2015_12
11
(Fri)08:00

2015 秋のスペイン旅 (プリエゴ・デ・コルドバ その1)

! Hola amigos !  

先週末は結構体調が良くなくて...shie samui
でも、車検に出してた車を引き取りに行ったり(横浜から東京まで!)、カメラ仲間との撮影の約束などが有ったりしてどうなる事かと思っていたんですけど、風邪薬や頭痛薬などを飲んでなんとかクリアすることができました~。
ここのところ朝夕めっきり寒くなりましたから、みなさんも体調を崩さないよう気をつけてくださいね。

では、さっそく今日のスペイン旅行記のお話に入ります。
今回は、ついにプリエゴ・デ・コルドバの街に到着したところからのお話です!
やっほ~い!

この街はちっちゃい割に、バスターミナルは意外とちゃんとした感じになっています。
この街には鉄道が通っていないので、車を持たない人にとっては、バスがメインの移動手段になっているのでしょうね。
1290 Priego estacion de autobuses

で、バスターミナルに着いたら、ホテルまでの移動にタクシーを予定していたのですが...
パッと見タクシーらしき車は無し。
周りを探してみたのですが、それでもタクシーらしき車の姿は全然見当たりません!
しばらく通り(そこそこ車が往来する通り)を眺めてみたのですが、それでもタクシーらしき車は全く見当たらないんです。
「もしかして...この街にタクシーというものは無いのでは?!」 って思わせるような状態。

こういうときは、バスターミナルのどこかに 「タクシーが必要な時はここに電話してください。」 って電話番号が書いてあると思うんですけど、気軽に電話できるほど語学が堪能でもありませんし。。。
  senda_gaku.gif
で、結局バスターミナルからホテルまで歩いて行くことにしました。
まあ、途中でタクシーが走っていたら捕まえればいいやってことで。。。
  くまねこあるき
事前に調べておいた街の地図をもとに、スーツケースを転がしながらホテルまで歩いていきましたよ。
バスターミナルからホテルまで大体1キロちょっとの距離。
幸い道路は石畳の部分も少なかったので、そんなに苦労することはありませんでしたが...
最後までタクシーらしき車にはめぐり合えませんでしたねぇ~。

そして、このあたりでは日本人...いやいやアジア系の人がほとんどいないですから、まあみんなからの視線が凄かったですよ。
まるで珍獣でもみているような。。。 よっぽど珍しいんでしょうねぇ~。
Mapa de Priego

事前に地図を準備していったのですが、予約していたホテルが近づいてくると、セビージャのサンタクルス街のように通りが細く入り組んできて、完全に道に迷ってしまいました。
だって...こんなとこ歩いて行ったんですから。
1050 Priego-M

「もうこれは完全にネコ道じゃん!」
 って思っていたら、やっぱりいましたよ。 
ネコが...。 neko2.gif  
突然だったので、むこうもびっくりして目をまん丸にしてた~。
1055 Priego-M


で、ちょうど近くに車に乗り込む男性がたので、声をかけてホテルの場所を訪ると...
「そのホテルは、そこだよって。」 って。 
あれっ...。
よく見ると、もう目の前にホテルの表示と入口が。。。
さすがにこのときばかりはちょっと恥ずかしかったですねぇ。
  ase.gif
言い訳じゃないけど...そのホテルの入り口はこんな感じだったんですよ。
こりゃわかんないでしょ?
0140 Priego

今回泊まるホテルは、 ”カサ・バーニョス・デ・ラ・ビジャ” ってところです。
直訳すると、”村の銭湯” とでも申しましょうか。。。
0142 Priego

で、早速中へ入ってチェックイン。
レセプションの男性も親切で気持ちの良い感じの方でした。
tarjeta de Hotel Casa Banos de la Villa ←ホテルカード

そして、案内されたお部屋がこんな感じ。
おいおい... 若い女性ならいざ知らず... ちょっと可愛らし過ぎやしないか?
0144 Priego

でも、そのぶん掃除などもきちんと手がいき届いていますよ。
バスルームだってこんな感じです。 bathing_girl.gif
0148 Priego

アメニティグッズだって可愛らしさに抜かりはありません。
0149 Priego-M 0150 Priego-M

さて、部屋に入って荷物をほどいたら、早速外へ食事をしに出かけることにしました。
で、まずはホテルのフロントで街の地図をもらってひと通り観光名所の説明受け、お城や教会などの開館時間表をいただきました。 
スペインの田舎では、観光場所とはいえ常時開いているわけではないので、旅行者にとってこういう開館時間表があるととっても便利ですよね~。
Priego Horario ←とっても便利。

そして、このときちょっとだけホテルの説明を受けましたよ。
このホテルは ”カサ・バーニョス・デ・ラ・ビジャ” という名前ですが、この名前にある ”バーニョス” ってのが ”お風呂” って意味。 
スペインでお風呂っていうと日本のそれとはちょっと違って、だいたいサウナか温水プールみたいなものがある ”アラブ浴場” 的なものを言うことが多いです。
で、このホテルもそれが売りなんです。

ホテルにある浴場でマッサージを受けたり温水プールみたいなものに使ったり... 
ちょっとしたエステみたいなものができるようになっています。
で、そのサービスを受ける際に絶対必要なのが ”水着” !
これがないとサービスを受けられないんです~。

で、私たちは水着も持っていなかったので結局断念しちゃったんですが、次回は訪れる機会があったら、是非やってみたいですねぇ~。
皆さんも、もし行く機会のある場合には、絶対に水着を持っていきましょう!

さて。。。
ホテルを出たらまずは腹ごしらえということで、先ほどの道を通ってレストランのある場所へと向かいました。
まさにアンダルシアの小路って感じ。。。 夏だったらもっと小路に光が入って素敵に見えたでしょうねぇ~。
0158 Priego-M 0155 Priego

こんな道をしばらく歩くと、目指すレストランに到着です~。
こちらが今回お食事をした ”カリファト” さん。
0177 Restaurante Califato

今回はのんびりと外の景色を眺めながらいただけるテラス席にすわることにしました。
店員さんに食事をオーダーすなどしてしばらくのんびりしていると...
お店の周りにいたネコちゃんが早速寄ってきました。
0161 Restaurante Califato-M ←「なんかくれ~っ」 って感じかな?
「まだお料理も出てきてないから、何も君にあげるものないんだ。」

で、しばらくしてまず最初に出てきたのが飲み物のビール
やっぱりアンダルシアのビールといえばこれ。  クルスカンポ ですなぁ~。
スペインのビールは、あまりアルコール度数が高くない気がします。 
お酒があまり強くない方でも、暑い日に水代わりに喉を潤すのに最高だと思いますよ。
0162 Restaurante Califato-M

そして、おつまみのオリーブ
ここはスペインでもオリーブの生産が盛んな地域です。 その中でもプリエゴはもうオリーブの街といってもいいぐらいオリーブオイルの生産が盛んな街。 周りをすべてオリーブ畑に囲まれたところにあるんですよ。
0163 Restaurante Califato-M
ちなみに、このオリーブの味付けはちょっとスパイシーな感じ。 アラビックな香辛料を使って漬け込んだものなんでしょう。
歯触りも一般的な塩漬けのものと比べるとちょっと堅めかな。
グラナダとかコルドバあたりではこういったオリーブが多いですね。

続いてはサラダ。 エンサラダ・ミスタっていうと、だいたいこんな感じのができます。
スペインのお店での食事は野菜が不足する傾向にあるので、積極的に野菜を摂るようにしてます。
0166 Restaurante Califato-M

そして、こちらはお店の方のお勧めのプレート ”クロケッタ・カセーラス” 。 
まあ、”家庭風コロッケ” ってとこです。
お味は、”生ハムクリームコロッケ” といえば分かりやすいかも。
オススメだけあって美味しかったですよ。
0173 Restaurante Califato-M

そして最後の一品。 お料理の名前は忘れちゃったけど... 要するに鶏肉の焼いたものです。
お味は想像通り。
ただ焼き加減・味付けもちょうど良かったですし、添え物のポテトも美味しかったですよ。 大満足じゃぁ~。
0170 Restaurante Califato-M


では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック