2015_09
04
(Fri)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  マドリッドでフラメンコ!

! Hola amigos !   

ホントに久しぶりの更新になってしまいました。
いろいろとバタバタしていて更新に手がつけられない状態だったんです。
申し訳ありません。。。 
で、また少しずつでも記事を更新していきますので、よろしくお願いしますね。

ということで、久しぶりの更新でお届けするのは、スペイン・マドリッドのタブラオ ”Casa Patas:カサ・パタス” の様子で~す。  
ここは、以前にも一度ご紹介したことがあるお店ですよ。

ちょっと前まで、マドリッドでフラメンコを観るときは、は大体 ”コラル・デ・ラ・モレリア” というところに行っていたのですが、ここのところ、この ”カサ・パタス” がお気に入りで、こちらの方に来るようにしています。
でも、どちらもマドリッドの中では1、2を争うタブラオですので、どちらをみても損はないですよ!
ここは日本の方も結構観に来てらっしゃいます。

また、他に有名どころのタブラオとしては、トーレス・ベルメハスカフェ・デ・チニータス というところもあります。
こちらもなかなかのものですが、的には、上の二軒の方がオススメです。
更に、最近では、ビジャ・ロサラス・カルボネラスなんてところもがんばってきているようです。
は、ビジャ・ロサとラス・カルボネラスにはまだ行ったことがないので、機会があれば是非行ってみたいと思います。

では、さっそく今回のカサ・パタスのご紹介を始めます。
お店の場所は、下の地図にあるとおり、カニサレス通りにあります。
 Mapa de Casa Patas

正直なところ、、、
このお店のちょっと南側の地域(特にティルソ・デ・モリーナ駅、アントン・マルティン駅、ラバピエス駅に囲まれた地域)は、あまり治安が良くない地域だと言われています。 
特に、フラメンコのショーは夜遅くに開かれるので、帰るときはできるだけお店よりも北側の方でタクシーを拾って帰るのが良いと思いますよ。
ご注意くださいね。

で、お店の中のステージはこんな感じなっています。
 20140719-200 Madrid ←カサ・パタスのステージの様子

壁には、パコ・デ・ルシアのポスターも飾ってあります。
 20140719-205 Madrid

他にもたくさんのアーティストの写真が飾られていますね。
 20140719-207 Madrid 20140719-206 Madrid

この店は、入るとまず食事がとれるバルがあります。
そして、そのバルを抜けた先に、ステージある部屋があるんです。 
食事をとりながらステージを観るタイプとはちょっとだけ違います。(飲み物だけ)
で、これがステージの部屋に入る時のチケットです。
 20140719-210 Madrid ←チケット(二人分)


では、ショーの方のご紹介~。
まず出てきたのはこの男性のバイラオール。
”Rapico” さんっていうらしいです。
以前にもコメントしちゃいましたが、全体的にバランスのとれた振付になっていました。
男性は、足の動きの方に重点が置かれることが多いですから...
 20140719-216 Madrid

続いては、今回の紅一点  ”Carmen Gonzalez” さん。
どっしりした踊りというよりは、激しい感じの振りになっていましたよ。
 20140719-224 Madrid

で、こちらが今回のステージのリーダー ”David Paniagua” さん。
足中心の振りつけになっていました。
その踊りは圧巻!だったのでしょうけれど... 
足中心の踊りだったので、ステージからちょっと離れた私たちには、その様子は良く見えなかったです。
 20140719-225 Madrid

こちらはカンテ(歌)の方と、ギターの方々(右写真)です。
ギターは、大体ベテランと若手のコンビになっていることが多いですよ。
他に、カホンを叩く方とフルートを演奏する方もいました。 
でも、フルートは...珍しいです。
 20140719-235 Madrid 20140719-233 Madrid

ゆっくり静かな雰囲気で始まったステージには、まずRapicoさんが登場しました~。
 20140719-237 Madrid ←なかなかのイケメン?ですか。

さすがのポーズも決まってますね~。
 20140719-244 Madrid

ゆっくりとした動きから、最後の方では一転して激しい踊りへと変わっていきます。
全体的にはバランスの良い感じの振り付けでしたねぇ~。 楽しめました。
 20140719-246 Madrid 20140719-254 Madrid

Rapicoさんの踊りが終わると、しばらくギターの方の演奏があります。
演奏的には、まあまあといったところでしょうか。
 20140719-257 Madrid

ギターの演奏が終わると、続いてはカルメン・ゴンサーレスさんの踊りが始まりました。
なかなか迫力ある踊りでしたよ~。
 20140719-267 Madrid 20140719-261 Madrid

決めのポーズも綺麗に決まってます!
 20140719-281 Madrid

踊りに感情入ってますねぇ~。 観てる側も気分が高まります!
 20140719-284 Madrid

フラメンコの場合、うまい人ほど黒い衣装を着る機会が多いみたいで...写真を撮るのはなかなか大変なんです。
(フォーカスは、黒いものと光るものには合いにくいんです。)
その割には、なかなか良く撮れてるでしょ? 
 20140719-289 Madrid 20140719-292 Madrid

最後の写真はこちら。 汗の感じが、激しい踊りだったことを物語っていますねぇ~。
 20140719-308 Madrid

最後のトリは、ダビド・パニアグアさん。
 20140719-337 Madrid

たぶん前の3人の中で一番うまいんでしょうけど、足の動きが中心だったので、私たちが座っているところからはよく見えず...正直うまいのかどうかは分かりませんでした。。。
なので、写真もほとんどとれませんでしたよ。 残念。。。
 20140719-338 Madrid 20140719-341 Madrid

で、3人の踊りが終了したところで、最後は全員でフィナーレです~。
 20140719-354 Madrid

そうそう! 紹介してませんでしたが、写真の一番右の方もカンテ(歌)を担当していた方です。
 20140719-355 Madrid

ということで、今回も素敵なフラメンコを観ることができました。
次回は、どこに行こうかなぁ~。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック