2016_08
05
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅! ダイジェスト:その4  グルメ旅(3)

! Hola amigos !
? Como estais ?
  
暑い日が続きますが、みなさん元気にしてますか?

さて、今日も先日行ってきたスペインの旅の様子をダイジェストでお届けします!
今回は、まずスペインとフランスの国境の街 ”オンダリビア” をちょっとだけご紹介します。

フランスとの国境にある街ということで、国境を流れるビダソア川の対岸にはフランスのエンダイエという街が見えます。
17 オンダリビア
ここでは、観光用に対岸の街へ行ける渡し船が行き来しています。
これに乗ってエンダイエの街に行ってみるのもいいですね。

やはりフランスの影響を受けている街ですね。
でも、スペインらしさがうまくミックスされた感じで素敵な街でしたよ。
街にはこんな可愛らしい広場があります。
18 オンダリビア

そしてこんな素敵な通りも。
ここを訪れたらみんなカメラを手に写真を撮りたくなっちゃうことうけあいです! 
19 オンダリビア


さて、そんな素敵なオンダリビアに続いて、 次は”ビトリア”という街へ移動しました。
ビトリアは大きな街で、古くからこの地方の商業的な中心として栄えてきた街です。
街の観光の中心である旧市街の入口には、とっても素敵な ”ヴィルヘン・ブランカ広場” があります。
20 ビトリア

そして、その旧市街の中心には、街のランドマーク ”サンタ・マリア大聖堂” があります。
現在、この大聖堂は大規模な修復中なのですが、ガイドツアーに参加すれば内部を見学することができますよ。
ツアーでは、カテドラル(大聖堂)の修復の様子やビトリアの街の歴史などについて知ることができます。 ですので、街を訪れたらぜひ訪れておきたいですね。
21 ビトリア

そして、ビトリアといえば、知る人ぞ知る美食の街でもあります。
美食の街としては、先日ご紹介したサンセバスチャンが超有名なのですが、そのサンセバスチャンに勝るとも劣らない美味しいお料理が比較的安く食べられるんですよ!
24 ビトリア ←街のバルで。

さらに、こちらも知る人ぞ知るなんですが、ビトリアの街は ”トランプの街”  としても有名なんです。
カジノで有名なラスベガスやモナコなどでは、この街で作られたトランプが使われているらしいですよ。
そのため、街には ”トランプ博物館” があるんです。
私たちは今回行けずじまいでしたので、次回訪れたときは絶対に行こうと思います!
そのせいか...街にはこんなトランプの図柄っぽい絵が描かれている場所もあります。
23 ビトリア

そして最後にもう一つ。
ビトリアの街は、スペインの中でもジャズで有名な街なんです。
毎年7月には、ジャズ・フェスティバルが開かれています。
私たちが訪れた時もそのフェスティバルの最中で、街のあちこちでジャズが演奏されていて、素敵な音楽が街にあふれていましたよ~。
25 ビトリア

また、このビトリアの街には、とっても素敵な日本人女性の方が住んでいらっしゃっていて、チョコレート屋さんを営んでいらっしゃいます。 お店の名前は ”La Pena Dulce” といいます。
ビトリアの街を訪れたらぜひ訪れてみてくださいね。
26 ビトリア

私たちは残念ながらその方にお会いできませんでしたが、その代わりお店にお伺いしてチョコレートなどをいくつか購入してきましたよ。
とってもおいしかったです。
27 ビトリア

ブログもやっていらっしゃるので、訪れる際には是非そのブログを参考にして行ってみてくださいね。
→ http://ameblo.jp/cafeconnata/

ということで、スペイン北部のバスク地方散策はこれにて終了~。
次回は、今回のスペイン旅の最後 マドリッドでの様子をダイジェストでお届けします。
お楽しみに~。

では。  23 ミニミニてあげくまもん pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック