2016_04
05
(Tue)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル モタ城:その4)

! Hola a todos !  

オラ! 
先週末から天気の良くない日が続いていますね。
各地で桜が満開を迎えていますが、こう天気が良くないとちょっと残念な感じがします。
はやく青空のもとで満開の桜が観られる日が来て欲しいですね。

ってことで、先々週の末に近くの公園で撮影した桜の写真を掲載します。
近所の駅前にも素敵な桜並木の通りがあり、こちらの方もかなり花が開いていましたよ。
わざわざTVで紹介するような ”桜の名所” に行かなくても、近所で結構 桜は楽しめます。
IMG_2990.jpg
     icon_anisakura02.gif icon_anisakura01.gif

さて、では今日のスペインのお話。
今日もご紹介するのは、アルカラ・ラ・レアルという街にあるモタ城(Fortareza de la Mota)。
今回は、その中でも ”Alcazaba:アルカサバ” と呼ばれる部分をご紹介します。
この場所は、下の写真の塔があるところ一帯をさしています。 
この写真の塔は ”Torre del Homenaje:誓い(敬意・賞賛)の塔” と呼ばれています。
1640 Castillo en Alcala

地図で説明すると、青枠で囲った部分ですね。
(※水色の線で示したのは、これまで歩いてきたルートです。)
mapa de Fortaleza de la Mota 5

”アルカサバ” っていうのは、スペイン語で ”お城・砦” って意味。
スペイン語には同じように ”お城” を示す単語に ”カスティージョ” というものもあるんですけど、同じ意味でも ”アルカサバ” の方はアラビア語を起源とした言葉らしいんです。
ご存じの通り、スペインのあるイベリア半島はおよそ西暦700年から1500年の間、ムスリム勢力(イスラム教徒)に支配されていた時代がありました。 このときの名残でスペインには ”アラビア語を語源とする単語” があるようなんです。
i特に、今回の ”アルカサバ:alcazaba” といったように、単語の最初に ”al” がつくものはアラビア語を語源とするものが多いです。
というのも ” al:アル ” はアラビア語では ”定冠詞” にあたるからなんだそうです。
ですので、 alcazar(お城・砦・王宮)、alcohol(アルコール)、almendra(アーモンド)、algodón(綿)、almacen(倉庫)... などは、アラビア語を語源とした単語です。 他にもたくさんありますので、興味があったら調べてみてはいかがでしょうか?
ちなみに ”al” がつくものすべてがアラビア語を語源としているわけではいませんのでご注意を!)

では、早速アルカサバの中に入っていきますね。
入口は ”Torre del Homenaje” にあります。
1649 Castillo en Alcala ←塔の入口に入ったところ

...と入ってはみたものの、すぐに反対側の出口へ出てしまいました。
そこはこんな感じのちょっとした広場になっていましたよ。
ここは、アルカサバ内にある ”El Patio de Armas:兵器・部隊の中庭” と呼ばれるところです。
1650 Castillo en Alcala

このアルマスの中庭からは、もう一つの塔 ”Torre de la Campana:カンパーナの塔” が見えます。
次は、そのカンパーナの塔へと入っていきますよ。
1651 Castillo en Alcala

まず最初に塔の一階部分に入ってみると...
ちょっとした展示ルームになっていて、イスラム統治時代の生活の様子などが展示されていました。
1652 Castillo en Alcala

そして、これらは当時使用されていた物。 出土品なんでしょうかね?
1653 Castillo en Alcala 1655 Castillo en Alcala-M
右下写真の石板には、あきらかにアラビア語らしい模様がみられますね~。
1654 Castillo en Alcala-M 1657 Castillo en Alcala-M

さて、続いてはこの塔の二階部分へと進んで行きます。
1658 Castillo en Alcala ←外階段を上って二階へ。

で、二階部分にも展示がされていました。
ここは、このお城を中心とした街の防御システムの様子が展示されていましたよ。
まずは、このお城のある地域一帯のジオラマ。
小高い丘の上にあることが一目でわかります。
1660 Castillo en Alcala

そして、街の周囲にあるいくつもの ”監視塔” の様子が紹介してあります。
これらの監視塔で常に周囲を警戒・監視し、もし街の外から敵が攻めてきたら、いち早く情報をお城に知らせるようなシステムになっていたようです。
1661 Castillo en Alcala 1663 Castillo en Alcala

これらの塔は、時代によって少しずつ形が変わっていったようですねー。
9世紀から14世紀中ごろまでに建てられた塔は左のシンプルな円筒の形をしたもので、右のちょっと装飾された感じの塔は、その後から15世紀末までに建てられたものです。
1662 Castillo en Alcala

さてさて、これらの展示を見学した後は、更に階段を上って塔の上に。
1665 Castillo en Alcala

階段を登りきると、そこは塔の頂上へ出ました~。
1666 Castillo en Alcala

ここからの景色はこんな感じ。 遠くにテーブル形の山?丘?が見えますね。
1668 Castillo en Alcala

別の方角をみるとこんな感じ。
このあたりもオリーブの生産地でありますので、オリーブの木がいっぱい植えられています。
1667 Castillo en Alcala-M

こちらは城内にある教会。 後ろ姿です。
1669 Castillo en Alcala

こちらも城内の様子。
当時たくさんあった建物の基礎部分が残されているところですね。
1672 Castillo en Alcala-M

ということで、次は最初に入った ”オメナヘの塔” へもう一度戻ります。
こちらの塔より高い塔です。
今度入るのは、塔の2階?部分です。 中はどんな感じになっているのでしょうかねー。
1670 Castillo en Alcala

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック