2017_06
21
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その4 タホ川)

? Todo bien ? 

今日は、タホ川の河畔の道を散策した時の様子をお届けします。
このタホ川、 スペインでは ”タホ川” ですが、ポルトガルでは ”テージョ川” と呼ばれます。
スペルはどちらも ”Tajo” 。
その始まりは遠くクエンカ、テルエル周辺で、アランフェス、トレド、タラベラと流れ、最後はポルトガルのリスボンで大西洋へと流れ込みます。
これはイベリア半島で一番長い川だそうですよ。
 
ということで、今回はそのタホ川沿いを散策~。くまねこあるき
赤く見える橋は レイナ・ソフィア橋です。
00266 Talavera de la Reina

川沿いの通り(カリニョ通り)をしばらく歩いていくと、ポツポツと陶製のタイルを売るお店がありました。
00268M Talavera de la Reina

こちらのウィンドウには、今風のちょっとポップなタイルもありましたよ。
00269M Talavera de la Reina

そして、さらに歩いていくと...
きれいなタイル画の壁が現れました!
00271 Talavera de la Reina

タイル画には、魚を捕っている人たちの姿がデザインされています。
00274M Talavera de la Reina

こちらも魚を捕っている人たちの図柄。
この街は、昔は川の魚を捕って暮らしていたんでしょうか?
00275M Talavera de la Reina

そして、このタイル画の壁がある場所には、この地域の ”民族博物館:museo etnografico” がありますよ。 →HPはここ
00278 Talavera de la Reina

ここにはこんな感じの場所があります。
ここには、入り口はないみたい。。。
広場の向こうに見える建物は、サンタ・カタリーナ教会です。
00276 Talavera de la Reina

この広場お隣には、ツーリスト・インフォメーションがありますよ。
なので、ここで街の情報を入手しましょう!

受付には、係の女性の方がいましたので、早速街の地図をもらって主な観光名所などを聞いてみました。
すると...
『あなたたちいつまでこの街にいるの?』
『今日、マドリッドへ戻ります。』
『そしたら、これからあなたたちが観られる観光場所は...    無いわ!!!
『え~っ!!! あはは~っ!』neko tanoshii

係のお姉さんも陽気な人でしたから、明るくそう言われちゃうとみんなで大笑いするしかなかった!
だって、もうどうしよう無いですからね~。
たぶん、この日が月曜日だったのもいけなかったんでしょう。 月曜日はお休みのところが多いですから。

『どちらからいらしたんですか?』
『日本からです。』
『そうでしたか。残念です。 また今度来てくださいね。』って。

で、とりあえず地図を見ながら、街の観光名所を教えていただきました。(下の地図をご参照ください)
0002_20170613221108233.jpg

ツーリスト・インフォメーションでいろいろ聞いた後は、目の前のタホ川に架かる橋に行ってみました。
石積みと煉瓦でできた橋で、 ”ロマノ橋” と呼ばれています。
00280 Talavera de la Reina

この橋を歩いていき、途中で街の方を振り返ってみるとこんな感じに見えます。
サンタ・カタリーナ教会が素敵に見えますね~。
00282 Talavera de la Reina

こちらが、タラベラのタホ川の流れです。
00283 Talavera de la Reina

この先は、きれいな花の咲くカリニョ通りをしばらく歩いていきます。
00293 Talavera de la Reina
     くまねこあるき2

この先の様子は、また次回ということで。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック