2014_12
19
(Fri)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  ロンダ (その1)

! Hola !  

毎日寒い日が続きますねぇ。
今日も暑かった ”スペインの旅” の様子をお届けしますので、気持ちだけでも暖かく...なれないかな?

ということで、今回お届けするのは、ロンダでのお昼ごはんの様子です。
お店は、バスターミナルからホテルまで移動するとき、さんが目をつけていたお店にしました。 
(なぜこのお店が気になたのかはわかりませんが...)
観光客が訪れる場所ではないので、私たち以外のお客さんは、みな地元の方々(ご近所さんのようす)です。

お店の名前は、”エル・アブエロ”。  スペイン語での意味は、”おじいさん”です。
お店の看板には、”Freiduria” って書いてあるので、揚げ物屋さんです。
 20140717-201 Ronda ←エル・アブエロ

お店に入ったら、まずなにはともあれビールで喉の渇きをいやします。
 20140716-046 Sevilla ixy

この日の野菜系の食べ物は、トマトサラダ。 
トッピングされている白い物は、生のニンニクです!  
そして、これに塩とたっぷりのオリーブオイルが掛けてあります。
 20140716-045 Sevilla ixy

魚介ものとしては、小魚やイカのフライなどの盛り合わせ。 このお店は揚げ物屋さんですからね。 食べとかないと。
何度も言っちゃっているけど、アンダルシアのこの辺の地域では、こういった魚介の揚げ物が名物です。
日本で食べるのとは違って、どれもフワフワに揚がっていて、違った美味しさがありますよ。
 20140716-055 Sevilla ixy ←フワフワに揚げられてます

お肉系は、カツレツみたいなもの。。。 ミラノ風カツレツみたいです。(笑)
お味は、想像された通り。  普通に美味しいです。
 20140716-054 Sevilla ixy ←お肉料理

『揚げ物屋だし...油っこそう。。。』 なんて思われるかもしれませんが、どれも意外にさっぱりしていて食べやすいですよ。 美味しかったです。

さてさて、このお店、、、 食事をしている間、店内をみまわしてみると、たくさんのフラメンコ系の写真が飾ってありました。
とはいっても、踊りの方ではなくて歌の方の写真が多かったような気がします。

で、給仕をしてくれていた若いお兄さんに(写真を指さしながら) 『この方はカンタオール(歌い手)?』 って聞いてみたら、『そう。 お店のお母さんも昔はカンタオーラだったんです。』 って説明してくれました。 それから、カウンターでお酒飲んでたおじちゃんもカンタオールだって。 
そこで、折角なのでそのおじちゃんに声をかけ、いろいろお話し聞いたりして(どこまで通じてたかはわかりませんが。。。)、最後にさんと一緒に写真を撮らせてもらってきました。
左がその飲んでたカンタオールのおじちゃん。 右は店主のおじちゃん。 
例によって『もうお前はアミーゴだ!アミーゴ!アミーゴ!』 って言ってた。
 20140716-041 Sevilla

そう言えば、、、 店内には、あの有名なパコ・デ・ルシア(スパニッシュギターの第一人者でしたよね。。。)とこのおじちゃんたちが一緒に写ってる写真がありました! うっ...うそでしょ?!
カンタオールのおじちゃんに聞いてみたら、『このお店にも来たんだよ。』 って言ってたけど...
ホントかな...?  お酒も入ってたからなぁ。 
でも、写真には写ってますから。。。  なんとも微妙な感じです。

で、食事を終えて私たちが帰ろうとしたら、『もうちょっと、コーヒーでも飲んできなよ。』 なんて誘ってくれたんですけど、お店も閉めてるところだったので、残念ながらお礼を言ってお別れしました。
食事もさることながら、お店にいた人たちの明るさ・親しさには癒されました~。

ロンダに来たら、また訪れてみたいお店になりましたよ。
今度訪れるときまでには、もう少しスペイン語で会話できるようになって、お酒でも飲みながらいろいろと話を聞いてみたいなぁ。

お店のお兄さんに 『撮った写真を送って!』 ってお願いされたので、後日そのデータをメールで送りました。
『送ってくれたら店内に飾っとく。』 っていっていたので、今は飾ってあるかもしれないですね。
みなさんもロンダを訪れる機会がありましたら、是非一度行ってみてください。
なかなか楽しいお店でしたので。
それに...私たちの写真も飾ってあるかも?

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック