2014_10
24
(Fri)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  アラセナ :その8

! Hola amigos !  

今回は、ここまで何回かにわたってお届けしてきた ”アラセナ” の最後のお話です。
マルケス・デ・アラセナのお店で食事をした後は、バスの時間まで街を散策していきます。
行先は、事前に調査しておいた観光スポットです。
バスの時間まであまり余裕がないので、まわれるだけまわってくることにしました。
 Mapa de Aracena 22
     くまねこあるき
まずは広場からほど近いところにある ”Calle Rosal” 。 
道の途中にマリア様?の描かれた門みたいなものがあるのが特徴です。
 20140714-285 Aracena ←ロサル通り
     
ここからは街の北の方へ向かい、 ”Ermita de Santa Lucia” や ”Plaza de Toros(闘牛場)” あたりを散策するつもりだったのですが...
このあたりは道が思ったより複雑に入り組んでいて、 もちょっと迷いました。。。
で、結局 ”Calle la esperanza” まで来て引き返すことに。。。 
ホントはこの道をもうちょっと先に進めば闘牛場が見られたのですがねぇ~。  
でも、それはまた次回訪れた時のお楽しみということで。
 20140714-286 Aracena ←ラ・エスペランサ通り

次は、ここから引き返してきて、”Iglesia Parroquial de Nuestra Senora del Carmen” を見に行ってみました。
外壁が剥げ落ちた感じになっているのが特徴ですね。 中は入れませんでした。
1597年にムデハル様式で建てられた教会です。 
 20140714-288 Aracena

この教会を外から眺めた後は、街並みとお城・教会が綺麗に見える フォトスポット推薦!) を目指しました。
しかし... うまく行ける道がわからず、残り時間も少なくなってきたので、途中で断念。。。
こちらも次回へ繰り越しとなってしまいました。
     pan006
で、結局そのままバスターミナルへ...。

こちらは、バスターミナルへ向かう途中にある ”Iglesia de Santa Catalina:サンタ・カタリーナ教会” です。 
キリスト教の教会というより、イスラムっぽい感じがしますね~。
 20140714-293 Aracena
この教会が建てられたのは14世紀。 全体はゴシック・ムデハル様式で造られています。
特徴的なのは、白い壁と対照的な赤いレンガで造られた正面玄関ですね。
昔はシナゴーグ(ユダヤ教の教会堂)として使われていたようです。

ここから先は、バスターミナルまで道なりです。 なかなか雰囲気のある通りですね~。
 20140714-292 Aracena

途中で発見したこの建物は、”Ayuntamiento:市役所”。
二十世紀初頭のアンダルシア地方の様式で建てられています。
セビリアの建築家アニバル·ゴンザレス・アルバレス·オソリオによって設計されました。 
1989年から2001年までに改修工事が行われ、現在の形となっています。
 20140714-294 Aracena ←街の役場

あとは街の景色を楽しみながらぶらぶらと歩いていきます。
ピンク色の洗濯物も、景色のアクセントになっていい感じ~。
 20140714-296 Aracena

窓辺のお花も良い雰囲気を醸し出してます。
 20140714-295 Aracena

どこを見てもアンダルシアらしい景色ですね~。
そして、バスターミナルに到着~。
バスが到着するまでの時間は、ターミナルの中にあるバルで一休みです。
 20140714-303 Aracena pan005

バスは、定刻より少し遅れて到着。
あとはこれに乗ってセビージャまで戻ります。 (切符はバスの運転手さんから買ってね。)
     hatobasu-ani01.gif

ということで、アラセナの街とお別れです。 素敵な街でしたね。
 20140714-299 Aracena

次回は、セビージャのお話に戻ります。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック