2012_04
30
(Mon)12:30

春の散策 川越 その1:妙善寺~中院

こんにちは。  です。

昨日、天気予報も晴れということでしたので、都内から脚を伸ばして小江戸・川越を訪れてみました。
本日から、その様子を何回かに分けてお届けしようと思います~。

まず、都内から川越に行くには、新宿から西武新宿線に乗っていくのと、池袋から東武東上線に乗っていくのとの二通りあります。
JRで大宮経由の川越線という手もありますが、それはかなりの遠回りなので今回はパス。
で、その二通りの内、西武新宿線はJR新宿駅の構内とつながっていないので、最終的にJRから乗り継ぎしやすい東武東上線で行くことに決めました~。

まず、この池袋駅で今回同行してくれることになったZさんと待ち合わせ。
合流した後、一緒に川越へと向かいました~。
  
30分ほどのると、目的駅の川越駅に到着します。
駅の構内の観光案内所では、川越の街の観光マップがもらえるので、これをいただいたら早速街の散策に出発です!
川越の街を散策するには、駅東口の出口に出ます。
駅前はロータリーになっていて、想像していたより全然大きい街でした! (失礼な話ではありますが...)ちょっとビックリです。

で、その駅前のロータリーには、こんな感じのオブジェがありました。
  001 川越駅前 ←不思議な形...

そし、早速地図を見て、一番近いところにある ”妙善寺” というところを訪れてみることにしました。
行ってみると妙善寺はこんな感じ。。。想像していた感じより、だいぶ新しい造りになっていました。
  002 妙善寺 ←妙善寺
ここのご本尊は、創建当初”薬師如来”だったそうですが、現在は”不動明王”に変わっているそうです。
また、川越の街には ”七福神” を祀ったお寺があり、ここはその中で毘沙門天が安置された第一番目のお寺になっています。
さらに、境内には”慈母観音像””さつまいも地蔵”が安置されていて、”さつまいも地蔵”の方は、毎年10月13日に”いも供養”が行われるんですって。
どうやらここは、さつまいもで有名なお土地柄のようです。。。
  aute yakiimo
  003 妙善寺 ←慈母観音像。お花に囲まれてます~。
それにしても...天気が良いのはよいけれど、今日はだいぶ暑いですね~。
  004 妙善寺

そして、次に向かったのは ”中院” というところ。
説明によると、もともと星野山無量寿寺仏地院(天台宗)という名前(長い...)で、 北院(現在の喜多院)、中院、そして南院(現在は廃院。昔は多聞院と呼ばれていたそう。)の三つから成っていたそうです。
廃院となってしまっている南院は、現在住宅地に囲まれた一画に”地蔵菩薩像”などが残されているだけになっています。→南院跡地の様子。
私たちが妙善寺から中院まで歩いてきた途中、偶然、Zさんが『こういうところって写真は撮れないよね~。』って言っていたところが南院の跡地だったようでした。。。

で、私たちが中院に到着して最初に見学したのは、この鐘楼。
左手に墓地があるのが気になりましたが...なかなか雰囲気のある鐘楼でした。
  005 中院 006 中院 ←中院の鐘楼
この鐘楼を通り抜けると、花と新緑で素敵な風景になっています。
  007 中院 ←正面にはお堂があるようです。

さて、あらためて正面に回って本堂?の方に行ってみます。
こちらがその正面部分の山門。
  008 中院 ←中院の山門
門をくぐって中に入ると、境内はキレイに整備されていて、新緑も素敵な感じになっています。
  009 中院 ←境内から山門を望む景色
で、こちらがその正面にある中院の本堂です~。
  010 中院

ここの境内には、 ”出世観音像” や島崎藤村ゆかりの茶室 ”不染亭” というものもあります。
出世観音像→011 中院 012 中院 ←茶室”不染亭”
  013 中院 ←ステキな雰囲気に整備された境内...
ここの北側には、もう一つ朱塗りの門があり、そちらの方はこのような感じになっています。
  014 中院 016 中院 ←もう一つの北側の門
この界隈は、川越観光のメインのスポットから外れているからか、訪れる観光客もほどほどで、落ち着いてのんびり観光できますよ~。 
(後日お届けしますが、メインの観光スポットの方は、かなりの人出でしたよ。)
落ち着いて観光したい人には、ちょっとオススメです。
  
ということで、今回はここまで。
  川越散策マップ1 ←今回の散策マップ
次回は、この中院の近くに位置する ”仙波東照宮” と ”喜多院(北院)” の散策の様子をお送りしま~す。

では。
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック