2014_06
17
(Tue)08:00

イタリア訪問記 ミラノ :スフォルツェスコ城 

! Hola a todos !  

昨日のW杯日本代表戦はとっても残念でした。。。
いつも通りの実力が出せなかった感じですね~。
超~残念...。 ガッカリです。
でも、まだ2試合あります! 
コートジボアール戦以上に難しい試合になりますが、なんとか一勝あげて欲しいですね!
頑張れ!  日本!


さて。
スペインのお話は今日からちょっとお休み。
きょうからは、昔に訪れたイタリアの様子をポツポツと書いていこうかと思います。
どれだけ覚えてるかなぁ~。
思い起こしながら、少しずつ綴っていきたいと思います。

また、昔の話だけに...写真はまだデジカメが普及していない頃。
なので、画像はほとんどが ”プリントされたものをスキャナで読み込んで起こしたもの” です。
ネガは残してあるので、フィルムスキャナを使ってして読み込むって方法も考えられたのですが...
お金と時間がかかるうえ、もともとハンディなカメラで撮ったものなので画質も良くないので、この方法はあきらめることにしました。
なので、このシリーズでの写真の画質が良くないのはご了承くださいね。
では、そんな感じで、イタリア旅行記のはじまりで~す! 


イタリア訪問は、このとき2回目。
1回目は、ローマに数日だけ滞在しただけだったので、実質この時が初めてといっていいかもしれません。
当時は、資金も少なかったし、行きたいところもたくさんあったので、旅行会社のツアーを使うことにしました。
それも比較的安めのツアーで。。。
その後も何回か使ったこの会社のツアーは、比較的リーズナブルな価格の上、たくさんの場所を回ってくれるので重宝していたのですが、その分、移動などが早朝(朝5時ころ)からだったりして、かなりの強行軍だったのを覚えています。
  military_totsugeki.gif military_totsugeki_2.gif

この旅、最初に到着したのは、こちらはミラノのマルペンサ空港
かなりローマのレオナルド・ダ・ビンチ(フィウミチーノ)空港と比べると、の~んびりした雰囲気の空港だったのを覚えています。
 001 ミラノ マルペンサ ←マルペンサ空港に到着~

こちらは、空港に到着後、ツアー御一行様を乗せたバスが出発するところ。
結構、西日がきつかったなぁ~。
 002 ミラノ マルペンサ
それにしても、バスの窓ガラスに写りこんじゃってますね。
この頃は、そんなに写真に気を使って無かったからなぁ~。 

さて、こちらが初ミラノでの滞在に使われたホテル ”リパモンテ・ホテル&レジデンス” です。
宿泊施設の傍に、国際会議に使われるような大きな会議場があります。
 005 ミラノ リパモンテ・レジデンス ←リパモンテ・ホテル&レジデンス

ホテルの部屋は、 ”ちょっと綺麗めな合宿所” みたいなな感じだったかな。 
実際、ホテル前のグランドでサッカーの練習しているチームの宿泊所にもなってたみたい。
どこのチームかは、よくわかりません。 少なくともミランやインテルではなかったような気がします。
 006 ミラノ リパモンテ・レジデンス ←ホテルの部屋のテラスからの景色

ホテルはこんな感じなのですが、、、
最大の難点は、市内からけっこう離れているところ。 
距離にしてだいたい10kmぐらいかな。
一応、路線バスがミラノ市内から頻繁に出ているようなのですが、、、 慣れていない人が利用するにはちょっと難しいかもね。
また、地図ではホテルからちょっと離れたところに電車の駅もあるようなんですが、、、ほんとに電車が止まるかどうかもわからないような小さな駅です。 
なので、市内観光用として利用するのには、旅慣れたひとじゃないとちょっと難しそうですね。
 003 ミラノのホテル
という感じのホテルに宿泊で~す。

そして、次の日から早速観光の開始でーす!
まず最初、朝一で連れてきてもらったのがここ。
ミラノの街の中心にあるセンピオーネ公園内の ”スフォルツェスコ(スフォルツァ)城” です。 
 010 ミラノ・スフォルツェスコ城

ここは、イタリア通の方々には有名な場所なのでしょうけれど、初めて訪れた私たちにとっては、ここがどんなところなのかまったくわかりませんでした。  まあ勉強不足でしたね。 
ツアーとはいえ、ガイドブックすら持たずに行ってしまったんですから。。。

で、折角ですので私と同じような方のために、このスフォルツェスコ(スフォルツァ)城というところをご紹介しましょう。
ここは、もともと ”ヴィスコンティ家の居城” (個人所有のお城!)だったところを、ミラノ公爵だったフランチェスコ・スフォルツァさんが、1450年に城塞として改築、現在は博物館として使用されているそうです。
内部には、ミケランジェロやダ・ヴィンチの作品があるそうですが、ダ・ビンチの作品(未完成の壁画)の方は、昨年まで白いペンキで塗りつぶされ、発見されていなかったそうです。
現在は修復作業が行われているそうですよ。

もちろん、当時はその壁画も見られませんでしたし、あの有名なダビンチの作品 ”最後の晩餐” も修復中で見られなかったので、このスフォルツェスコ城の壁画の修復が終わったあと、もう一度ミラノの街を訪れてみたいですね。

今度は、ちゃんと事前に勉強してからいけば、もうちょっと楽しめるでしょう。
当時は、周囲をぐるっと散策した記憶しか残ってないですから。

では。
Chao !  
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック