2012_04
27
(Fri)11:00

春の都内散策 その2(深川界隈)

こんにちは~。
今日も朝から雨が降っていて、気分的にはちょっと暗くなりがち。。。
そんな時は、楽しかった週末のことなどを思い出しながら、元気に今日を乗り切りましょう!
今日を乗り切れば、明日からはゴールデンウイークですから!!! 

ということで、今日は、前回に続きまして”春の都内散策”をおおくりします。 

今回は、清澄庭園から深川不動までのところをお届けします。
清澄庭園を出たら、清澄通りを少し歩き、ちょっと風情の残る ”深川資料館通り” に入っていきます。
  121 深川 ←通りの駄菓子屋の前。
ここを歩いて行くと、通りの名前にもあるように ”深川江戸資料館” がありますよ。

通りの歩道にあるポールには、このような洒落た形がデザインされてます。
深川といえば、アサリの入った”深川めし”ですが...これはどうみてもカタツムリ。。。 その理由は不明です。 (他に、小鳥がデザインされたポールもあるようです。)
  128 深川 129 深川 ←なぜカタツムリ???

しばらくこの通りを進み、右手の路地をちょっと入ると、”出世不動” というところがあります。
名前からすると、ちょっと殺伐とした風も感じますが、綺麗な花がたくさん咲いていて、なかなかの風情もあるステキなところでしたよ。
まぁ、出世するかしないかは別として、、、
  125 深川 124 深川 126 深川

さて、ここからは南の方へ真っ直ぐ歩いて深川不動を目指します。
清澄白河からは、大江戸線で駅一つ分(門前仲町)の距離のところにあるので、全然歩いて行けますよ!
え、これがその ”深川不動”さんです~。 
ちゃんというと ”成田山 深川不動堂” っていうらしいですわ。
  130 深川不動 ←参拝者もひっきりなしに訪れてます。(旧本堂)
ちょうど訪れた時に、深川龍神の前にて経が読まれるところでした。
  133 深川不動 ←経を読みに出てきた僧の方。
  137 深川不動 ←こちらが深川龍神と呼ばれているところ。

この境内を出て正面の参道を歩くと、そこかしこに風情が感じられました。
  144 深川不動 145 深川不動 ←参道途中の永代寺と風情のある菓子屋。

この界隈を散策するもなかなか楽しいもんですね。
そして、清澄白河から深川不動へ歩いてくる途中に ”仙台堀川” を渡るのですが、この川沿いに桜の木がたくさん植えられているのを発見しました。(都内のお花見スポットの一つでもあるようです。)
時期が遅かったので、ここの桜の木が満開の様子を見ることはできませんでしたが、ここはなかなかのお花見スポットですよ!
来年は、是非、ここの桜が満開のときに訪れてみたいですね~。

ということで、今日はこの辺で。
では。
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック