2015_02
06
(Fri)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  アンテケラ その1

! Hola !  

列車は、ついにアンテケラの駅に到着で~す!
 20140718-100 Antequera

このあたりではちょっとだけ大きな街だと思っていたのですが...
列車から降りる人は少ないですね~。
で、こちらが駅舎の中。 正面が出入り口で、右手に切符売り場があります。
 20140718-101 Antequera

こちらは、外に出てみたときの駅舎の外観。  シ...シンプルです。
 20140718-102 Antequera

さて、ここでまずアンテケラという街の紹介しておかないといけませんね。

★アンテケラの街は、ローマ時代から存在していました。 当時は、アンティカリアという名前だったそうです。
この頃から、既に重要な商業の中心地で、オリーブオイルの生産地としても有名でした。
その後、イベリア半島がイスラム教徒に侵略され始めると、この地も716年にアンテケラも征服され、アンタキラと改名されます。
そして、ご存じのレコンキスタにより、この街がキリスト教徒の手に戻ったのが1410年。 フェルナンド1世によってなされました。
アラブ人撤退後は、セビリア、グラナダ、マラガ、コルドバを結ぶ土地としても重要な役割を果たし、18世紀には最も栄えました。  
この繁栄期に、街に修道院や教会が多数建設されました。 その時に作られた修道院、教会、そして礼拝堂等の宗教的建築物は、今も50以上が残されていますよ。
それらの建物は保存も良く、街のそこかしこで見ることができますので、フォトジェニックな街としても有名です。

そんな素敵な街を今回は散策します。
街の観光には、まず駅を降りたら正面にまっすぐ延びる通りを進んでいけばOKです。

すると、まず最初に目にするのが、この修道院 Convento Trinidad です。
この建物は、1672~1683年の間に建てられました。
 20140718-115 Antequera ixy

正面に回るとこんな感じになっています。 
ちょっと調べてみると... 1935に火事で祭壇を焼失しちゃったみたいですね~。 残念。。。
ここは、中を見学せずに先へと進みます。
 20140718-120 Antequera

そのまま通りを進んでいくと、次に現れるのがこれ。
Capilla Tribuna Cruz Blanca(白十字礼拝堂) です。
 20140718-130 Antequera ixy

ここは、救済の聖母にささげられた礼拝堂で、1774年にはまだ建設中だったようです。 台形の床面形状が特徴です。
 20140718-131 Antequera

Cruz Blanca(白十字)というだけあって、屋根の上にはこのような白い十字の印が残されていますよ。
 20140718-132 Antequera

駅からここまで400mぐらいなんですが、もう修道院と礼拝堂がありました。
この街はホントに宗教的な建物が多そうです。 
このあともそのような建物をたくさん紹介していきますね。
 20140718-136 Antequera ixy

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック