2017_02
13
(Mon)08:30

2015 秋のスペイン旅 (モンテフリオ その3)

Hola a todos.  
? Como estais ?

今日は、モンテフリオの街の教会 ”Iglesia de la villa” の中の様子をご紹介します。

開館時間をちょっと過ぎた頃、係の方が来て教会の扉を開けてくれました。
入館料は2.5€/人。 (大体¥300ぐらい)
内部の展示の様子を考えると...
どうでしょう? 
ちょっと高いと思われるかもしれませんが、これも 『教会保全のための募金』 と考えれば、まあそんな値段なのかもしれません。

では、まず正面の主祭壇の様子から。
たぶん...昔はここに祭壇があったのでしょう。。。
     angel_2_201309052207092d8.gif
で、ここで街・教会の歴史を説明するビデオが流されます。
そのビデオによると... 
この教会は一度破壊され、その後に再建されたものとのことでした。
2112 Iglesia de la villa
ちなみに、上の写真左二人が観光のご夫婦で、右の女性が教会の係の方です。

ビデオが放映し終わると、周りの展示品やパネルを見学し、その後、階段を登って塔の上へと行ってみます。
正直なところ...
これが内部見学の一番の見どころかも。

で、これが上写真中の左上にあるテラスのようなところから見た様子です。
ドーム部分が近くに見えます。
2114 Iglesia de la villa-M

壁として積み上げられた石には、それぞれいろいろな記号が書かれています。
何か意味があるんでしょうねぇ。。。
2116 Iglesia de la villa

さらにここから上へと階段を登っていくと...
塔の上の部分(鐘楼)へ出ます。
ここには東西南北の景色の説明用パネルがおかれていました~。
こちらはその一つ、北の景色を示すパネルです。
2119 Iglesia de la villa

パネルの左側の写真は ”ATALAYAS” って書いてあります。
これは、スペイン語で ”監視塔” という意味。
この地域は、レコンキスタ時代にイスラム教徒やキリスト教徒があちこちの高台に監視塔を建てられています。
このモンテフリオ周辺にもたくさんの監視塔が建てられました。
パネル写真中にある上の二つのオレンジマークは、ここから北に見える二つの監視塔を表しているようです。
この時は...見えませんでしたけど。。。
天気が悪すぎたのかなぁー。

ちなみに。
以前ご紹介した街 ”アルカラ・ラ・レアル” のお城にもこの ”Atalayas” の紹介がありましたよ。
興味のある方は、こちらからブログをどうぞ! →アルカラ・ラ・レアル

で、東の方を見るとこんな感じ!
眼下には、素敵な街の様子が一望できます!
でも...つくづく天気が良かったらなぁ...と。
2121 Iglesia de la villa

こちらは西の方角の景色。
オリーブ畑が広がってます。
2124 Iglesia de la villa-M

さて。
こんな感じで塔の上の見学は終了!
次は、下写真中の ”小高い丘の上の崖の方” に行ってみます。
ここには、この教会と街がきれいに見える ”展望台” があるようなので。
2122 Iglesia de la villa-M

その様子は、また次回!
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック