2012_02
16
(Thu)11:00

2011秋 スペインの旅 (バルセロナ その1 ランブラス通り)

! Hola, amigos !  

今回からは、久しぶりのバルセロナ散策の様子をお届けします~。
初日は、コルドバからバルセロナに着いたばかりということもあり、簡単な”プレ散策”をすることにしました。
では、バルセロナ観光の始まり始まり~。rakugoka_lay.gif

まずは、観光客でいちばん賑わっている ”ランブラス通り” に行ってみることにしました。

ランブラス(Ramblas)とは、もともと ”大雨などによって出来る水路・雨溝” のことを指すのだそうですが、バルセロナでは ”大通り・遊歩道” をランブラスと呼ぶようになったそうです。
ちなみに、マドリッドでは大通り・遊歩道を ”Paseo:パセオ” と呼びます。

ランブラス通りにいったら、まず最初は通りの入り口付近にある ”カナレタスの泉:La Fuente de Canaletas” にご挨拶。
この ”カナレタスの泉” の水を飲むと、またバルセロナを訪れることが出来るという伝説があるんですよ。
  33160 Las Ramblas 33180 Las Ramblas ←カナレタスの泉
レバー式の蛇口なので、片手だけで水を飲むのは難しいです...

そして、これがランブラス通りの様子。 お祭りがあるせいか、すごく混んでますね~。
  33190 Las Ramblas 33200 Las Ramblas ←ランブラス通りの様子。

ところで、、、
このランブラス通りには、あちらこちらに椅子が置かれているのですが、ここに座っていると帽子をかぶったおじいさんが ”座り賃” を徴収しにくるという話ですよ。
で、その”座り賃”を払うと、その代わりにチケットをくれるらしいです。
私はこのおじいさんに会ったことがないのでわかりませんが、一応、このおじいさんはバルセロナ市の職員らしいです。 この”座り賃”だけでおじいさんお給料がまかなわれているとか。。。 現在でもこういった制度があるかどうかわかりませんが、今度訪れたらチェックしてみようかと思います~。

さてさて、そんなランブラス通りには、いろいろな大道芸人(アートメイク)をしている人たちがたくさんいます。 これはその中の一人なんですが...女の子たちは ”ジェラートに夢中!” って感じで、後ろを通り過ぎていきますねぇ~。 ”ジェラートの魅力には勝てず!” ってところでしょうか。
  33220 Las Ramblas street_per-tap.gif 

これは、この通り沿いに唯一ある教会 ”ベレン(ベツレム)教会:Iglesia de Belen” です。
  33210 Iglesia de la Madre de Dios de Belen 33215 Iglesia de la Madre de Dios de Belen ←ベレン教会の正面入り口
入口は閉まっているので入れな~い!  そういえば、開いているのを見たことないなぁ。

このベレン教会にすぐ近くに、 ”パラウ・デ・ラ・ビレイナ:Palau de la Virreina” という建物があります。
18世紀後半に建てられた古い建物です。
現在はバルセロナ市の持ち物となっていて、インフォメーションやイベント会場などとして使われているそうですよ。 
この日は、メルセのお祭りのイベントを何かやっているようですね~。
  33240 Palau de la Virreina ←パラウ・デ・ラ・ビレイナの入口

ここでちょっと、以前にもご紹介したバルセロナ最大のお祭り ”メルセのお祭り” っていうのをもう一度ご紹介しておきましょう!

この 『メルセ(メルセド)祭り』 は、バルセロナ最大のお祭りで、街の守護聖母メルセ(Merced)の記念日である9月24日付近の5日間に、いろいろな宗教行事やパレード、演劇祭、音楽祭、映画祭、絵画展などが行われるんです。
もともとこのお祭りは、厄災からバルセロナの街を守ったといわれている”聖女メルセ”のため、教会などで感謝の祈りを行っていたのが始まりのようです。
そんなメルセのお祭りでもっとも盛り上がるのは、背丈が10mぐらいある 巨大人形 ”ヒガンテス:Gigantes”のパレード と ”人間の塔 (Castellers)” です。
特に、人間の塔は人気があって、カタルーニャ自治政府庁とバルセロナ市庁舎のある 『サン・ジャウマ広場』 で行われます。
”人間の塔”の様子→145 Castellers Merce.jpg ←2011年のメルセ祭りのポスター

ということで、パラウ・デ・ラ・ビレイナの建物の中に入ってみると...
ありました! ヒガンテスの巨大人形たちが!!! お祭りの期間中はこうやって飾っておくんでしょうね~。
  33250 Palau de la Virreina 33310 Palau de la Virreina ←巨大人形の前で記念撮影
イスラム系の人(王様と女王様)の人形もいます。 たぶん、これらに人形たちそれぞれに、いろいろな伝説やらがあるんでしょうけど...残念ながらそこまではわかりませ~ん。

人間の他にも、こういったワシ・牛・ライオンなどもいます。
口が開いているものには、飾り付けが口の中に押し込まれています。 綺麗だけど...かわいそうですなぁ。
  33260 Palau de la Virreina 33280 Palau de la Virreina 33360 Palau de la Virreina
牛以外は王冠をかぶってますね~。

動物の他には、伝説の生き物であるドラゴンもいます。
左写真が雄のドラゴンで、右写真が雌のドラゴンですよね。 雄の方は...豚っ鼻で迫力ないなぁ。。。 
  33300 Palau de la Virreina 33290 Palau de la Virreina ←ドラゴンもいるよ!

この建物の奥に入っていくと、こんな感じの吹き抜けの中庭”パティオ”があります。
  33340 Palau de la Virreina
ちょっとだけ二階の方にもいけるところがありましたが、行ってみても何もありませんでした。
  33350 Palau de la Virreina

今回のご紹介はここまで。
次回は、観光客なら必ず行きたくなる ”サンジュゼップ市場(ボケーリア)” をご紹介します。

では。
! Hasta luego ! 
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック