2014_02
24
(Mon)10:00

波乱のリーガ第25節 試合結果!

! Hola, amigos !  

今回は、波乱のリーガ第25節の試合結果をお届けしま~す!

まず、三強の中で一番最初に行われたレアル・マドリードの試合から。
対戦相手は、今期昇格組のエルチェです
<レアル・マドリード>
  ・FW: ヘセ、ベンゼマ、ベイル
  ・MF: ディ・マリア、シャビ・アロンソ、イジャラメンディ
  ・DF: アルベロア、ヴァラン、ペペ、カルバハル
  ・GK: ディエゴ・ロペス
(交代 後半28分:ヘセ→イスコ、36分:ベンゼマ→モラータ、37分:シャビ・アロンソ→カセミロ)
<エルチェ>
  ・FW: マヌエル・デル・モラル、コロ、ヒル
  ・MF: ハビ・マルケス、ルベン・ペレス、リベラ
  ・DF: エドゥ・アルバカル、ダビド・ロンバン、アルベルト・ボティーア、シスマ
  ・GK: マヌ・エレーラ
(交代 後半27分:リベラ→ニグェス、28分:マヌエル・デル・モラル→フィデル、33分:ヒル→クリスティアン・エレーラ)

この日のマドリーは、試合開始から中央でディ・マリアが躍動するも、ベンゼマ、ヘセが決めきれず、なかなか得点を奪えない状態が続きました。
で、最初にゴールが決まったのが前半33分。コーナーキックからのこぼれ球を、イジャラメンディがシュート! これが相手DF(マヌエル・デル・モラル)に当たりながらもゴールへと吸い込まれ、先制点となりました。
GKのマヌ・エレーラもそれまで良い反応をしていたのですが、DFに当たったことで逆を突かれてしまいましたね。 
先制点を奪ったものの、その後、マドリーはなかなか追加点を奪うことが出来ず、1-0のまま試合が進みます。
そして、この停滞した嫌なムードを払拭したのが、後半20分のベイル
ゴールよりかなり離れた位置から豪快なミドルシュートを放つと、ボールは無回転で揺れながらバーにあたってそのままゴールへ!
まさに ”ゴラッソ!” というゴールが生まれ、マドリーが追加点を奪うことに成功しました。
これで、目が覚めたマドリー。 攻撃が再度活性化すると、次に決めたのは途中から出場したイスコ
ゴールライン際の角度のないところから、持ち前の針の穴を通すかのようなシュートで、キーパーとポストの間を通してゴールを奪い3点目。 これで勝負あり。
3-0でレアルが勝利しました。
 Real Madrid CF Real Madrid CF 3-0 Elche CF Elche CF
★得点: 前半33分:イジャラメンディ、後半26分:ベイル、35分:イスコ

ここのところディ・マリア、ヘセ、ベンゼマのトリオが良い動きをしていたのですが、今回は不発。。。
ベイルも、ゴラッソはあったものの、ドリブルでの突進を止められたり、シュートを外したりと、全般的に見るとあまり調子は良くなかったかも。。。
でも、こういった試合でもきっちり勝利しちゃうのが、さすがマドリーといったところですね。
次節は、ようやく出場停止明けのC.ロナウドが出てくるでしょう! 
試合は、ビセンテ・カルデロンでのマドリードダービ-! 楽しみです! 
     goal-keeper_4_20111024171929.gif


続いては、同じ日にマドリーの試合から4時間遅れで始まったバルセロナの試合の結果です。
対戦相手は、レアル・ソシエダ
強豪ソシエダとはいえ、マドリーが勝利しているだけに、絶対に負けられない試合ですね!!!
<レアル・ソシエダ>
  ・FW: グリースマン、ベラ、カナーレス
  ・MF: ベルガラ、エルストゥンド、スルトゥサ
  ・DF: ホセ・アンヘル、イニゴ・マルティネス、ミケル・ゴンサレス、ホセバ・サルドゥーア
  ・GK: クラウディオ・ブラーボ
(交代 後半28分:グリースマン→シャビ・プリエト、38分:カナーレス→アンソテギ、46分:エルストゥンド→パルド)
<FCバルセロナ>
  ・FW: ネイマール、メッシ、ペドロ
  ・MF: イニエスタ、ソング、ブスケツ
  ・DF: アドリアーノ、ピケ、バルトラ、モントーヤ
  ・GK: バルデス
(交代 後半15分:ソング→セスク、27分:モントーヤ→アレクシス・サンチェス)

試合は、開始からほぼ互角の戦い。 共に何度かチャンスをつくりますが、お互い決めきれません!
で、先にチャンスをつかんだのがソシエダ。
前半31分に、ショートコーナーからカナーレスがゴール前にボールをあげると、エルストゥンドと競ったソングにボールが当たってオウンゴール! バルサに一瞬嫌な空気が流れます。
しかし! いつもの通り、ここからバルサは攻撃のレベルを一段あげて、ゴールを奪いにかかります。
そして、すぐさま3分後に、バルサらしいパス交換から、最後はメッシがゴールを決めて同点に追いつきます! さすがバルサですね~。 
...っていうか、『最初からその勢いでやればいいのに...』って思っちゃうのは、素人の浅はかな考えなんでしょうか?
前半は、この二つのゴールで折り返し。 後半も両者の激しい戦いが期待されました。
後半に入ってまず先手を握ったのは、ソシエダ。
後半9分に、バルサの守備陣のミスから生まれたこぼれ球をベラが拾い、ゴール前のグリースマンとパスを通すと、グリースマンが滑り込みながらシュート! これが決まって2-1となりました。
さらに!
その5分後には、攻撃態勢に入ったバルサに対し、ソシエダがカウンター攻撃からチャンスをつかむと、グリースマンのパスに2列目から飛び出したスルトゥサが、GKバルデスと交錯する直前でボールの方向を変え、3点目のゴールを奪いました~。 
バルサは、この2点差をつけられた時点で、残り時間は約30分。
『まぁ、バルサならなんとかなるわ。。。』と誰もが思っていたのですが、、、
ここから攻撃を重ねるも、なかなか次の1点が奪えないバルサ...。
時間だけがどんどん過ぎていき、徐々に焦り始めるバルサ・メンバー。 選手交代でなんとか流れを変えようと試みますが、交替で入った選手もこの流れを変えることが出来ず、、、とうとう試合終了!
あっけなくバルサに土がついてしまいました~。
 Real Sociedad Real Sociedad 3-1 FC Barcelona FC Barcelona
得点 前半32分:ソング(オウンゴール)、35分:メッシ、後半8分:グリースマン、13分:スルトゥサ

バルサは、そんなに動きが悪かった印象はなかったのですが...
時折見せるソシエダの攻撃の方が、これを上回ったということなんでしょうかね~。 ベラ、グリースマンそしてカナーレス...輝いてましたよ!
この敗戦で、バルサは首位陥落!
久しぶりにレアル・マドリードが首位に立ちました!!!
    lob_a_shot.gif
 

さて、リーガ三強の最後の試合は、アトレチコ・マドリードの試合。
前日にマドリーが勝利し、バルサが負けているため、これの試合に勝利すればマドリーと勝ち点差で並ぶ2位に上がることが出来ます!
次節はマドリード・ダービということもあり、ここは確実に勝ち点を重ね、首位を行くマドリーについていきたいところでしょう。
対戦相手は、ここのところ少しずつ調子を上げてきているオサスナでした。
<オサスナ>
  ・FW: オリオール・リエラ 
  ・MF: アルメンテロス、ロベルト・トーレス、セフード
       フランシスコ・シルバ、ロロ
  ・DF: ダミア、アリバス、ロティエ、ベルトラン
  ・GK: アンドレス・フェルナンデス
(交代 後半0分:ベルトラン→オイエル、34分:ロティエ→ミゲル・フラニョ、38分:セフード→ロエ)
<アトレチコ・マドリード>
  ・FW: ディエゴ・コスタ、ビジャ
  ・MF: ディエゴ、ガビ、マリオ・スアレス、アドリアン・ロペス
  ・DF: フェリペ・ルイス、ゴディン、アルデル・バイレルト、フアンフラン
  ・GK: クルトワ
(交代 後半0分:マリオ・スアレス→コケ、13分:ディエゴ→アルダ、15分:ビジャ→ラウル・ガルシア)

アトレチコには、久しぶりにDFのフェリペ・ルイスが戻って来て、守備が万全になるかと思いきや...
オサスナに先制点を決められてしまいます。
前半6分に、左のショート・コーナーからファーサイドへと高く上げられたクロスに、後ろからフリーで走り込んできたセフードが、タイミングバッチリの素晴らしいボレーシュートでゴールを決めました!
そして、続いて20分にゴールを決めたのもオサスナ!
DFフアンフランのこぼれ球を拾ったアルメンテロスが、ゴール正面からミドルシュートを決めて2-0!
更に41分にもオサスナがゴールを決めます。
左サイドのダミーアからマイナスであがったクロスを、DF陣のぽっかり開いた空間に走り込んできたロベルト・トーレスが、フリーでヘディングシュートを放ち、これが決まってとうとう3-0!
アトレチコは、守備が安定するどころか、前半で3点ものビハインドを背負ったまま、後半へと入ることになりました。
しかし、後半に入ってもなかなか攻撃のエンジンがかからないアトレチコ。。。
ようやく”らしい動き”が出始めたのが30分過ぎてから。
その後は何度もチャンスをつくってオサスナのゴールへ迫りますが、結局最後までゴールネットを揺らすことが出来ず、無得点のまま試合終了となってしまいました~。 アトレチコ...完敗です!!!
 Osasuna.jpg CA Osasuna 3-0 Atletico Madrid Atletico Madrid
得点 前半5分:セフード、20分:アルメンテロス、41分:ロベルト・トーレス

これは...アトレチコにとって痛い敗戦になってしまいましたね~。
またしても、バルサの敗戦にお付き合いです。。。
CLの試合の後だけに、全体的にアトレチコの選手が疲れてたのかなぁ。。。身体が重そうな感じでしたねぇ。
それに、1点目と3点目を奪われたとき、なにかDF陣に空白の時間が出来ちゃっていたっていうか...そんな感じが見受けられました。
そして、攻めに関しては、ディエゴがアトレチコの組織的な攻めにまだマッチしていない感じ。。。
後半にアルダが出てきてからの方が、攻撃が活性化していました。 この辺は、これからのアトレチコの大きな課題でしょうねぇ。。。
一方、オサスナの方は、これまでの不調が嘘だったかのような、まさかの快勝!!!
シーズン開始直後の低迷期からようやく抜け出せて来た感じになってきました。
これを機に、更に上位へと進出していきたいところでしょう!
     lob_a_shot_5.gif


4試合目は、現在リーガのCL出場枠圏内にいるアスレチック・ビルバオの試合です。
対戦相手は、今期ダントツで最下位に低迷しているベティス。 マドリーからGKアダンが加わってたて直しをはかっている最中ですが...
<ベティス>
  ・FW: ルベン・カストロ
  ・MF: セドリック、セビージャ、バティスタン
       ロロ、ノノ
  ・DF: ディダク、ヌディアイェ、ペルキス、フアンフラン
  ・GK: アダン
(交代 後半0分:バティスタン→ジョルディ、15分:ノノ→ノサ、32分:セドリック→マティージャ)
(退場者 前半40分:ペルキス、後半12分:ロロ)
<アスレチック・ビルバオ>
  ・FW: キケ・ソラ
  ・MF: ムニアイン、アンデル・エレーラ、スサエタ
       ミケル・リコ、イトゥラスペ
  ・DF: バレンシアガ、サン・ホセ、グルペギ、イラオラ
  ・GK: イライソス
(交代 後半22分:ミケル・リコ→デ・マルコス、34分:ムニアイン→ギジェルモ、43分:スサエタ→サボリト)

試合は、現在の順位差を思わせないベティスの攻撃で、両者そこそこチャンスをつくっていました。
しかし、やはり守備に難有りのベティス。。。
徐々に守備の乱れ突かれ始め、度々決定的な危機を負い始めます。 
この危機は、なんとかGKアダンの好セーブで難を逃れていましたが...
前半32分に、ついに得点を奪われてしまいます。
左サイドでペルキスがキケ・ソラにかわされ、ゴール前へドリブルで突進されると、ペルキスがたまらずエリアギリギリのところでファウル!
このファウルを審判がエリア内であると判断し、PKの宣告がされてしまいました!
ここまで、何度となく危機を救ってきたGKのアダンでしたが、さすがにこのPKは止めきれず、先制を許してしまいました。 
まぁ、アダンが防げなかったというよりは、これはPKを蹴ったムニアインの方を褒めるべきでしょうねぇ。
さて、その後、なんとか挽回しようと奮闘するベティスだったのですが、41分には、またしてもペルキスが不用意なタックルでファウルを犯してしまいイエローカード!
これが、この日2枚目のカードだったので、これでペルキスが退場になってしまいました!
そして、後半に入ってもベティスの不幸はまだ続きます。
後半12分、今度はロロがハンドのファウルを犯して2枚目のイエローで退場! 
ベティスは、とうとう9人になってしまいました。
これでベティスは守勢にまわるかと思いきや...意外や意外! その後、9人となっても戦意を失わず攻め続けます!
そして、ついに19分には、ビルバオ陣内で放ったシュートがバレンシアガの腕に当たって外に出たのでPK!
...と思ったら、審判はなんとコーナーキックを指示!
これには、ベティスの選手もベティコたちも抗議しますが判定は覆らず...
その後のセットプレーも決めることが出来ず、結局大きなチャンスを失ってしまうことになりました。
そして、この日の不運なベティスに、最後のトドメが刺されたのが35分。 
ムニアインに替わって入ったばかりのギジェルモに、ヘディングでゴールを決められて勝負あり。
さすがに、心優しきベティコ達もこの時点で席を立ち始め、結局、このまま2-0でビルバオの勝利となりました~。
 Real Betis Real Betis 0-2 Athletic Club Bilbao Athletic Club Bilbao
得点 前半33分:ムニアイン(PK)、後半35分:ギジェルモ

この日は、ベティスに ”勝つぞ!” という強い意志が感じられたのですが、運がなかったですね~。
それにファウルの連発で退場者が2人。。。 彼らは一体何がしたかったのか...勝ちたいという気持ちだけが空回りした試合となってしまいました。
一方、ビルバオは難なく勝ち点を積み上げることができ、引き続き上位3チームを追撃します。
     せりあい


最後は、バレンシアの試合です。
今節は、グラナダとの対戦。 グラナダは調子に波がありますが、乗せるとこわ~いチームでもあります。
バレンシアは、グラナダに調子を上げさせないまま、勝ちに結びつけたいところでしょう。
<バレンシア>
  ・FW: バルガス
  ・MF: フェデ、パレホ、フェグリ
       ハビ・フエゴ、ケイタ
  ・DF: ベルナット、マテュー、ルベン・ヴェーソ、バラガン
  ・GK: ディエゴ・アウベス
(交代 後半7分:ケイタ→パコ・アルカセル、13分:バルガス→ジョナス、27分:フェデ→ミチェル)
<グラナダ>
  ・FW: ブラヒミ、エル・アラビ、ピティ
  ・MF: レシオ、イトゥーラ、フランシスコ・リコ
  ・DF: アングロ、ムリージョ、コエフ、ニョム
  ・GK: ロベルト・フェルナンデス
(交代 前半20分:フランシスコ・リコ→ファタウ、後半22分:ブラヒミ→ペレイラ、39分:ピティ→フルキエ)

本試合では、1トップにバルガス、トップ下で攻撃のタクトを振るのはパレホという布陣。 たぶん、ケイタが入ったことで、パレホを前に出したのでしょう。
気持ち的にはわかりますが...私的には、ちょっとハテナ?な先発メンバーでした。
試合は、開始から若干グラナダペース。。。 いつもの個人技でバレンシアを攻めたてます。
前半は、結局両者にゴールは生まれず、スコアレスのまま折り返しとなりますが、後半に入るとすぐにスコアが動きました。
バレンシアゴール前で、ハビ・フエゴとマテューの連携ミスからピティにシュートを打たれ、これが決まってグラナダが先制します!
その後、バレンシアは、ケイタに替わってパコ・アルカセル、バルガスに替わってジョナスが入ったことで、ようやく攻撃が活性化! 18分には、フェグリの絶妙なゴール前のパスに、パコ・アルカセルが走り込んでシュート! これが決まって同点に追いつきました。
その後、グラナダが守りに回ると試合が停滞し、このまま引き分け...というムードが漂い始めます。。。
しか~し! 
このムードを一掃したのが、今年1月に加入下ばかりの若きDFルベン・ヴェーゾ
試合終了間際の45分。 右サイドのFK(パレホ)からゴール前に蹴り込まれたボールがDFにヘッドでクリアされると、これを逆サイドで拾ったヴェーゾがボレー! このシュートが決まってバレンシアがついに逆転!
なんとかホームで勝ち点3を確保することが出来ました。
 Valencia CF Valencia CF 2-1 Granada CF Granada CF
得点 後半2分:ピティ、18分:パコ・アルカセル、45分:ルベン・ヴェーソ

この日のバレンシアは、ホーム戦ながらあまり調子は良くない様子。。。
特に、バルガスの攻撃は消極的。 ケイタもまだチームにフィットしていない様子でした。
そして、相変わらずのマテューの連携ミス。。。 今回の失点はマテューの責任ではないかもしれませんが、今季の前半戦では、何度もDF同士&GKとの悪さが出てましたからね~。 マテューには、守りよりも攻撃の方で力を発揮して欲しいんですけどね~。
一方、最近かなり活躍が目立ってきた(注目!)のは、右SBのバラガン! 右SBのベルナットとともに、良いSBが出てきたと喜んでま~す!
あとは、パレホはやっぱりピボーテの位置がしっくりきますね。 オリオール・ロメウがケガで欠場の間、ケイタとハビ・フエゴの3人で回してみてはいかがでしょう?
そして、最後はやっぱり攻撃の絶対的なエースが欲しいところですね。 フェグリ、ジョナス、ピアッティ、パコ・アルカセルあたりが現在頼れるところなのですが...やっぱり”ここぞ!”というときには弱いですもんね。
バルガス...そろそろ大変身してくれないかなぁ。
     wolf_men.gif

ということで、一試合を残しての今節の暫定順位は、次のようになりました。
 1位  :レアル・マドリード (63)
 2位  :バルセロナ (60)
 3位  :アトレチコ・マドリード (60)
 4位  :アスレチック・ビルバオ (47)
 
 5位  :レアル・ソシエダ (43)
 6位  :ビジャレアル (40)
 ※一試合未消化
 7位  :バレンシア (35)
 8位  :セビージャ (35) ※一試合未消化
 9位  :レバンテ (33)
 10位 :エスパニョール (32)
 11位 :セルタ (30)
 12位 :オサスナ (29)
 13位 :グラナダ (27)
 14位 :エルチェ (26)
 15位 :ヘタフェ (26)
 16位 :アルメリア (26)
 17位 :マラガ (25) 
 18位 :バジャドリード (22)
 19位 :ラージョ・バジェカーノ (20)
 20位 :ベティス (14)


ベティスは、かなり勝ち点が開いてしまった感じですね。
ベティス、ラージョは、共に失点が50点台とダントツに悪い(他チームは最悪でも43)ですから、まずは失点を無くすところからの改善が求められますね。
リーガは残り13試合。
なんとかこれらのチームに奮起を期待したいところです。

では。
! Viva la LIGA !
Hasta la proxima jounada.
23 ミニミニてあげくまもん
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト