2016_05
18
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その11)

! Hola a todos !  
! Buenos dias ! おはよーございます!

今回は久しぶりの更新になってしまいました。
その間、スペインではサッカーのリーガ・エスパニョーラが閉幕しました。 
その結果、今シーズン(2015-2016)のリーグ優勝は FCバルセロナ に決定しました!
     pan015  
ヨーロッパ各国のリーグで優勝チームが続々と決まっていく中、スペインのリーガだけは最後の最後までもつれましたね。
その最後まで優勝を争った相手はやはりレアル・マドリード。 勝ち点差1で敗れてしまいましたが、ジダン監督のもと最後まで頑張りを見せてくれました! 来シーズンはきっとやってくれることでしょう!

ところで、日本ではレアル・マドリードのことをよく ”レアル” と呼んでいますが、現地では ”マドリー” と呼ぶ方が主流のようです。 リーガでは、チームの名前の最初にこの ”レアル”(意味:王の、王立の) とつくところはたくさんありますからね。
ちなみに、マドリッド市内のもう一つのチームアトレティコ・マドリードは、”アトレティ” と呼ばれているみたいですよ。

さて、サッカーといえば...
今週末にヨーロッパ最強のクラブチームを競う ”UEFA Champions League” の決勝が行われます。
決勝は一昨年度の対戦の再現!
マドリードのクラブチームの両雄 ”マドリー” と ”アトレティ” による ”マドリード・ダービー” となりました~。
ヨーロッパNo.1のサッカーのリーグを、よく 「イングランドの”プレミア”だ!」 とか 「ドイツの ”ブンデス” だ!」 などとおっしゃる方々が多いようですが...
やっぱり、スペインの ”リーガ・エスパニョーラ” でしょ!
こりゃ間違いないですよ。 
ちなみに、日本のサッカー通の大半の方々が予想していたバイエルンは、残念ながら準決勝でアトレティコに負けてしまいました。  (ぷぷぷっ。 相変わらず見る目ないなぁ)

そして、この試合が終わると例年ならサッカーシーズンはほぼ終了! 
となるところなのですが...
今年は、この時期にヨーロッパのサッカー強豪国が一堂に会する ”EURO 2016 フランス大会” が開催されます!
バンザーイ! 
”実質W杯より厳しい大会” と言われるだけあって、どの対戦も見逃せない好カードが揃っています。
こちらもまたサッカーファンにはたまらない大会ですよね~。

と、久しぶりに熱くサッカーの話題を語ってしまいましたが...
ここからは、前回から続いているスペイン、アンダルシアの街 ”アルカラ・ラ・レアル散策”の様子をお届けしまーす。
前回は、バルでお昼ご飯?をいただいたところまででしたね。
今回はその後の散策の様子をご紹介しますよ。
  くまねこあるき
バルを出てしばらく通りを歩いていくと、その通りの角にこんなものを見つけました。
時計が地面に埋め込まれてます(笑)。 
もちろんここは時計やさんのお店の前です。(お店は開いてませんでした。)
地面に時計があるのって、日時計以外では流石にみたことないですね~。
1841 Ayuntamiento-M

そして、この近くに教会を発見。
でも、この教会も中には入れそうにないです。 この日はどこも都合が悪かったみたい。。。
1850 Iglesia de Angustias
この教会は ”Iglesia Ntra. Sra. de las Angustias” といいます。
18世紀に建てられたもののようですね。
1851 Iglesia de Angustias

この教会も開いてないので、また次のところへ移動します。
こんな感じのしっとりした路地を抜けていきますよ。
1852 Alcala

路地を抜けると、街の中央を貫く大通りの一つ ”ラス・メルセデス通り" へと出ました。
写真にある ”耳” の形をした看板は、補聴器などを売っているお店の看板です。 
日本でも江戸時代にはこういった ”絵をひと眼れば何を売るお店かがわかる看板” ってのがありましたねぇ。
1854 Iglesia de Encarnacion

さらに進んでいくと、通りにこのような教会らしき建物が。。。
ここは、エンカルナシオン修道院(教会)です。 
1858 Iglesia de Encarnacion
ここも開いてないようですね~。  祝日はダメなのかも。。。
1860 Iglesia de Encarnacion-M

さらに通りを進んでいくと、立派な建物が現れましたよ。
ここは、”Palacio Abacial:アバシアル宮殿” と呼ばれています。 
直訳すると ”修道院長の宮殿” ってことになりますね。
修道院の長がこんな立派な建物に住めるなんて、昔の教会は絶大な権力を持っていたんでしょうね~。
1866 Palacio Abacial

今はこの宮殿は博物館(El Museo Municipal de Alcalá la Real)として使われています。
内部には街の文化的遺産などが展示されているようですよ。 
後で知ったのですが... 建物内部にある中庭を囲む回廊がなかなか素敵! 
ちょっと入ってみても良かったかも。。。
1868 Palacio Abacial

ここからすぐのところに、街一番のおおきな公園?広場?があります。
で、その広場の入り口のところに、こんな感じの ”昔の城壁” みたいなものが設置されている場所があります。
現在は、泉みたいな感じで使われているようです。 この場所の名前はよくわかりません。。。
1869 Pilar de los Alamos

壁には古そうな感じのレリーフが残されていますね。
1870 Pilar de los Alamos

ここを過ぎると、もう街で一番大きな公園にたどり着きます。 ここが街の中心地と言っても良いでしょうね。
ここまでくると建物に邪魔されずに街のランドマークであるモタ城が眺められます。
1873 Paseo de los Alamos

さて、この時点で少し雲行きが怪しくなってきちゃったのですが...
この街一番の見晴らしの良い場所があるので、急いでそちらの方に行ってみることにしました!
で、その様子はまた次回。
お楽しみに!

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック