最寄りの地下鉄の駅(プリンシペ・ピオ駅)まで歩いていき、地下鉄に乗ってデパートまで向かうことにしました。
 0449 Principe Pio ←プリンシペ・ピオ駅前の様子senda_chidoriashi.gif

デパートに到着したら、地下の食料品売り場でワインや食材を購入し、ホテルでの晩ご飯ということにしました。
 
ということで、この日(日曜日)のマドリッド散策は終了ということになります~。
次回は、マドリッドからのショートトリップ ”トレドの街のご紹介” ...といこうと思ったのですが、晩秋のスペイン散策記はここでちょっと一休み。
先週末に行ってきた ”熊本・阿蘇” の様子をお届けしようと思います~。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック