2012_10
25
(Thu)08:30

スペインの旅 (セビージャ - アルコス・デ・ラ・フロンテラ)

! Hola, amigs ! 
ここのところ気温もだいぶ下がってきて、朝夕はとっても寒いですね~。 shie samui
こんな時は、体調管理に気をつけたいものです。

さて、今日はセビージャからアルコス・デ・ラ・フロンテラという街へ移動したときの様子をご紹介します。
このアルコス・デ・ラ・フロンテラという街は、アンダルシアにある”白い街”として有名で、その街並みと素晴らしい景色が魅力です。

行き方は、セビージャのプラド・デ・サン・セバスチャン・バスターミナルからバスに乗って行くか、ヘレス・デ・ラ・フロンテラまで電車で行って、そこからバスに乗って行くかです。
 アルコス地図
セビージャからは、バスは1日に朝夕各1本!しかでていないので、うっかり朝のバスを逃してしまうと大変なことになります。
一方、ヘレスからのルートは電車・バス共に比較的数が多いので、そちらのルートを選択しても良いと思います。
私たちは、セビージャからのバスにチャレンジ! (まぁダメだったら、ヘレスまわりで行けばいいやということで。)
そうしたら、行く途中のバスの車窓には素晴らしいひまわり畑が広がりました! (カルモナではガッカリさせられたので、そのぶん感動しましたよ!!!!)
この季節(6月末あたり)に行くなら、セビージャからバスで行く方をおすすめします!

では、早速その様子をお届けしましょう。
まず、ホテルをチェック・アウトしたら、タクシーに乗ってプラド・デ・サン・セバスチャン・バスターミナルまで行きます。 アルコス行きのバスは9:30発なので、朝ご飯やチェックアウトの時間を考えると、タクシーで行くのがベストでした。

バスターミナルに着いたら、まずは切符の購入です。
スペインでは、バス会社ごとに窓口があるので、目的地まで行くバス会社をチェックしておかなければなりません。 (ホテルのフロントや、バスターミナルのインフォメーションで聞くことができます。)
で、今回アルコスまで行くバス会社は、 Los Amarillos社 。 
なので、この会社の窓口に行って切符を購入します。
その時の切符がこれ。 例によってレシートです。
窓口の人が親切にバスの出発するホームの番号”⑯”を書いてくれました。
  アルコス行き切符 ←アルコス行きの切符

切符を買ったら、あとはバスが出発する16番の場所に向かいます。
  1410 Prado de San Sebastian 1411 Prado de San Sebastian ←出発場所の様子

すると、16番のホームにはもうバスが入っています。 これがアルコス行きのバスですね~。
  1412 Prado de San Sebastian 1414 Prado de San Sebastian ←行き先を確認!

バスは、出発時間の10~15分くらい前に運転手さんが来て、乗客の切符のチェックを始めます。
切符のチェックをしてもらったら、バスに乗り込んで出発を待ちます~。
そうそう。 スーツケースなどの大きな荷物は、自分でバスのトランクを開けて入れることになっていますので、注意してくださいね。
  hatobasu-ani01.gif
さて、バスはターミナルを出発したら、パルメラ通り:Paseo de la Palmeraを通って、一路南へと進んでいきます。 
途中、セビージャのサッカーチーム ”Real Betis:レアル・ベティス” のホームスタジアム ”ベニート・ビジャマリン・スタジアム:Estadio Benito Villamarin” の横を通っていきますよ。
  1420 Sevilla Benito Villamarin ←写真右の建物がスタジアム Real Betis
このスタジアムは、できてから名前が3回も変わるという変わりもののスタジアムです。

そして、バスがセビージャの街を出てしばらくすると...
車窓にはこ~んな素敵なひまわり畑が現れます!!! 
 1429 Sevilla-Arcos
 1430 Sevilla-Arcos
もう一面、ひまわり、ひまわり、ひまわり....
こういうのを期待してたんですよ~。 
 1431 Sevilla-Arcos
バスの車窓からの写真ということもあってよく撮れていませんが...この凄さが伝わるでしょうか???
    
私たちがこのように車窓からのひまわりの景色を楽しんでいると、バスはメインの通りを外れて小さな街へと入っていきます。
  1445 Sevilla-Arcos 1444 Sevilla-Arcos
  1443 Sevilla-Arcos 1440 Sevilla-Arcos
スペインのどの街にも、教会バルは必ず有るというけれど... 

この街を出ても、まだまだひまわり畑は続きます~。
  1456 Sevilla-Arcos 1458 Sevilla-Arcos

そして、こういった起伏がある場所にも...やっぱりひまわり畑はあります!
  1457 Sevilla-Arcos ←一面ひまわり~。 
でも...丁寧に種を植えたというよりは、バラバラっと種を蒔いただけって感じ。
もちろん世話もあまりしてなさげです。

そうこうしているうちに、バスはアルコスの隣町 ”ボルノス:Bornos” に到着です。 
  1459 Sevilla-Arcos 1460 Sevilla-Arcos
写真にある湖みたいなものは、 ”ボルノス貯水池” というものです。
なんか、可愛らしい感じの街でしたねぇ~。 
もし訪れるとすると...宿泊できるところはあるかな???

このボルノスから数分走ったところに、目的地の ”アルコス・デ・ラ・フロンテラ” がありま~す。
バスは街のバスターミナルへと向かいます。
  1461 Estacion de Autobuses de Arcos ←アルコスのバスターミナル

ここの街の第一印象は、田舎の街らしく”とてものんびりした街”という感じです。 なんかのんびり過ごせそう。。。

バスを降りると、椅子に座った見知らぬおじいちゃんが笑顔で何やら話しかけてきました。 もちろんスペイン語で。。。
まぁ笑顔だったから悪いことは言ってなさそうだけど...ごめんなさい。スペイン語をそんなに一度にしゃべられてもわかんないです~。

で、そのあとはバスターミナルの待合室に入って、街の情報や帰りのバスの時刻表などをチェック。
そうしたら、またしても男の人が話しかけてきました。
どうやらこの人はタクシーの運転手らしい。。。
”ホテルまで乗ってかない?” って聞いてきました。
私たちに聞いてくる前には、近くにいたアジア系の男女4人組のグループ(多分、韓国の方)にも声をかけていたみたいで、 ”あちらさんと一緒?” なんて聞かれました。
スペインの人からすれば、アジア系の人なんてみんな一緒に見えるでしょうからねぇ。

まぁ、初めての街とはいえ、事前にホテルの場所もチェックしてあり、そんなに遠くないことはわかっていたのですが、ホテルまでは登り坂が続くようでしたので、思い切ってそのタクシーに乗せてもらうことにしました。
(タクシーはそれ一台しか待っていませんでしたし。。。)
  taxi_2.gif
で、乗ってみるとやっぱり予想された通り、ほんの数分でホテルへと到着。
ただし、ホテルまではずっと上り坂だったので、スーツケースを転がしながらは...やっぱり難しかったかも。

で、これがアルコスで宿泊したホテル ”Hotel Los Olivos” です。
  1470 Arcos ←Hotel Los Olivos
見どころの多い”旧市街”と、”バスターミナル”の中間ぐらいの位置にあるので、どちらにも歩いて行くことができて便利です。

ホテルに到着したらまずチェックイン。 
私たちがチェックインしている間に、ポーターと思われるおじいちゃんが、荷物を持って先に部屋へ。 そして、エアコンをつけて部屋を冷やしておいてくれました。 サービスの良さ・気遣いが感じられました。

ホテルは、こじんまりとしていてアットホームな感じ。
  1476 Hotel Los Olivos 1477 Hotel Los Olivos ←ロビーとパティオ
  1478 Hotel Los Olivos 1474 Hotel Los Olivos 1475 Hotel Los Olivos ←2階のテラス
小綺麗で掃除もきちんと行き届いている素敵なホテルです。

お部屋はこんな感じ。
   1471 Hotel Los Olivos 1472 Hotel Los Olivos

ホテル前では、ひまわり畑の景色を見ることもできます。(写真の黄色いところがひまわり畑)
 1479 Arcos
   
ということで、次回はこのアルコス・デ・ラ・フロンテーラの街を散策したときの様子をお届けします。
himawari.gifhimawari.gifhimawari.gifhimawari.gifhimawari.gif

では。
! Hasta luego !  
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック