2014_07
01
(Tue)08:00

イタリア訪問記 ベネチア

Hola  

今日から7月!
W杯も決勝トーナメントに入り、素晴らしい試合が行われていますね~。
そしてそのような試合に出場している選手たちを見ていると、『私も頑張らなきゃ!』 って気持ちにさせられます。 
これから日に日に暑くなっていくでしょうけれど、みなさん頑張っていきましょ!

さて、今日はしばらくサボっていた ”イタリア訪問記” の続きを書いていこうと思います。
イタリア訪問は結構昔のことなので、あまり良い写真がないので、ブログを書くのも少々滞りがち... 
ほんと申し訳ありません。 
気持ちを入れ替えて、また今日からがんなっていこうと思いますのでよろしくお願いしますね。

ということで、今回はベネチア(ベニス)の様子をお届けしま~す。
ベニスは、言わずと知れた 『水の都』 。
素敵な場所もたくさんあったのですが...やはり良い写真が全くなし!
今回は写真の数も少ないですが、その辺はご容赦ください。

まずはここ。 サン・マルコ広場です。
サン・マルコ(聖マルコ)は、イエス・キリストの言行録を記した福音書の4人の作者のうちの一人。
シンボルは、”ライオン” です。
なので、サン・マルコ寺院などには、あちこちにライオンがあしらわれていますよ。
 ↓ ちょっと見づらいですが...ベネチアのサン・マルコ寺院です。
 01 サン・マルコ寺院
福音書の作者は、他にマタイ、ルカ、ヨハネがいて、シンボルはそれぞれ人、牛、鷲となっています。

ちなみに...
以前にもお届けしたのですが、サグラダ・ファミリアの主祭壇前の4本の柱の上には、この4人のシンボルが描かれていますよ。 
訪れたらこちらでも一度ご覧になってくださいね~。 (写真の赤矢印部分)
 装飾の説明 ←それぞれのシンボルがあるところ。
聖マルコのシンボルは、こんな感じで表されていますよ。
 36080 Temple de la Sagrada Familia ←ライオンの絵

こちらは、サン・マルコ広場に立つ鐘楼。 
これは一度壊れた(1902年)ので、現在のものは1912年に再建されたものなんですって。
 02 鐘楼 ←サン・マルコ広場の鐘楼

鳩がたくさんいるサン・マルコ広場を観光した後は、サン・マルコ寺院からドゥカーレ宮殿の見学に行きます。
ドゥカーレ宮殿では、現地のガイドの方の案内で見て回りました~。 
素敵な女性のガイドさんだったのですが、なにか忙しかったらしく、バタバタと案内していってしまったことしか覚えてないですね~。(笑)
 03 ドゥカーレ宮殿 ←ドゥカーレ宮殿へ

ドゥカーレ宮殿の見学を終えたら、次は船に乗ってムラーノ島へ。
ムラーノ島では、ヴェネチアングラスの工房を見学しました。 
ムラーノ島で作られているヴェネチアングラスは、落としても割れないほどの強度がありましたよ。
 04 ムラーノ島 ←ムラーノ島

ヴェネチアングラスの工房を見学した後は、もう一度サン・マルコ広場周辺に戻り、ゴンドラに乗って水路から遊覧観光をしました~。

こちらは、ドゥカーレ宮殿から続く橋、 ”ため息橋" と呼ばれている橋です。
橋を渡った先には牢獄があり、ここに幽閉される人は、この橋を渡るときに見えるヴェニスの景色を見て、『ヴェニスの街もこれが見納めになるのか...』 と、ため息をついたという由来のある名前の橋です。
 05 ため息橋 ←ため息橋

さてさて、ヴェニスの街には、他にもリアルト橋などいろいろ見どころもあるのですが... 写真もないのでご紹介はこれで終了です。 それに...他に訪れた場所の記憶もないんですよね~。
で、私たちはこの後、昼食をとりにレストランへ入りました。
お料理に何が出てきたか詳しく覚えていないのですが、”イカ墨のスパゲッティ” が出てきたのを覚えています。 悪い意味で。。。
はっきり言って、 『これをイタリアのスパゲッティとして出しちゃイカン!』 って代物でした。

ということで、次回は ”ピサ” の様子をお届けします。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
Ciao !
Hasta luego.
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック