2014_04
07
(Mon)08:30

スペイン リーガ・エスパニョーラ第32節 試合結果!

! Hola amigos !  

今日は週明け初日ということで、お決まりのリーガ情報をお届けします!

今回は、先週末に行われたリーガ第32節の試合結果です。

まずは、三強の中で一番最初に試合が行われたアトレティコ・マドリードの試合からです。
リーガ三強のチームは、週中でCLの試合があり、どのチームも選手の疲労が気になるところ。
特にアトレティコは、三強の中で一番選手層に不安があるチームですから、今節の試合は少々きついでしょう。
しかも、今回の対戦相手は、難敵の”イエローサブマリン軍団”ビジャレアルですからね~。
ただ、アトレティコがここで負けちゃうとリーガの首位争いが面白くなくなっちゃうので、なんとかここで勝利してもらいたいところです。

試合は、パス回しに関して一枚上手のビジャレアルが試合をコントロール。
とはいっても、アトレティコはポゼッションが低くても”堅守”と”少ないチャンスを決めきる力”があるので問題なしでしょう。  ただ、ディエゴ・コスタが欠場なのがちょっと不安かな。。。
で、試合が動いたのは前半13分。
右コーナーからのボールを、この試合、先発&キャプテンのラウル・ガルシアが頭で決め、アトレティコが先制しました。
その後、ビジャレアルが攻め続けるものの、スタジアムのサポータ(コルチョネロ:アトレティコサポーター)の声援を背にアトレティコ守備陣が奮闘!
この貴重な1点を最後まで守り切り、アトレティコが難しい試合をものにしました。
ということで、最後までアトレティコの守備を崩しきることができず、1-0でアトレティコが勝利しました。
 Atletico Madrid Atletico Madrid 1-0 Villarreal CF Villarreal CF
ビジャレアルは、良いときはどこからでも攻められる素晴らしいチームなのですが、苦しいときに頼れる絶対的なエース(C.ロナウド、メッシ、ディエゴ・コスタ...せめて、ルベン・カストロぐらい...)がいないのが残念ですよね~。
いれば、もっと上位にいけると思うんだけどなぁ~。


さて、アトレティコが勝利したとなると、やはりバルセロナも追随していかないといけないですよね。
そのバルサは、今節はダントツの最下位のベティスとの対戦です。
最下位とはいえ、降格圏脱出に必死になっているチームだけに、甘くみているとやられちゃいますから要注意です。
試合が始まると、GKアダンの移籍で若干守りが補強されたとはいえ、まだまだ弱いベティス守備陣相手に、バルサはなかなかゴールを割ることができません。
そして、ようやくゴールできたのが前半13分。
相手エリア内で、キレキレのフェイントで相手を交わそうとしていたアレクシス・サンチェスの足に、ベティスのDFジョルディ・フィゲラスの足がかかってしまいファウル&PKの判定。 これはちょっと厳しい判定でしたね~。
これをメッシが落ち着いて決めて、バルサが先制しました。
しかし、ベティスはここであきらめず、この後もバルサ相手に反撃しますが、試合は後半20分まで1-0のまま膠着した状態が続きます。
そして、次の得点が生まれたのは後半21分。
バルサのゴール前へのスルーパスをクリアしようとしたジョルディ・フィゲラスのボールが、GKアダンの逆をついてしまい自身のゴールへ。。。
運がない時ってこういうものなんですよね~。
しかも、こういう時に限って、あれほど入らなかったゴールがベティス(22分:ルベン・カストロ)に生まれました。
これで2-1。 『オウンゴールさえなければ。。。』という展開です。
こうなると、次の点をどちらが奪うかで試合の流れが決まるところ。
しかし、次の得点はやはりバルサでした。
後半40分に、左サイドを駆け上がったネイマールが、ゴール前にセンタリングをあげると、このボールをアマジャが腕に当ててハンド! 
メッシは、このPKを一度はアダンにはじかれるものの、はじかれたボールを再度ゴールへ蹴りこみ、試合を決定づける3点目を奪いました。
 FC Barcelona FC.Barcelona 3-1 Real Betis Real Betis
バルサは、CLの疲れも残っているのかなぁ。。。 結局、最後まで流れの中で得点することができませんでしたねぇ。(先発FWは、メッシ、サンチェス、ペドロ)
一方、ベティスは今節も敗戦。 残り6試合で降格圏を脱出するのはかなり難しい状況になってきました。


さあ、上位2チームが勝利したとなると、3位のマドリーはますます負けるわけにはいきませんよね。
しかし、今回の対戦相手は難敵ソシエダ。 
エース C.ロナウド不在の上、アウェイのアノエタでの試合ということもあり、かなり難しい試合になりそうな予感です。
この試合、マドリーはバレンシアを思わせるようなオレンジのユニフォームでのぞみますが、試合序盤からそのマドリーをソシエダが圧倒するような形で試合が進みます。
前半15分のコーナーキックからベラの決定的なシュートなど、何度もソシエダがチャンスを作り出すも、なかなか得点に結び付けることができません。
そして、前半終了間際、逆にマドリーにチャンスが、、、
エリア内の左サイドからベンゼマがシュートを放つと、GKクラウディオ・ブラボがこれをはじきますが、これをゴール前に詰めていたイジャラメンディが押し込んでゴール!
古巣相手のゴールということもあって喜びは少な目でしたが、このゴールでマドリーが先制しました。
そして、次にスコアが動いたのは後半20分過ぎ。
GKクラウディオ・ブラボのパス・ミスを拾ったベイルが、すかさずミドルシュートでゴールを奪い2-0。
この得点が疲れの見え始めたソシエダの選手たちに大きくのしかかり、少しずつ崩れ始めてしまいます。
そして、39分にはコーナーキックからのボールをS.ラモスが折り返すと、それをゴール前のぺぺが決めて、ついに試合を決定付ける3点目が入りました。
更に、その直後にモラタが投入されると、43分にディ・マリアからの長いスルーパスを受けたモラタが、GKとの一対一を制してダメ押しの4点目を奪います。
結局、終わってみれば、4-0の完封でマドリーの大勝となりました。
 Real Sociedad Real Sociedad 0-4 Real Madrid Real Madrid CF


続きましては、現在5位の位置にいるセビージャの試合結果です。
試合は、開始直後からアウェイのエスパニョールが主導権を握る展開。
セビージャは、ラキティッチが出ていないためか、試合はエスパニョールが主導権を握る展開で、『あれ?いつものセビージャじゃない!』という感じで始まりました。
しかし、時間が経つにつれて少しずつ調子を取り戻してきたセビージャは、エスパニョールのGK(ヘルマン)がリーガ・デビューということもあってか、徐々にミドルシュートなどでゴールを狙い始めます。
そして、前半17分には、コーナーキックからボールをエムビアがヘディングでゴールし、セビージャが先制します。
その後、エスパニョールはこの失点を取り返すべく果敢に攻めていきますが、セビージャの硬い守備陣に跳ね返されて得点はなりません。
そのうちに、セビージャが反撃。
右サイドからあげたセンタリングを、ゴール中央で受けたガメイロがトラップしてシュート! 
これが決まり、セビージャが2点リードした状態で前半を折り返しました。
なんだかんだでセビージャ優位の試合展開に気が緩みつつあったセビージャですが、後半開始早々に、エリア内でファシオがファウルでPK&ゴール(セルヒオ・ガルシア)をエスパニョールに献上してしまいます。
こうなると、次の1点がどちらに入るかで大きく試合の展開が変わってきますよね。
で、その注目の次の得点を決めたのはセビージャ!
ラキティッチやドリブラーのマリンなどを投入してボールが回りだしたセビージャは、そのマリンとガメイロのパスプレーからガメイロがゴールを奪って3-1。
この得点で試合を決定付けたセビージャは、試合終了間際にもラキティッチがゴールを上げダメ押し。
試合開始のときの不安はどこへいったのか、、、終わってみれば4-1でセビージャの快勝に終わりました。
 Sevilla FC Sevilla FC 4-1 RCD Espanyol Espanyol.jpg


今節の最後にお届けする試合は、バレンシアの試合です。
バレンシアは、現在残留争いをしているバジャドリードとアウェイでの対戦となりました。
主力の多くを怪我で欠くバレンシア... 
この試合は、現在の順位を感じさせない互角...いやいや、バジャドリードのほうが試合をコントロールしていた感があったかなぁ。
しかし、バジャドリードはミスが多い!!!
『これだけミスが多けりゃ今の順位もうなずけるな』とちょっと納得。
そのミスをついてバレンシアも良い攻撃を見せたんですが、何度も訪れる決定機を決めきることができず、結果、両者スコアレスドローに終わりました。
 Valladolid_20120516071319.jpg Real Valladolid 0-0 Valencia CF Valencia CF
残留争いをしているバジャドリードとしては最低限の結果は得られたでしょう。
一方、バレンシアは、、、現在の戦力では、残り6試合でこれ以上順位を上げるのは難しいかなぁ。
早く怪我人が復帰してくれることを願うしかないですね。
GKのグアイタも不安だけど、バルガス...もうちょっと自信を持ってシュートを打って欲しいんだけど。。。
大丈夫かな?

ってことで、ここまでのリーガの順位表を紹介して終わりにします。
 1位  :アトレティコ・マドリード (79)
 2位  :バルセロナ (78)
 3位  :レアル・マドリード (76)
 4位  :アスレチック・クラブ・ビルバオ (56)
 ※一試合未消化
 5位  :セビージャ (53)
 6位  :レアル・ソシエダ (50)

 7位  :ビジャレアル (49)
 8位  :バレンシア (40)
 9位  :レバンテ (40) ※一試合未消化
 10位 :エスパニョール (40)
 11位 :マラガ (38)
 12位 :ラージョ・バジェカーノ (36)  
 13位 :セルタ (36)
 14位 :エルチェ (35)
 15位 :グラナダ (34)
 16位 :オサスナ (33)
 17位 :バジャドリード (31)
 18位 :ヘタフェ (31)
 19位 :アルメリア (30)
 20位 :ベティス (22)
 

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック