2015_03
19
(Thu)08:30

マドリー、アトレティコ、バルサがCLベスト8進出!!!

! Hola amigos ! 

昨夜、一昨日と、UEFA CLの決勝トーナメント第二戦の4試合が行われました。
リーガ勢は、アトレティコがレバークーゼンと対戦、バルセロナはマンチェスター・シティと対戦しましたよ。

で、それらの試合の結果は、次の通りとなりました~。

 A. Madrid 1st 0-1, 2nd 1-0 Total 1-1 (PK 3-2) B. Leverkusen
 Monaco 1st 3-1, 2nd 0-2 Total 3-3 Arsenal

 Barcelona 1st 2-1, 2nd 1-0 Total 3-1 Manchester City
 B.Dortmund 1st 1-2, and 0-3 Total 1-5 Juventus

アトレティコは、第一戦、第二戦とともに1-0でトータル1-1。
延長でも決着がつかず、PK戦となりました。 
そのPK戦は次の通り
 1. ラウール・ガルシア(×) - チャルハノール(×)
 2. グリーズマン(○) - スパヒッチ(○)
 3. マリオ・スアレス(○) - トプラク(×)
 4. コケ(×) - カストロ(○)
 5. トーレス(○) - キースリング(×)
勝敗が決したのは、最後のキッカー”キースリング”が失敗したとき。 これで、アトレティコが辛くもベスト8進出を決めました。

モナコは、アウェイでの第一戦を3-1で勝利していたので、ホームの第二戦はよほどのことがない限り勝ち抜けは決定していました。
しかし! 対するアーセナルがアウェイながら必死の追い上げ!
結局、得点数で並ぶところまでいきましたが、アウェイゴール数でモナコが上回り、モナコがベスト8へと進みました。

バルサはホームでマンCと対戦。
第一戦を2-1で勝利していたので、アウェイゴールも2点あり、そこそこ有利な状況。
しかし、週末には ”クラシコ” を控えているため、この戦いにあまり戦力を割きたくない状況。。。でも、ほぼいつものスタメンで望みました。(FW:メッシ、スアレスネイマール、MF:イニエスタ、マスチェラーノ、ラキティッチ、DF:J.アルバ、マテュー、ピケ、D.アウベス)
バルサには何度も何度も得点のチャンスがありましたが、GKのハート、ゴールポスト、バーに阻まれたうえ、”決まった!”と思われたゴールも審判のオフサイドの判定でノーゴール。。。
結局、前半32分にあげたラキティッチのゴールの1点のみとなりました。
一方、対するマンCにもチャンスはありました。
中でも一番は、78分のPK。 
”ピケがエリア内でアグエロに足をかけた” という判定で得たPKだったのですが、このPKをバルサGKテア・シュテーゲンに止められて万事休す。(キッカーは、アグエロ)
結局、1-0で第二戦もバルサの勝利となりました。
ちなみに、この試合では両ゴール付近にゴール判定をする審判を配置してました。画面に映っていて気になっちゃいました。

最後は、ドルトムントのホームで行われたユベントス戦。
素晴らしい雰囲気で試合が始まりましたが...
ドルトムントは、試合開始早々、テベスのものすごいミドルシュートでいきなり失点してしまいます。
その後、ドルトムントも何度かユベントスのゴールに迫りますが、決定的なチャンスとはならず、追いつくことはできません。 
で、そのまま後半へ。
しかし、後半に入ってスコアを動かしたのもユベントス。
70分に、DF裏へ抜けだしたテベスとモラータに完璧にやられて2-0。(ゴールは、モラータ)
そして、〆もテベスにミドルを決められて3-0。 ドルトムントは、完璧にユベントスにやられました。
ちなみに、香川の出場はありませんでしたよ。

さて、これらの試合の結果、CLベスト8に進んだのは以下のチームとなりました。
 ・レアル・マドリード 
 ・ポルト 
 ・PSG 
 ・バイエルン・ミュンヘン 
 ・アトレティコ・マドリード 
 ・モナコ 
 ・バルセロナ 
 ・ユベントス 

ここにきて、プレミア勢は姿を消し、リーグ・アンから2チームが残りました。
もちろん! リーガからは3チームが進出しました~! 

さて、次の準々決勝の対戦は、また抽選で決められます。
ここからはカントリー・プロテクション(同国対決は避ける)が無くなるので、まずはリーガのチーム同士がぶつからないことを願います。 

では、また次の対戦を楽しみに待ちましょう!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック