2015_01
28
(Wed)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  セテニル・デ・ラス・ボデガス (その4)

! Hola !  

今日は、連日お届けしているセテニル・デ・ラス・ボデガスの街の最終回です。

観光してみると、正直なところ 『もうおわりかぁ。』 という感じです。
ここは、ちっちゃな街ですので、観光といっても半日程でそこそこ見て回ることができちゃうんですね~。
でも、半日ほどでまわれる大きさとはいえ坂が多い街ですので、”あちこちで休憩しながら、贅沢に一日かけてのんびり散策する” っていうのもありかもしれません。
その際には、帰りのバスに注意してくださいね。
※2014年時点、ロンダ行きの最終バスは、平日で18:45(その前は14:15)、土曜日は14:15になっています。

教会などを見て回ったら、このトンネルを抜けて向こう側へ行ってみます。
 400 Setenil ←街中にあるトンネル。

このトンネルの向こう側に抜けて細い路地を少し行くと、街の西側のところにでてきます。
街の西側にも、このような洞窟住居が並んでいますよ。 こちらは観光化されていないようで...  住民の方々が実際に使っている雰囲気をみることができますね。
 401 Setenil

私たちが通ってきた細い路地沿いにも、こんな感じで洞窟住居が建っていますよ。
 402 Setenil

川の向こう側の ”カブレリサス通り” の洞窟住居の様子は、こんな感じ。
 403 Setenil

街の西側をちょっと見た後は、また先ほどのトンネル抜けて、 ”Plaza de Andalucia”(アンダルシア広場)へと戻ってきました。
この広場周辺にも、バルやお食事処が並んでいます。
 410 Setenil ixy

この広場からは、近道できそうな細い路地を行ってみることに... ちょっと冒険です。
行ってみたのはこの細い路地。  人が出てきているので、行き止まりではなさそう。。。
 411 Setenil ←ワクワク路地散策。

この路地を進んでいくと、頭の上から覆いかぶさるように岩がせり出しているところに出ます。
 412 Setenil ←なかなか面白い景色でしょ?

この路地を抜けたら、街中を流れるトレホ川沿いに出てきました。 ここにも洞窟住居があります。
ここは、住居というより倉庫みたいな使われ方をしているのかなぁ~。
 414 Setenil

ここを川沿いにもう少し行くと、ちゃんとした住居として使われているところが現れてきました。(ハボネリア通り)
 416 Setenil ←岩に飲み込まれた家のよう。。。

で、更に川沿いを歩いていったんですが、歩いた割には見覚えのある景色が出てこないので、
『あれっ...ほんとにこっちに歩いていって良いんだっけ? 道を間違えているような。。。』 
という感じになってきちゃったんです。 sweat1.gif
『でも、あの崖の上に教会が見えているから、そう違ってはいないはず。』
と、自信を持ってまた前に進んで行きました。 
 415 Setenil ←崖の上の教会
     くまねこあるき

でも...崖の上に教会は見え続けているものの、なかなか見覚えのある場所に出てこない。。。
『大きくは間違えていないと思うんだけど。 バスの時間もあるしなぁ。。。』
と、不安が増す一方。
 418 Setenil ←崖上に教会は見えているんだけど。。。

このときは気付かなかったんですけど、ちゃんと街の中心の方へ向かっていたみたいです。
ただ、このときは通りの名前もわからなかったですからねぇ。 焦りましたよ。 !cid_01@130302_170251@__N704imyu@docomo_ne.gif

で、さすがにこれはまずいと思い、街の人に場所を訪ねてみる作戦に方針転換!
しかし...
そうやって探してみると、街から少し外れているせいか、思いの外開いているお店もほとんどないし、ましてや歩いている人もほとんど見かけません。。。
そして、数分後にやっと通りを歩いている男性を発見!
で、この男性に場所を教えてもらい、なんとか一件落着で~す。

道を迷い始めたとき、自信を持ってそのまま真っ直ぐ進めば、最初に見た洞窟住居の場所に出たようです。
この男性に道を聞いた時には、道を逆方向に進む直前でした~。 ふぅ~っ、危ない危ない。。。
 419 Setenil ←この方向に進んでいたら間違い!

そして、教えてもらった通りに歩いて行ったら... 
ほら、出ました~!  最初に見た洞窟住居の場所で-す。
 420 Setenil

ここまできたらもう安心!
ってことで、バスの時間まで少し余裕ができたので、バルに入って一杯やることにしました。 
暑い中、結構歩きましたからね~。 今回は、もちろん冷たいビールですよ! 
このとき入ったバルは、バス通りとクエバス・デル・ソル通りの交差点にある ”Bar Zamudio” ってお店。
 バル サムディオ
最初にこのバルの前を通った時、現地のおじちゃんたちがたくさん入ってたので、美味しいものがあるんじゃないかと思って入ってみることにしたんです。
でもね...ビールのおつまみぐらいしか頼んでないからちゃんとしたことはいえないんだけど、食べ物はまあまあでした。
でも、 ”冷たいビールはめっちゃうまかった!” ...ですけどね。 

まずは、タコとトマト、ピーマンなどが細かく刻んでビネガーなどで味付けした感じのサラダ。 
冷たくひやしてあって、これはこれで美味しかったです。
 20140717-188 Setenil sp

こっちは、エビをボイルして冷たくひやしたもの。 これも美味しかった。。。  っていうか、見たまま想像できる味です。
 20140717-189 Setenil sp

それに、このお店のおじいちゃんも若いお兄ちゃんも人柄は良さそうでした。
お客さんだからとはいえ、こちらにいろいろ気を使ってくれてる様子がわかりましたから。。。

で、ここで休憩した後は、のんびりと歩いてバス停まで向かいましたよ。
バス停に到着すると、まだ多少時間があったので、私たち以外は誰も来ていませんでした。
っていうか、、、前にも書きましたが、ここにはバス停の表示もバスの時刻表も貼ってないので、ここが本当に帰りのバスが来るかどうかもわからなかったんですけどね。
こちらは、そのバス停周りの景色。
 20140717-191 Setenil 20140717-193 Setenil

で、しばらくしてバスの来る時間が近づいてくると、ようやくあちこちから何人か集まってきました~。
ちょっとホッとする瞬間ですね。
ということで、あとはバスに乗って(14:15発)またロンダの街へ帰りました。

セテニルの街は、ロンダからバスで30分ほどの距離にありますし、街もすごく小さいので、気軽に来て半日ぐらい観光してみるのにはお勧めの場所ですよ。
みなさんも、ロンダに来ることがありましたら、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

私は...今回、洞窟住居の中がどうなっているのかを見逃しちゃったので、もう一回ぐらい来てもいいかなって思ってますけどね~。 
スペインの田舎町が好きな方にはオススメの街の一つですよ。
 409 Setenil

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック