2014_10
14
(Tue)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  アラセナ :その3(コンセホの泉)

! Hola amigos !  

とりあえず、お騒がせの台風は北の方に去って行ったようで。。。
まずは大きな災害がなくて良かったですね~。

ということで、今日も先週に引き続き ”アラセナ” の様子をお届けしますよ。
今回は、先日ご紹介した ”鍾乳洞” から坂道を降りたところにある ”Fuente de concejo:コンセホの泉” というところをご紹介します。
以前、 『この街には泉がたくさんあるようです。』 とご紹介しましたが、ここの泉もその中の一つです。
 20140714-149 Aracena ←この坂道を下ります

上写真の道を下ったところに、ちょっとした広場があって、そこにはこのような建物があります。
ここが ”コンセホの泉” です。 泉とはいえ、噴水のように噴出しているわけではありません。 
 20140714-163 Aracena

水はここから湧き出ています。
...って、どうやら鍾乳洞の洞窟の方から流れ出ているようですね。
 20140714-165 Aracena ←水源なの?

ここから流れ出てきた水は、水路を通って先ほどの建屋の中へと流れていきます。
そして、その建屋の中はこんな感じの作りになっていますよ。
で、感の良い方ならもうお分かりだと思いますが、ここは街のみなさんの洗濯場所として使われていたようです。
横に何本もの線が入った石板が、”洗濯板” として使われていたんですね。
 20140714-166 Aracena

ちなみに、この場所の名前にある ”concejo:コンセホ” というのは、 ”市(町、村)議会“ という意味があるので、 ”コンセホの泉” は日本で言うところの差し詰め ”井戸端会議の泉” 的な意味になるんでしょうかね。 フフフ。

そして、この泉の前には、水を汲む女性の像がたてられています。
スペインの女性っぽくはないですが... まあアートですからね。
 20140714-167 Aracena

さて、この泉を見学したら、次は ”Museo del Jamon:生ハム博物館” へと急いで向かいましょう! 
向かう途中には、この ”Ermita de San Pedro:サン・ペドロ教会” があります。 白く光っていて素敵な教会だったのですが... 陽の方向が悪く、ちょっと残念な写真になってしまいました。。。
 20140714-169 Aracena

教会を過ぎたら、この街の ”サン・ペドロ通り” を歩いていきます。 
通りの右側に見える鐘楼?付きの建物はホテル ”Hotel Los Castanos”  です。
 20140714-172 Aracena
     くまねこあるき
ここまで来ると、もう間もなくMuseo del Jamonに到着ですよ~。
 20140714-175 Aracena ←Museo del Jamonの看板を発見!

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック