2013_11
29
(Fri)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! アストルガへ!

! Hola a todos !  

今朝は寒いですね。
段々と寒くなるこの季節、、、毎年、口内炎が出来ちゃうんですよね~。
例年だと下唇に出来るんですが、今年は最悪なことに舌の先に出来ちゃって...
ごはんもなかなか食べられなくてつら~いです。 
でも、ダイエット的には良いのかもしれないですね。。。
  aero_side_step.gif
それにしても...痛い。

さて。
ということで、今日は ”スペイン・レコンキスタの原点を見に行く!” のお話しを続けようと思います。
今回お届けするのは、レオン近郊の街 ”Astorga:アストルガ” です。
この街は、”サンチャゴ巡礼路の街の一つ” であると同時に、”ガウディの設計した建物がある” ことでも知られています。

その街は、レオンの西40kmぐらいのところにありますよ。 
 アストルガの場所

アストルガの街は、昔、ケルト人が住んでいたそうです。
その後、ローマ時代には街に砦が築かれ、ローマ都市が形成されました。
この街が当時重要だったのは、ここが『銀の道』と呼ばれる街道上にある街だったこともあります。
イベリア半島にイスラム教徒が信仰してきた時代、一時期、街の機能を失い(無人となり)ますが(※『ドゥエロの砂漠』)、その1世紀後に再移住が行われ、街として再興ことができました。

...と、そんな感じの街 ”アストルガ” をご紹介しようと思います。

で、まずはホテルでの朝食の様子から。
このホテル(パラドール)のレストランは、広くて大きいです! それに食べ物もたくさんありますよ~。
バイキング形式なので、好きなモノを好きなだけとることが出来ます。 (常識的な感じでね。)
 1451 Parador de Leon ←ホテルの朝食

パンなどは、別にコーナーが設けられています。
バゲットは、もちろん食べたいだけ切って持って行きますよ。 丸ごと一本持ってかないでね。 
甘い菓子パンみたいなのも並んでいますが、は朝から甘いのは苦手です。。。
 1452 Parador de Leon ←パンのコーナー

”常識的な感じ” って言っておきながら、こんなに持って来てしまいました~。
まぁ、全部食べちゃうんですけどね。 ふふふ。
 1450 Parador de Leon ←美味しそうなものがいっぱい!

メインを食べ終えたら、次はデザート。
それにしても、毎度のことながら朝から食べ過ぎた~。
 1454 Parador de Leon ←デザートはこんな感じ

こんな感じで朝食でお腹を満たしたら、部屋に戻って出発の準備。 
 1457 Parador de Leon ←部屋の前の廊下の雰囲気

準備などが整ったら出発で~す!
出発ついでに、ホテルの中も少々散策。 素敵な調度品もあって、やっぱり博物館みたい。。。
右写真は、このホテル(パラドール)の模型です。 
 1459 Parador de Leon 1460 Parador de Leon

ホテルを出たら、バスターミナルまで歩いて移動!
鉄道の駅もバスターミナルも、ホテルから500~600mぐらいいったところにあります。
 レオン バスターミナル マップ

そういえば...
初めてレオンの街に降りたった時、駅前で若い女性の方に『バスターミナルはどっちですか?』って道を聞かれました。 もちろんスペイン語で。。。
さすがに ”何で私に???” って思いましたよ。
だって、駅前からスーツケースをゴロゴロひいて歩いてきた日本人...。 
どっからどう見ても旅行者(クマ?)でしょ。 なんで???

でも...知ってたから教えてあげましたけどね。
『この道まっすぐですよ。』 って。 

今回は、そのバスターミナルへと私も向かいま~す。

で...『なんで電車じゃなくてバスなの?』って思う方もいるはず。。。
その理由は、電車を利用するには時間的にとっても不便だからなんです。
レンフェ(スペイン国鉄)の時刻表を確認してもらうとわかるのですが、レオン発のアストルガ方面往きの列車は一日7本しかなく、それぞれ3時、5時、7時、14時、16時、17時、20時台の出発となっています。
一番使えそうなのは7:16発のポンフェラーダ往きなんですが...これじゃ大切なホテルの朝食を食べられないですからね~。

一方、バスの方は、6:00、7:30、8:30、9:30、10:15、11:30...と毎時一本は出ていますので、とても便利なんです。
ということで、バスを利用することにしたんです。
   cady_2.gif
※スペインの時刻表はよく変わるうえ、利用する曜日などによって全く異なってしまうので、必ず事前に最新の時刻表を確認しておいてくださいね。

さて、そんなこんなしているうちにバスターミナルへ到着です。
バスターミナルの入口はこんな感じです。 特に他の街のバスターミナルと変わったところはないですね。
 1462 estacionde autobuses de Leon ←レオンのバスターミナル

建物の中に入ると、中はこんな様子になっていますよ。
写真の右手が正面入口になっていて、左手側に切符売り場が並んでいます。
 1463 estacionde autobuses de Leon ←バスターミナルの中

そして、こちらがバスに乗る場所の様子です。(建物に入って左手にあります。)
 1464 estacionde autobuses de Leon ←バスの発着場所

では、バスの切符を買いに行きましょう!
アストルガ往き(ポンフェラーダ往きのバスに乗って、途中で下車します。)のバスは ”ALSA:アルサ” という会社なので、ALSA の切符売り場に行きます。
切符売り場の窓口で、『アストルガまで2枚下さい。(ドス・パラ・アストルガ・ポル・ファボール)』と伝えると、『バスの中で。(エナウトブス/エン・アウトブス)』という答えが返ってきました。
次に『(バスは)どこから出るの?(デ・ドンデ・サレ?)』と質問。 
すると『3番です。(トレス)』との答えが返ってきました。

で、3番の表示のあるバスの発着場所にいって、しばしバスが来るのを待つことにしました。 他にもそこそこお客さんがいるのでちょっと安心です。
(行き先を間違えてないか心配な時は、必ずまわりの人に聞いてみましょう!) 

しばらく待っていると、出発時間の5分前ぐらいになってようやくバスが発着場所に入ってきました。
あとは、バスに乗り込む時に運転手さんに行き先と枚数を告げて切符を購入します。(スペイン語で ”ドス・パラ・アストルガ・ポル・ファボール” です。)
切符はいつもおなじみのレシートみたいなヤツ。 もちろん片道(IDA:イダ)です。
切符に座席番号が指定されていませんので自由席です。
ただ、前の2~3列まではお年寄りなどのために空けておくのがマナーになっていますので、できるだけそれより後ろの席に座るようにしましょう。
 96 Leon~Astorga ←バスの切符

バスに乗り込むと、程なくして出発します。
  hatobasu-ani01.gif

レオンの街中で何回か停車した後、アストルガ方面に向けて一気に走り出します。
アストルガは小さな街ですが、到着するとバスの中の雰囲気ですぐにわかります。
(日本のように運転手がターミナルなどの案内はしませんので注意してね。)
バスに乗ってから1時間弱で、アストルガのバスターミナルへ到着で~す!
 1465 estacionde autobuses de Astorga ←アストルガのバスターミナル

バスを降りたらターミナルの建物の中に入ります。
中の様子はこんな感じ。 中には、小さいながらおみやげ屋さんもありましたよ。 水などのちょっとしたモノも売ってます。 
そして、散策を開始する前には、必ず帰りのバスの時間を確認するのと、御手洗いは済ませておきましょう!
 1467 estacionde autobuses de Astorga 1468 estacionde autobuses de Astorga

このバスターミナルも切符売り場の窓口は開いていないので、帰りもバスで切符を買うようですね。
でも、窓口を開けて売る場合も考えられるので、帰りはちょっと早めにバスターミナルへ戻ってくることにしましょう!

ということで、早速アストルガの街の散策に出発です!
  くまねこあるき

次回から、この素敵な街の様子をご紹介していきますね。
では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト