2012_02
26
(Sun)11:00

2011秋 スペインの旅 (バルセロナ その11)

! Hola, amigos !  

今日は、バルセロナのバルで晩ご飯をいただいたときの様子をご紹介しま~す。 
例によってバルの梯子(はしご)は出来ませんでしたけど。。。
(一件目のお店で、つい食べたいだけ食べちゃうので、いつも『バルのはしご』ができないんです~。)

で、入ったお店はここ。 グラシア通り沿いにある "EMPORTA'T EL TXAPELA" というお店。 ピンチョスのチェーン店みたいです。
英語も通じる (英語で自慢げにピンチョスをテイクアウトしていった若い日本人カップルもいましたが...) ので、気楽に入って注文することが出来ます。 

でも、お店の名前は...なんて読むんだろ?
お店の名前の意味の方は、EMPORTA'T が カタルーニャ語で 『~を取る』 って意味らしくて、 TXAPELA というのが、バスク語で 『トロフィー』 という意味。 合わせると... 『トロフィーを取る』って意味になりますが...それでいいのかなぁ。
”ベレー帽をかぶっているバスク地方のおじちゃん” がトレードマークになってますね。
  SAVE1967.jpg
お店の中に入ってみるとこんな感じ。 
大通りに面しているし、、、観光客用のお店なのかな?
  37420 Cafe Fiorino ←カウンター席から見た様子。

それでも、カウンターのケースの中には美味しそうなピンチョスがたくさんありますよ!!!
  37430 Cafe Fiorino 37440 Cafe Fiorino
  37445 Cafe Fiorino 37450 Cafe Fiorino
  37460 Cafe Fiorino
※ ”ピンチョス” とは、 ”爪楊枝(ピンチョ)で具材を留めてあるタパス” みたいなものです。
 基本、タパスと同じです。主に、スペインの北の方(バスク地方周辺)のバルで出されます。

オーダーは実際の”ケースの中のもの”から選ぶことも出来ますし、ランチョン・マット用に敷かれた”メニューが書かれた紙”や、”カタログ”からもできますよ。
  SAVE1965.jpg ←お店でもらったメニュー・カタログです。 種類も豊富!!!
  37492 Cafe Fiorino

ピンチョスを堪能したら、夜の街を楽しみながらホテルへと帰ります。
カサ・バトリョの夜景は結構キレイですよ~。
  37520 Casa Batllo 37530 Casa Batllo ←ライトアップされたカサ・バトリョ。
  37550 Casa Batllo 37590 Casa Batllo

通りを歩いていると、こんな自動販売機を発見!
これまた、バルセロナらしいですね~。
  37594 Casa Batllo ←モザイクタイルで描かれたようなデザイン。
こんな夜景を楽しみながらホテルまで無事帰りました~。

ということで、今日はここまで。
この次は、バルセロナからちょっとショートトリップしたときの様子をお届けします。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック