2015_12
18
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (プリエゴ・デ・コルドバ その2)

! Hola amigos !  

今日は、朝からかなり冷えましたねぇ~。
布団から出るのが嫌になる季節が来たぁ~って感じです。

さて、今日はスペインの散策の続きのお話です。
今回は、引き続きアンダルシアの小さな街プリエゴ・デ・コルドバ到着初日、お昼をレストランでいただいたところからになります。

昼食を終えたら早速街の散策開始。
とはいっても、本格的な散策は明日の予定なので、この日は軽く回ることにしました。
まずは、レストラン前にあるアスンシオン教会です。
0187 Priego

こちらもアスンシオン教会。 上の写真と見る角度が変わっているだけです。
この教会には、とても素敵な小聖堂があるんですよ~。 
このときは開いていなかったので、建物内の見学は後日ということになりました。
0189 Priego

こちらもアスンシオン教会の写真。
ちょっとした広場があり、そこにはこのような噴水があります。
0194 Priego 

この噴水のある広場近くにはいくつかの宿屋があって、下の写真はその宿屋の一つ ”La Posada Real:ラ・ポサーダ・レアル”です。 
この街には大きなホテルが無いので、宿泊は主にこういった ”旅籠:Posada” タイプの宿になります。
0198 Priego-M

このあたりはセビージャのサンタ・クルス地区のような狭い通りがたくさんありますよ。
通りが狭いので、この時期(秋)になると通りに太陽の光が入りにくくなってきます。 
夏だったらこの通りはもっと明るくて素敵になるんでしょうねぇ。
0199 Priego-M

これは、とある民家の中庭の様子です。
ゼラニウムの赤い花が素敵に咲いていました~。
0208 Priego-M

セビージャのパティオ祭りに出てきそうなお庭です。
0211 Priego ←庭のゼラニウム

ここからしばらく東側に歩いて行くと、こんな感じの通りがあります。 
ここは ”バルコン・デル・アダルベ(城壁のバルコニー)” と呼ばれるところです。
街の郊外の景色が一望できますね~。
0221 Priego-M ←バルコン・デル・アダルベ

ここから見る郊外の景色はこんな感じに見えますよ。
0222 Priego

また違う方向に見える景色はこんな感じ。
この街は高台に作られた街なので、街の外にはこんな景色が広がっているんです。
0219 Priego-M

さて、ここでちょっとこの街の歴史についてお話をしておきましょう。
このプリエゴ・デ・コルドバの街が歴史上記されているのは、旧石器時代の ”ムスティエ文化期” という時代だそうです。
このムスティエ文化期っていうのは、紀元前20万年~4万年を指すそうです。
とーーっても昔からここには人が住んでいたんですね。
さて、人が住んでいたとはいえ、実際にこの街が栄えたのはローマに占領された時代(3世紀)だそう。 
また、さらにイベリア半島がイスラム教徒に占領された時代の9世紀半ばに発展し、アルアンダルス(イスラム教徒が占領した地域のこと)の首都の一つ ”Medina Bahiga:メディナ・バヒガ” と呼ばれたそうです。
ここが首都の一つとなったのは、たぶん高台のあるにもかかわらず泉がたくさんあったからではないかと思われます。 
このことから この街は「水の都」とも呼ばれているんですよ。
また、首都となるためには街の守りも重要。 
なので、もちろんお城(要塞)も建てられました。

なので、先ほどのバルコン・デル・アダルベ(城壁のバルコニー)に沿った通りを歩いて行くと、そのお城の城壁が見えてきますよ。
ここでは、城壁に貼りつくように白い建物が建てられてますね~。 
遺跡なのに...こんなところに家を建てちゃっていいのでしょうか?
0240 Priego

城壁沿いに進んでいくと、白い階段のある場所に出てきました。
この階段を登っていったらお城の中に入れる?
0241 Priego

階段を上ると、中に入る入口はありませんでしたが、お城の一部らしき塔が見えてきましたよ。
0251 Priego

この風景をさんが一生懸命写真撮影中~。
0253 Priego

さらに城壁の周りに沿って歩いて行くと...
先ほど食事をしたレストランのところに出てきました~。
ここから城壁の中に入っていきます。 塔には十字架の模様をあしらった旗が垂れ下げてあります。
0181 Priego-M

さて、ここまできたらこの城壁の中(お城)に入っていきますよ~。
で、お城の中の様子は...
また次回ご紹介ということで。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック