2015_04
01
(Wed)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  アンテケラ その16

! Hola, amigos !  

今日から4月。
新年度のはじめとあって、あらたな出発を迎えた方も多いと思います。
私は新たな出発を迎えたわけではありませんが、私もこれを機にまた気持ちを改め、目標に向かってさらなるチャレンジをしていきたいと思います!

さて、、、
”新たな出発” といえば、サッカーの日本代表も新監督を迎え、あらたに船出しましたね。
先日の試合や昨日の試合をみると、以前よりも ”積極的なプレー” や ”一生懸命さ” がみられるようになってきましたよね。 
これもハリルホジッチ新監督の手腕なんでしょう。 (まだ就任後数日しか経っていませんが...)
     soccer_drible_2_20110330224426.gif
これまで、一部メディアや関係者の間では、この新監督に対し 『選手への指示が細かすぎる』とか 『練習が軍隊的!』とか 『規律が厳しすぎる』などと批判めいたことが言われていましたが...
この2戦に勝利したことで、それらの発言を一蹴できたのではないでしょうか。
この監督... 思った以上にかなりのやり手ですよ。
     soccer_snap_2.gif
は、特に 選手の特徴を正確に判断する能力 そして 人心掌握術 にも長け、試合での 選手の使い方 もうまい! 選手以外の要因もうまく使うことができる... さらに、かなりの 戦略・戦術家 という印象を持ちましたよ。

特に初戦。
高い位置でボールを奪い、相手の守備陣形が整う前に素早くカウンター攻撃をするという意識を選手に徹底させるとともに、これらの動きで相手選手を疲弊させ、疲れが見え始めた後半に主力選手を投入してゴールを奪って勝利する。。。
この試合にしたことで、監督やチームを批判するメディアや関係者の口を黙らせ、今後のチームづくりをスムースにできるようにしましたよね。
そして、二戦目でも(関係者が期待を寄せる選手も含め)新しい選手をどんどん使うとともに、こういった選手にいつも違ったポジションでプレーさせ、選手自身のさらなる技術向上の必要性を感じさせる。
また、新戦力を使ったことで、日本のサッカー関係者のガス抜き(不満解消)もしておく...。
こうやって見るだけでも、かなりの”手練れ”だと思いませんか?
     national_anthem_4.gif
さらに、これだけの新しい戦力(選手)を巧みに使いながらも試合に勝つ... 
”かなりの強運の持ち主ですね” という意見もあるかと思いますが、はこのために監督が見えないところでかなり努力(情報収集・判断)をしているのではないかと思いますよ。 
日本人監督でもここまでできる人は... ごく一部に限られるんじゃないかな。 
まあ...もしかしたらいないかもね。。。
少なくとも、一戦目で素早いリスタートとカウンター攻撃を批判していたサッカー関係者には、無理でしょうな~。
     soccer_wrifting_3d.gif
ただ、これだけできる監督なんですが、選手がまだついていけてない感はありますよね。
二戦目では、5点とったとはいえ、後半にはかなりの選手が疲れてヘロヘロになっちゃってましたし、試合を通して相変わらず安易なパスミスなども多かったです。 
遅攻ではないので大きなダメージにはならないで済んでいましたが、こういったところは世界の強豪は絶対に見逃してくれないですよね。
以前、前代表監督の岡田さんが、TVで
 『(リーガで)勝つチームと負けるチームに多いな差はないように見える。 (勝つチームは)細かいミスをも許すか許さないかの違いじゃないかな。 (アトレティコの)シメオネ監督は、そういった細かい部分まで徹底してミスを許さないんですよね。』 って言っていました。
確かにその通りかも。 
今後、ハリルホジッチ監督のもと、選手もどんどん成長し、プレーの質を高めていって欲しいなぁって思います。
試合も、時には敢えて引いて相手に攻めさせ、隙をついてカウンター攻撃で得点を奪い、あるときはポゼッションを高めて相手を制圧する。。。 
バルサやマドリーなどでもそうですが、いまやポゼッション一辺倒の戦い方では、引いて守りを固めている相手から得点を奪うのは至難の技になっていますからね。
今後は、相手の弱点をつけるような変幻自在の戦術ができるチームに成長していくことを望んでいます。

今度のハリルホジッチ監督... 
今後の日本代表の将来を明るくしたと同時に、日本サッカー界(Jも含めて)も良い方向に向かわせてくれるかもしれませんよ!
期待しましょう!!!


ということで、ここからはスペイン散策のお話に入ります。
今回は、前回お届けした”ポルティチュエロ広場”からの様子です。
まずは、移動途中(カルデレロス坂)で見えたこの景色。 素敵だなぁ~。
 20140718-676 Antequera

Basilica de Santo Domingo”(サント・ドミンゴ教会堂)
土曜日の12:00~14:00までだって。 ミサのある時間だけってことかもしれない。
 20140718-678 Antequera

この教会は、17世紀の初めに建てられたもの。
入口と内部の身廊は、ムデハル様式でつくられているそうです。
ただ、現在は使われていないため、閉鎖されている(廃墟となっている)そうです。 
もったいないですねぇ~。

こちらがその正面入口です。
廃墟になっているとな思えないですね。 もしかしたら、最近はちゃんと修復されて使われているのかも。
 20140718-683 Antequera ixy ←正面入り口

入口上には聖母像があります。
この教会に祀られていたのが ”ロサリオの聖母" ということですので、この像もそうかもしれないですね。
 20140718-679 Antequera

教会前の小広場には、こんな泉もありますよ。
 20140718-680 Antequera

正面右手にある勝手口みたいなところの上には、このような十字架が掲げられています。
十字架の前に剣がクロスされているのが珍しいですね。
 20140718-681 Antequera

この教会の前を通り過ぎたら、以前にご紹介した Iglesia de San Sebastian”(サン・セバスティアン教会) が見えてきます。
 20140718-686 Antequera ixy ←デ・ラ・パス坂

ということで、サン・セバスティアン広場の教会前まで戻ってきました。
 20140718-689 Antequera ←サン・セバスティアン教会

こちらの像は、この辺のどこにあったか覚えていないんですが... アンテケラのセマナ・サンタを記念する像のようです。 
セマナ・サンタに参加している親子の像でしょうかね?
 20140718-690 Antequera

この鐘楼は、アルカサバの高台から見えた二本の塔のうちの一本で ”Iglesia de San Agustin”(サン・アグスティン教会)の鐘楼です。
ピンク色の鐘楼って珍しいなぁ。 教会本体と別の色なんですよね~。
 20140718-691 Antequera ←サン・アグスティン教会

この教会は、1550~1556年にディエゴ・デ・ベルガラという方によって建てられたそうなんですが、この塔の部分だけは2012年に復元されたものなんですって。 どおりでこの部分だけ色が違うわけだ。。。
それにしても、なんでこの色になっちゃったかな~。

ここまで来たところで、もうお昼ごはんの時間。
このあたりでお店を探してみることにします。
 20140718-693 Antequera

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック