2017_06
19
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その3 パン広場)

! Hola a todos ! 

今朝は朗報が一つ。
スペインのリーガ2部のテネリフェで頑張っている柴崎岳選手が、カディスとの昇格プレーオフの2nd leg.で値千金のゴールを決め、次のヘタフェとのプレーオフ決勝へとコマを進めることができました!!!
     jpn_winner.gif
それにしても難しい試合でしたね~。
正直なところ、カディスが勝利してもおかしくない状況でしたよ。
1st legを0-1で落としていましたから、このホームの戦いで1点でも失うとまずい状況。 そんな中、なんとか最後まで1-0で持ちこたえることができたのは素晴らしかったです。 

ただ...チームの課題は多そうですね~。 
相手左サイドからの攻撃にかなりやられている感がありましたし、攻撃の連動性に関してもう~ん...といった感じです。
次のプレーオフ決勝の相手は難敵”ヘタフェ”。 
あのホルヘ・モリーナが攻撃陣をけん引する試合巧者のチームですから、相当頑張らないと難しいでしょうねぇ。
とはいえ、常に何が起こるかわからないのがサッカー!
次も柴崎選手の頑張りとチーム勝利を期待しましょう!!!
  

さて、ここからはいつものスペイン旅のお話になりまーす。
引き続きタラベラ・デ・ラ・レイナの街の散策の様子です。

街を散策しながら見えた大きな教会を目指して歩いていくと、、、、
その先にはちょっとした広場がありました~。
ここは、 ”パン広場” と呼ばれているところで、街の観光の中心みたいに感じられました。
00242 Talavera de la Reina

この広場には上の写真ような噴水があって、ところどころに陶器で作られた箇所があります。
こちらは吐水部分なんですが、人の顔をモチーフにカラフルな色合いで作られています。
00243 Talavera de la Reina

ここに来ると、さすが陶器の街と感じられるように、あちらこちらに陶器で装飾が施してあります。
こちらは、ポルトガルのアズレージョを感じさせるような ブルーを基調とした陶器で装飾されたベンチです。
※ちなみに、アズレージョは装飾タイルのことを指すそうです。
00241 Talavera de la Reina

こちらの花壇も、ブルーを基調としたタイルで装飾されています。
00245 Talavera de la Reina

こちらのベンチは、先ほどのベンチとは違ってカラフルな色合いでつくられたタイルで装飾してありますねー。
描かれている絵は、どんな場面なんでしょうか?
00244 Talavera de la Reina

さて、次はこのパン広場に私たちを導いてくれた大きな教会です。
この教会は、 ”サンタ・マリア・ラ・マヨール教区教会” と呼ばれています。
00257 Talavera de la Reina

もうちょっと近くによって見ると、その堂々とした作りを感じることができますね。
00254 Talavera de la Reina

正面入り口上には、透かし彫りのような装飾が施してあります。
中から見たらどんな風に見えるんだろ。 
でも、この時(この日?)は... 中には入れなかったんですー。
00260M Talavera de la Reina

ということで、せっかくの場所も見学できず...そのまま先に進んでいくことにしました。
すると、パン広場の先にはロータリー(交差点)があり、この先は街外れといった雰囲気です。
00264 Talavera de la Reina

ここには、川が流れていて、赤い橋が掛けられています。
この川は ”タホ川” 。 あのトレドのまわりを流れているのと同じ川ですよ。
ですので、この川をどんどん遡っていくと、トレドの街に着いちゃうってわけです。
00265 Talavera de la Reina

...懐かしいトレドの街...最近訪れてないなぁ~。
0594 Toledo

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト