2012_10
08
(Mon)08:30

2012 スペインの旅 (トリアナ市場)

! Hola, amigos !  

今日は、セビージャの街のトリアナ市場をご紹介します!

でも、その前に。。。
トリアナ地区ってセビージャのどの辺なのか? 地図を使って説明しておこうかと思います
場所は、イサベル二世橋(地図にはトリアナ橋って書いてあるけど)を渡ってすぐのところ。 赤の枠で名前を囲っておきました。
  トリアナの位置
このあたりは、街の観光名所であるカテドラル、アルカサル、スペイン広場...等々といったところからは少し離れているので、訪れる観光客はあまり多くはありません。
このトリアナ地区には陶器屋さんが多いので、このあたりを訪れる観光客は、だいたいその陶器屋さんを目当てに来る方が多いようですよ。
そのトリアナの陶器屋さんには私たちも行ってきたので、その様子は次回ご紹介しますね。

ということで、早速トリアナ市場の紹介にはいります。
トリアナの市場の入り口は(いくつかあるんですが)、橋を渡ってすぐ右手に見える入口はこんな感じに見えます。
  1023 Mercado de Triana ←トリアナ市場
入り口付近には、タイルに書かれた素敵な絵が飾ってあります。
  1024 Mercado de Triana 1051 Mercado de Triana ←(右)マリア様の絵。
右写真のマリア様の絵は、画家ムリーリョが描いた『無原罪の御宿り』の絵を摸した物のようですね。
ちなみに、ムリーリョ(バルトロメ・エステバン・ムリーリョ)はセビージャ出身の有名な画家で、この『無原罪の御宿り』も何種類か描いていますよ。(マドリッドのプラド美術館にあります。)

さてさて、トリアナ市場に入ったらまずは真っ先にバルへいってビールで喉を潤しました! 
だって...この日も暑かったですからねぇ。
『湿度が低くて日陰に入ると過ごしやすい。』とはいえ、気温43℃の日なたを歩いてくるとさすがにねぇ。。。
で、市場の中を散策する前に、ビールをゴクゴクと飲んでしばし休憩したってわけ。
これがまた...うまかったですよ~。 さいこ~!!!
日本で飲むのと違って、スペインで飲むビールは格別に美味しいですね~。
『日本じゃあまり飲まないけど、スペインでは美味しくって結構飲んじゃった!』ってひとも多いようですよ。
で、スペインの街中でよく見かける銘柄は...
クルスカンポ(Cruzcampo)、マオウ(Mahou)、サン・ミゲル(San Miguel)、エストレージャ(Estrella)あたりですね。 みなさんも一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
詳しくはこっちを見てね → 

ビールをいただいて少し落ち着いたので、写真を撮ることにしました。
で、バルのカウンターのおじちゃんに『写真を撮っていいですか?』って聞いたら快くOKしてくださって...
”せっかく写真を撮るなら!” ということで、わざわざ生ハムとおっきなワインのボトルをカウンターに持ってくれましたよ!!!
  1029 Mercado de Triana ←用意してくれた生ハムとでかボトルのワイン。
その後は、おじちゃんもカウンターから出てきてくれて、一緒に記念撮影となりました~。 
  1028 Mercado de Triana ←バルのおじちゃんと一緒に。
そして、親切にも”トリアナのマップ”と、”セビージャの闘牛の案内のパンフレット”と”ポスター”を下さいました~。
それがこれです。↓
  Trianaパンフ ←トリアナ地区だけの観光パンフレット。
中をみてみると、トリアナ地区にある観光場所とレストランの位置が示してありました。 
参考のために載せておきますね~。
  Mapa de Triana ←緑の丸が観光スポット。
パンフはこんな感じ。 同じデザインのポスターもあります。
残念ながら、開催日は6月17日なので、もう終わっちゃってました~。
  Toros en Sevilla パンフ ←セビージャの闘牛のパンフ。
私たちは闘牛は観に行ったことがないのでよくわからなかったのですが、これ(パンフ)を見ると、観客席がものすごく細かく分けられて、それによって値段も細かく決められているのがわかりました。
よく旅行ガイド等を見ると、”日陰、ひなた、日陰と日向の間というような感じ分けられている” などと説明してありますが、ホントのところはもっと細かく分けられていたんですね~。 ちょっとビックリ!
  SAVE2004.jpg ←とっても細分化されてる座席の値段の表

ということで、ビールを楽しんだ後はバルのおじちゃんにお礼を言って、市場の中の散策をはじめました。
最初は、休憩したバルのすぐそばにあるおみやげ屋さん。
お店の中に入っていろいろと見ているうちに、気に入ったデザインのTシャツと服があったので購入してきました。 ここでは、Tシャツだけご紹介しますね。
  IMG_9011.jpg IMG_9010.jpg ←右はフラメンコの靴が可愛らし。

おみやげ屋さんを出たら、他の市場のお店を見て回りました。
まずはこのお店。
お肉屋さんかと思ったら、ハムやソーセージなどをはじめ、乾物系の物を売っているお店でした。
それにしても、生ハムが魅力的ですね~。
  1030 Mercado de Triana 1031 Mercado de Triana
  1032 Mercado de Triana ←吊されている生ハムが魅惑的です。

お次は、パン屋さん。
甘いお菓子系のパンもたくさん売ってます。
  1033 Mercado de Triana 1034 Mercado de Triana

そして、その次は果物屋さん。 八百屋と果物屋が一緒になっているところは多いですが、ここはほぼ果物専門のお店のようです。 
果物屋さんは彩り豊かなので、市場の中ではとっても目をひかれちゃいますよね~。
  1035 Mercado de Triana 1036 Mercado de Triana
こちらは、野菜も果物もいっしょに売ってるお店。
お店のお姉さんの緑のカーディガンがなかなか映えてますね。
  1037 Mercado de Triana 1038 Mercado de Triana
右写真の中央ちょい左ぐらいにある ”形が潰れたような桃” は、なかなか美味しいですよ。

市場の中にもこんな素敵なタイルが飾られてます。
  1039 Mercado de Triana

あとは、お魚屋さん。 いろんなお魚が並んでいます。
  1040 Mercado de Triana

締めくくりは、市場に来ている人たちなどをご紹介。
  1041 Mercado de Triana 1042 Mercado de Triana ←おばあちゃんと一緒にお買い物?
こちらは、菓子パンみたいなのを売っているお店の前で はしゃぐ子供たちです。 好きなのを買ってもらえるのかな?
  1043 Mercado de Triana ←左の女の子の胸にハローキティが。
そしてこちらは、市場のお店で手伝いをしている少年。 
 1044 Mercado de Triana 
 ↑ お手伝いとは、感心感心。。。
ちなみに、この子が着ているのは、セビージャのサッカーチーム(Sevilla FC)のユニフォームです。
背中に書かれている " MANU " は、昨年5月にセビージャFCに移籍してきた ”マヌエル・デル・モラル・フェルナンド”選手ですね。

市場を歩いていたら劇場を発見しました!
なぜ市場の中に劇場があるのかとっても興味深いですが、何が公演されているのかも興味深いですね。
  1045 Mercado de Triana ←市場内にある劇場。

ということで、トリアナの市場の様子はこんな感じでした~。
印象的だったのは、”市場の中に劇場がある” っていうのもありますが、”観光客が少なくて地元の人たちがほとんどだった。”っていうのと、”とっても明るくて人なつっこい人たちが多かった”ということでした。
は、背中にESPANAって書いてあるポロシャツを着ていたら、お店のおじちゃんに声を掛けられたりしましたよ。  
そんな感じのトリアナ市場。 とっても楽しいところでした。
時には、観光スポットだけではなく、こんな観光客があまり多くない場所をブラブラと歩いてみるのもよいですよ~。

次回は、トリアナのセラミカ(陶器)のお店などをご紹介します。
では。
! Hasta luego ! 
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Re: 画像をお借りしたいのですが

> はじめまして。
ベルルーンさん、はじめまして。
スペインのクマと申します。

> クマさんがお持ちの画像をお借りすることは出来ますでしょうか?

ご連絡頂いた件、ご希望に沿うものがあれば、使っていただいても全然良いと思っています。
ご使用される前に、どの写真をどのような形に加工して使われるのか、必ずご一報くださいね。

それから、今回使用される画像について、ベルルーンさんの出版される本に掲載されるかも
しれないとのことですが...
非常に申し上げにくいのですが、お使いになられる画像に人物が入っている場合、どうなるんでしょうか?
このあたりのことには詳しくないのでわからないのですが、ブログに掲載している写真は個人の
趣味程度のもの(商業目的で撮影していないもの)ですので、写りこんでいる方々すべてに許可をいただい
ているわけではありません。
しかしながら、もちろん個人の趣味とはいえ個人を特定しにくいようには撮影しているつもりです。

出版関係のことについては詳しくないので、大丈夫なのかもしれませんが、万が一このような場合について
問題が発生した場合、こちらでは責任を負いかねるのですが...どうなのでしょうか?

この件がクリアになるのでしたら、全く問題ないと思うのですが、この件についてはどう理解・納得したら
よろしいのでしょうか?
ご連絡頂けると助かります。

では。

2015/06/27 (Sat) 22:35 | スペインのクマ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック