2016_01
07
(Thu)08:30

2015 秋のスペイン旅 (プリエゴ・デ・コルドバ その7:アウロラ教会)

! Hola a todos !  

今日は、先日に続いてスペイン・プリエゴの街の教会 ”アウロラ教会” をご紹介します。
アウロラ教会と簡単に言ってしまいましたが、正式には ”イグレシア・デ・ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アウロラ・デ・プリエゴ” とちょっと長い名前です。 
この教会は、先日ご紹介したサン・フランシスコ教会から歩いてすぐのところにありますよ。
場所(行き方)は下の地図をご参考に。
Mapa de Priego 51

写真は、サン・フランシスコ教会から歩いていった時の様子。 
プリエゴは田舎町だけに、こんな感じでお年寄りが多いのかも。
0521 Priego-M

この通りを抜けるとすぐにアウロラ教会の前に出ます。
最初に訪れた時は雲りだったのですが、午後には晴れたのでもう一度訪れてみました。
写真はその時の様子です。 こんな感じで、青空のもと教会が綺麗に見えました。
0526 Iglesia de la Aurora

教会正面入り口はこちらなのですが、閉ざされたままになっています。
見学は正面右側にある入口から入れるようになっていますよ。
0528 Iglesia de la Aurora

そして、この教会の前には十字架が建っているんですが、、、、それがなんと!道路の真ん中に建てられているんです~。
道路の真ん中にあるので、道が十字架を避けるようにつくられていますよ。
0527 Iglesia de la Aurora-M ←教会前の十字架

こんな感じで、ここで写真を撮っていると、、、
通りすがりの地元の女性に声をかけられました。
「あななたち、日本人?」 って聞いてきたので、ここで少々お話をすることに。
どうもこの女性、「私もこの間まで日本に行っていてね、日本に友人がいて...」 なんて話をしていました。
そのお友達の名前は...男性で ”トシヒコ” だったか ”トシハル"だったか... 忘れちゃいました。 あはは...。
で、その方に名刺をいただきましたよ。 
これがそれ。 近くの宿屋の名刺です。
「今度この街に来た時はこの宿に泊まってね。」 ってことみたい?  
この方、この宿の関係者みたいですね。
この宿屋は、ちゃんとネットにものっています。 なかなか良さそうなところです。 ⇒ Casa del Rey
0524 tarjeta de Casa del Rey Priego 1 0523 tarjeta de Casa del Rey Priego 2 ←このお店

で、最後の別れ際にちょっとしたお菓子をくださいました。
また、「時間があったらそこのお店に寄ってみて。」 って。  
そのお店は野菜・果物から生活用品までいろいろ売っている雑貨屋さんみたいな感じで、その女性が営んでいるお店みたいです。
残念なのは、この女性のお名前を聞くのを忘れちゃったこと。 
(私たち)日本人って習慣的にこういうときに名前を聞かないですよね~。
0522 Iglesia de la Aurora

そして、そのときにもらったお菓子がこれ。
コルドバ周辺の地域の名産品らしく ”Turrolate :トゥロラテ” という名前のお菓子です。
ヘーゼルナッツやアーモンド、カカオなどの粉を混ぜて甘く練りあげた感じのもので、あまり有名ではなさそうです。
...ですが、なにかどこかで食べたことがあるような味なんですよね~。
とても甘~いので、コーヒーや紅茶などと一緒にいただく方が美味しく味わえそうです。 
機会があったら一度食べてみて!
写真は、プリエゴの別のお店で購入した”トゥロラテ”です。
3518 Regalos-M

さてさて、地元の方とのお話の様子はここまでにして、、、 教会の話へ戻しましょう。
こちらは教会の右側の様子です。
0529 Iglesia de la Aurora

入口がこちらです。
0531 Iglesia de la Aurora

入口を入ると中からお爺さんがやってきて、チケットを売ってくれました。
入場料は一人1.5ユーロ。 
二人で3ユーロのところ、ちょうどが無かったので2€×2出したんですけど、お釣りをくれなかったみたい。。。 
スペインでは、こういうときにはっきり要求しないとお釣りを返してくれなかったりします。 
これまでの経験では、お年寄り方がとぼけることが多いです。 若い人にやられた記憶は少ないですね。
(たぶん、ボケたふりしてわざとやっている風。) 

サンティポンセの雑貨屋のおばあちゃん、セテニルのバルでのおじいちゃん... もうあちこちでやられましたよ。
「スペイン語が分からないだろうから、とりあえずとぼけてみよう。」 的な感じなのだと思います。  「一度やってみて泣き寝入りするならシメシメ。」 っていう。。。 

なので、ちゃんと主張すると意外とあっさり認めてきちんとお釣りを返してくれます。(笑)
たいして悪気はないのでしょうね。
...けれど、こういうシチュエーションに慣れていない日本人からしたら、とても気分がよくないですよね。
でも、これも含めてスペイン! そう気楽に考えましょう!

ただ、泣き寝入りはいけません!
絶対にこういうときは主張しましょう!
スペイン語で
 Me dio mal cambio. 
 メ・ディオ・マル・カンビオ!   (お釣りを間違っています)
とでも言っておけばOK!
それでも相手が分からない振りをしたら、何度もこの言葉を繰り返すことが大事!!!
絶対にひるまずに主張することが大切ですよ!

0532 billete de Iglesia dela Aurora ←チケット

話がちょっとそれてしまいましが...
ここでこの教会の説明を少ししておきましょう。

このアウロラ教会の起源は15世紀中で、 その後18世紀にフアン・デ・ディオス・サンタエジャにより改装されたそうです。
この辺は、先の紹介したサン・フランシスコ教会と全く同じですね。
建物は矩形状で、丸天井を持っています。
内部は、窓のある5つのセクションがあり、聖ペテロ、聖パウロ、4人の福音史家(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)の彫像があります。
また、右側にある塔は、バロック装飾が施されています。
チケットを購入したら、入口を入って右手にあるこの細い通路を抜けていきまーす。
0533 Iglesia de la Aurora

入口の方を振り返るとこんな感じ。
0534 Iglesia de la Aurora

その通路の先にはこんな小部屋があります。
0535 Iglesia de la Aurora

で、その奥にある階段のところには、聖女の像が置かれています。
階段の先にはいけないようになっています。 これが...アウロラの聖女...ではないですね。
0536 Iglesia de la Aurora-M

この部屋の左手に入ると、そこが主祭壇のあるところになっています。
そこはこんな感じになっていましたよ。
大きさは少し小さめなんですが、かなり細やかな装飾が施されていますね。
0537 Iglesia de la Aurora

ここで、先に説明した聖ペテロ、聖パウロ、四福音史家の像がどこにあるかというと...
まず、聖ペテロ像と聖パウロ像は主祭壇に一番近いところの両側の壁にいます。(写真では見にくいかも。)
で、四福音史家(マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネ)の像は、下の写真のオレンジで囲ってあるところにありました。
それぞれの像の足元にその象徴である雄牛(ルカ)、鷲(ヨハネ)、獅子(マルコ)、人/天使(マタイ)があるのですぐにわかりますよ。
※写真をクリックすると、ちょっと拡大されて見やすくなります。
0544 四福音史家

正面祭壇に配置されているのがこの方。
この方が、アウロラの聖女となります。なかなかの美人さんですよね。
0538 Iglesia de la Aurora

天井の装飾は素晴らしいです。
ただ...あちこちに人の頭があるのが少々気になります。
0539 Iglesia de la Aurora ←天井の装飾

ということで、これでアウロラ教会の紹介を終了しま~す。
0542 Iglesia de la Aurora

次回は、サン・フランシスコ教会、アウロラ教会に続くプリエゴ三大教会の一つ ”アスンシオン教会” をご紹介します。
では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック