2016_08
12
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その13:お別れ)

! Hola, buenos dias !  
? Como estais ?

ずっとサボちゃってた昨年の ”2015 秋のスペイン旅” 。。。 
今日からまたその続きを再開しまーす!
遅くなっちゃってホントごめんなさいねー。

ということで、前回から引き続き ”アルカラ・ラ・レアル” の街の様子をご紹介します。
今回は、街の展望台からグラナダに帰るまでのお話ですよ。

街の展望台でひとしきり景色を眺めて写真を撮ったところで、空にとっても怪しげな黒雲が出ていました。
もうすぐに大雨になりそう(夕立みたいな)でしたので、大急ぎで展望台から街中へと降りてきましたよ。
すると、ちょうど街中の公園まで戻ってきたところで、とうとう空がこらえ切れなくなり、大雨がザーッと降ってきました。
    00aame.gif 00aame.gif 
は、ギリギリのところで公園傍のアーケードに逃げ込むことができました。
それにしてもずっと天気が良くなかったのに、ここまで雨が持ってくれてよかったですよ。
スペインの天気にホント感謝です。kuma_ojigi.gif

ということで、雨が降っている間、雨宿りを兼ねて近くのカフェというかケーキ屋さんで一休みしました。
このケーキ屋さんは、中でお茶しながらケーキもいただけるようになっています。
で、オーダ―したのがこれ。 定番のイチゴのショートケーキみたいなもの。
     cake.gif
程よい甘さで、なんか懐かしい~という感じの昔風のお味です。
1940 Pasteleria-M

このケーキ屋さんで小一時間ほど休んでいると、次第に雨は小ぶりになって止んでくれました。
ということで、この間にバスターミナルまで散策しながら戻ることに。
     くまねこあるき


で、こちらはケーキ屋さんの目の前にあった建物。
ちょっと古い歴史のありそうな建物なんですが、これは街の図書館みたいですよ。
1945 Antiguo Convento de Capuchinos

こちらは、雨でしっとり濡れた公園の様子。 遠くに泉の場所が見えますね。
1946 Paseo de los Alamos

これがその泉。
古い感じのレリーフが残っていて、泉の歴史を感じさせますね~。 
1948 Pilar de los Alamos

公園の中を散策していると、このようなマップを見つけました。
これは、『グラナダからコルドバまでのルート上の街に、それぞれいろいろな観光スポット(主にお城?)があります』 っていう案内みたいです。
これを見ると、このあたりにはレコンキスタ時代に建てられたお城や要塞がたくさんあるようですね。
1963 Paseo de los Alamos

公園の近くには、このような教会もあります。
1951 Iglesia de San Anton

この教会は ”Iglesia de San Anton(サン・アントン教会)” といいます。
この教会をはじめ、この日は街のどの教会も閉まっていて中には入れないようです~。
1953 Iglesia de San Anton

で、その教会の前にはこのような銅像が立っていましたよ。
パブロ・デ・ロハス(Pablo de Rojas)さんという、この街出身の彫刻家だそうです。
この像を作った方ではありませんよ。(笑) この像の作者はわかりません。
それにしても、右手に持っているのは何でしょうね~。
1959 Monumento a Pablo de Rojas

しばらく散策していると、また雨が降りそうな雲行きになってきました。
ここからは、少し足を速めながらバスターミナルへと戻ります。
1966 Alcala-M

こちらは、途中のお花屋さんで見つけたお花。
1969 Alcala-M

バスターミナルまでの通り(歩道)です。
少し雨が降ってきましたが、部分的にテラスが庇のようになっているので、これを使いながら雨をよけていきます。
1970 Alcala

で、ようやくバスターミナルへと到着です。
1971 Estacion de autobuses en Alcala

これが帰りの切符。 最終便かその1本前ぐらいのバスだったように思います。
バスターミナルでは、結構観光客が集まっていたので、グラナダで往復切符を買っておいてよかったです。
Alcala-Granada autobus

こちらは、バスターミナルの待合所に表示してあった時刻表。
とっても見難いうえ、本当かどうかもちょっと疑わしい。。。
スペインでは、コロコロ運行時間が変更になるので、切符売り場の窓口付近もちゃんと見ておかないと安心できませんよ!
変更された時刻表が張り出されていたりしますからね。 こういうところは要注意です!
1973 Estacion de autobuses en Alcala

ということで、今回のアルカラ・ラ・レアルの街の散策はこれで終了で~す!
あとはバスに乗ってグラナダに戻りました。
グラナダからの日帰り観光でしたが、なかなか楽しめる散策でしたよ。
こちらが今回の散策ルート。 大体の観光スポットはクリアしてあります。
もし、訪れる機会がありましたら参考にしてみてください。
アルカラマップ4

次回は、グラナダでの晩御飯を紹介します。
では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2016_05
24
(Tue)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その12:展望台)

! Hola amigos !  

最近は暑い日も多くなってきて、だんだんと夏が近づいてきている感じですね。(というか、夏日連発ですね!)
もう朝起きても涼しくないです。
これからまたエアコンの温度設定とにらめっこしながら寝苦しい夜に対処していかなきゃならないかと思うと...
ちょっとうんざりですね~。 

さて、ここからは今日のスペインのお話に移りますよ。
今回も引き続きアンダルシアの街 ”アルカラ・ラ・レアル”散策のお話です。

ご紹介するのは街の”展望台”。 街中からちょっと丘を登ったところにあります。
ただ、私たちがその展望台を目指していた時... どんどん雲行きが怪しくなってきました~。 
    cloud_9.gif
なので、大急ぎで展望台へと向かいます。
1874 Paseo de los Alamos

大急ぎで行ったので、途中は近道としてこんなところも通って行きましたー。
1875 Alcala

坂道をどんどん登って行くと、ところどころで街を見渡せる素敵な景色が拡がってきます。
1886 Alcala-M

このあたりでも十分景色的には良いのですが...
折角なので、もっと上にある展望台を目指しましょう!

で、しばらくしてようやく到着~!
ネットで事前調査したものと違って、綺麗に整備されてます! 
最近、整備したんでしょうか? ベンチも置かれてますね。 
1889 Alcala-M

早速ここで写真撮影!
それにしても重たそうな黒い雲がどんどん出てきちゃいましたね~。
晴れていればもっと素敵な写真が撮れたのかもしれないのに... ちょっと残念です。
1899 mirador1

さらにズームアップ!
モタ城は同じぐらいの高さからみるとこんな感じに見えるんですねー。
1909 mirador1

そして、さらにこの展望台から上の方へと目をやると...
まだまだ先がありそう!
しかも、白い十字架が建っているのが目に入りました! これ行ってみるしかないでしょう!
1922 mirador2

ということで、一番上の場所にやってきました~。
でも、ここには特に何もないですね。 いくつかの何かの観測所的な建物が建っているだけ。。。
1923 mirador2

でも、ここからはモタ城や市街地の景色を背景に、先ほど下から見えた白い十字架を入れて写真を撮ることができます。
う~ん、、、反対側の空は素敵な青空なんですけど。。。
夕立になりそうな雲がさらにどんどん迫ってきてます!
はやく下へ降りないと、土砂降りの雨にやられちゃいそうです~。
1929 mirador2-M

ということで、ここでたくさんの写真を撮って、急いで丘を降りて行きました~。
青空をバックにした素敵な景色はまた次回来た時ってことで。

今回までに歩いたルートはこんな感じです。
アルカラマップ3

ということで、今日のところはこの辺で。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_05
18
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その11)

! Hola a todos !  
! Buenos dias ! おはよーございます!

今回は久しぶりの更新になってしまいました。
その間、スペインではサッカーのリーガ・エスパニョーラが閉幕しました。 
その結果、今シーズン(2015-2016)のリーグ優勝は FCバルセロナ に決定しました!
     pan015  
ヨーロッパ各国のリーグで優勝チームが続々と決まっていく中、スペインのリーガだけは最後の最後までもつれましたね。
その最後まで優勝を争った相手はやはりレアル・マドリード。 勝ち点差1で敗れてしまいましたが、ジダン監督のもと最後まで頑張りを見せてくれました! 来シーズンはきっとやってくれることでしょう!

ところで、日本ではレアル・マドリードのことをよく ”レアル” と呼んでいますが、現地では ”マドリー” と呼ぶ方が主流のようです。 リーガでは、チームの名前の最初にこの ”レアル”(意味:王の、王立の) とつくところはたくさんありますからね。
ちなみに、マドリッド市内のもう一つのチームアトレティコ・マドリードは、”アトレティ” と呼ばれているみたいですよ。

さて、サッカーといえば...
今週末にヨーロッパ最強のクラブチームを競う ”UEFA Champions League” の決勝が行われます。
決勝は一昨年度の対戦の再現!
マドリードのクラブチームの両雄 ”マドリー” と ”アトレティ” による ”マドリード・ダービー” となりました~。
ヨーロッパNo.1のサッカーのリーグを、よく 「イングランドの”プレミア”だ!」 とか 「ドイツの ”ブンデス” だ!」 などとおっしゃる方々が多いようですが...
やっぱり、スペインの ”リーガ・エスパニョーラ” でしょ!
こりゃ間違いないですよ。 
ちなみに、日本のサッカー通の大半の方々が予想していたバイエルンは、残念ながら準決勝でアトレティコに負けてしまいました。  (ぷぷぷっ。 相変わらず見る目ないなぁ)

そして、この試合が終わると例年ならサッカーシーズンはほぼ終了! 
となるところなのですが...
今年は、この時期にヨーロッパのサッカー強豪国が一堂に会する ”EURO 2016 フランス大会” が開催されます!
バンザーイ! 
”実質W杯より厳しい大会” と言われるだけあって、どの対戦も見逃せない好カードが揃っています。
こちらもまたサッカーファンにはたまらない大会ですよね~。

と、久しぶりに熱くサッカーの話題を語ってしまいましたが...
ここからは、前回から続いているスペイン、アンダルシアの街 ”アルカラ・ラ・レアル散策”の様子をお届けしまーす。
前回は、バルでお昼ご飯?をいただいたところまででしたね。
今回はその後の散策の様子をご紹介しますよ。
  くまねこあるき
バルを出てしばらく通りを歩いていくと、その通りの角にこんなものを見つけました。
時計が地面に埋め込まれてます(笑)。 
もちろんここは時計やさんのお店の前です。(お店は開いてませんでした。)
地面に時計があるのって、日時計以外では流石にみたことないですね~。
1841 Ayuntamiento-M

そして、この近くに教会を発見。
でも、この教会も中には入れそうにないです。 この日はどこも都合が悪かったみたい。。。
1850 Iglesia de Angustias
この教会は ”Iglesia Ntra. Sra. de las Angustias” といいます。
18世紀に建てられたもののようですね。
1851 Iglesia de Angustias

この教会も開いてないので、また次のところへ移動します。
こんな感じのしっとりした路地を抜けていきますよ。
1852 Alcala

路地を抜けると、街の中央を貫く大通りの一つ ”ラス・メルセデス通り" へと出ました。
写真にある ”耳” の形をした看板は、補聴器などを売っているお店の看板です。 
日本でも江戸時代にはこういった ”絵をひと眼れば何を売るお店かがわかる看板” ってのがありましたねぇ。
1854 Iglesia de Encarnacion

さらに進んでいくと、通りにこのような教会らしき建物が。。。
ここは、エンカルナシオン修道院(教会)です。 
1858 Iglesia de Encarnacion
ここも開いてないようですね~。  祝日はダメなのかも。。。
1860 Iglesia de Encarnacion-M

さらに通りを進んでいくと、立派な建物が現れましたよ。
ここは、”Palacio Abacial:アバシアル宮殿” と呼ばれています。 
直訳すると ”修道院長の宮殿” ってことになりますね。
修道院の長がこんな立派な建物に住めるなんて、昔の教会は絶大な権力を持っていたんでしょうね~。
1866 Palacio Abacial

今はこの宮殿は博物館(El Museo Municipal de Alcalá la Real)として使われています。
内部には街の文化的遺産などが展示されているようですよ。 
後で知ったのですが... 建物内部にある中庭を囲む回廊がなかなか素敵! 
ちょっと入ってみても良かったかも。。。
1868 Palacio Abacial

ここからすぐのところに、街一番のおおきな公園?広場?があります。
で、その広場の入り口のところに、こんな感じの ”昔の城壁” みたいなものが設置されている場所があります。
現在は、泉みたいな感じで使われているようです。 この場所の名前はよくわかりません。。。
1869 Pilar de los Alamos

壁には古そうな感じのレリーフが残されていますね。
1870 Pilar de los Alamos

ここを過ぎると、もう街で一番大きな公園にたどり着きます。 ここが街の中心地と言っても良いでしょうね。
ここまでくると建物に邪魔されずに街のランドマークであるモタ城が眺められます。
1873 Paseo de los Alamos

さて、この時点で少し雲行きが怪しくなってきちゃったのですが...
この街一番の見晴らしの良い場所があるので、急いでそちらの方に行ってみることにしました!
で、その様子はまた次回。
お楽しみに!

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
23
(Sat)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その10)

! Hola a todos !  

今日は、アルカラ・ラ・レアルの街で入ったバルのお話です。
街を散策してそろそろお昼ご飯をいただこうと思ったのですが...
この日は祝日のせいか、開いているレストランらしきお店が見つかりません!Munc.gif
で、急遽近くのバルでお腹を満たすことにしました。
    bartender_20160421104146601.gif
このとき入ったのがこのお店 ラ・メルセデス通りにある ”Bar LLANILLO:バル・ジャニージョ” 。  
完璧に地元民しか行かなそうなお店です。
しかも、入口付近には何人かの地元のお兄ちゃんがいるので、めちゃめちゃ入りにくそうな雰囲気でした... 
でも、他に開いてそうなお店も無かったので、思いきって入ってみましたよ。
1829 Bar LLANILLO en Alcala

お店の中はざっくりこんな感じ。 お客はほとんど近所のおじいちゃんたちです! (二人ぐらい若いお兄ちゃんがいたかも...)
   アルバート・アインシュタイン スティーブンスピルバーグ james_moriarty.gif
1837 Bar Llanillo-M

店内の端っこにあるテーブル席も開いていたのですが、ここはバルらしくカウンターでいただくことにしました。
カウンターもおじいちゃんたちでいっぱいだったのですが、親切に私たちのために場所を開けてくれました~。
   neko shippofiri
で、まずは飲み物を注文。
喉が渇いていたのでビールと炭酸系のものをいただきました。 
1832 Bar Llanillo-M

こちらはその飲み物についてきたおつまみ用のタパスとオリーブ。 
(もちろんこれらも飲み物の値段に含まれてます。)
ど~んとチョリソが乗っかっただけの大雑把なもの。(笑) もちろんそれなりに味は美味しかったですよ。
1830 Bar Llanillo-M

そして、こちらは生ハムのボカディージョ。
お店のおじちゃんにどんなボカディージョがあるのかを聞いて、その中でこの生ハムのボカディージョを選びました。
パンもちょっと温めてあるのでフカフカしてて美味しかったです~。
1833 Bar Llanillo-M

ちょうどお腹をみたすのにはぴったり!
(例によって...朝ご飯をホテルでお腹いっぱい食べちゃったのでこれで十分でした。)
まあ、こんな感じでグビグビやっております。 yoidore_tenshi_2013090522074591c.gif
1836 Bar Llanillo-M

で、食べながら近くにいたおじいちゃんとちょっとお話。
このときお店にいた人たちは、みんなこのご近所の方たちばっかりなんですって。
「みんな仲が良いですね。」っていったらおじいちゃん喜んでた。 

そして、しばらくしてお店でトイレをお借りしたとき、このおじいちゃん 「もう帰るの?じゃあまたね。。。」 って。
「いやいや、まだ帰りませんよ。 トイレですって。」 って言ったんですけど、なかなかおじいちゃんにはわかってもらえませんでした。
近くのお兄ちゃんが一生懸命 「トイレですって!」 っていってくれたので、なんとかわかってもらえた。 
さすがにこのおじいちゃん以外の周りの人はみんなわかってたので、全員ちょっと苦笑気味でした。

最後はお話したみんなと握手してご挨拶。
その他お話してないおじいちゃんたちも、みんなやさしそうに手を振ってくれました~。
みんないい人ばっかりでしたねぇ~。
また来られるといいなぁ~。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
20
(Wed)12:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その9)

! Hola amigos !  

熊本地震...なかなかやまないですね。
とりあえず救援物資の輸送は少しずつ良くなっているようなのが救いですが...
こう何度も大きい地震が続いていると被災者のみなさんの心が折れやしないかと心配です。
はやく余震がおさまることを心から祈っています。
  pan004

さて、今日も引き続きスペインの旅のお話を進めていきますね。
先日ご紹介した ”Iglesia de consolacion:慰めの教会” を外から眺めたあとは近くの広場へと足を運びました。
ここの教会も中に入れなかったもので。。。

ここは ”Plaza Arcipreste de Hita : アルシプレステ・デ・イタ広場” といいます。
1814 Ayuntamiento-M

この広場の名前にある”Arcipreste”というのは、スペイン語でカトリックの司教区司祭会の首席司祭という意味らしいです。 
まあ、カトリック教会でかなり偉い地位の人って意味なんでしょう。
で、この首席司祭として有名な人が ”Juan Ruiz:フアン・ルイス”(1284-1351) という方で、この街のお生まれだとか... 
何に尽力された方なのかはわかりません。 
とにかく、街出身の有名人にあやかって名前をつけたってところでしょうねぇ。

ちなみに、この広場の正面に位置するこの鐘楼のある建物は ”Ayuntamiento:市役所” です。
1815 Ayuntamiento-M

で、その市役所の対面にあるのがこの建物。
ちょっと歴史がありそうですが... 
特に名前はついていないようなので、それほどでもないらしいです。
1816 Casa de enfrente

そして、この建物の前に立っていらっしゃるこの方。 
お名前を ”フアン・マルティネス・モンタニェス” さんと言いまして、この街出身の有名な彫刻家だそうです。
1817 Casa de enfrente ←モンタニェスさん

そして、建物の端には、カスティーリャ・イ・レオンの紋章が取り付けられています。lion_1.gif
1819 Casa de enfrente

さらにはこんな石板も...
もう...ぜんぜんなんて書いてあるか読めないです。 
1820 Casa de enfrente

この広場に来た本当の目的は、実はお昼ごはんを食べるためだったんです。
広場の周りにはバルやレストラン的なお食事処がたくさんあったハズ...
なんですが、この日はお休み(祝日)だったせいか全くやっていません!Gaan.gif
    angel_2_201309052207092d8.gif
で、結局、ここまで歩いてくる途中で見つけたちょっとしたバルへと入ることにしましたよ。
その様子はまた次回ということで。d_1040.gif

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
18
(Mon)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その8)

! Hola !  

まずは先日からの熊本地震の件、大変なことになってしまいましたね。
数年前にも訪れたことがあるだけに、今回の災害の映像をTVで見る度に心が痛みます。。。
まずは、ホントに早く余震が収まって欲しいですね。
もできるところでの応援はしていきたいと思っています!
被災者の皆さん、頑張って! japan_flag_wave_20130909095426c96.gif

281 熊本 通町


さて、引き続き今日もスペインの旅の様子をお届けしていきます。
今回もアルカラ・ラ・レアルの街の様子のご紹介です。

サン・フアン教会を外から眺めた後、坂を降りてどんどん街中へと入っていきます。
こんな道を歩いていますよ。
1774 Alcala

坂を歩いて行くと、途中でこんな建物を発見!
なんか正面の部分だけ歴史のありそうな作りになってます。
1775 Convento del Rosario Fachada-M

で、近づいてみたところ、表札には ”Convento del Rosario Fachada” って書いてありました。
ロサリオ修道院のファサードってことですね。
下にいろいろ書いてあるのは、”市役所の協力によって復元されたもの”ってことです。
1777 Convento del Rosario Fachada 1781 Convento del Rosario Fachada

また、この建物のすぐ近くには、なにか歴史がありそうな”水飲み場”がありましたよ。
1783 Fuente Alcala 1784 Fuente Alcala

このあたりで興味を持って写真を撮っていたら、タクシーが止まって運転手さんが私たちに声をかけてきました。
どうも見かけないアジア人が小路でウロウロしているから道に迷っているのかと思って声をかけてくれたらしいです。
田舎の人はやさしいですね~。
ちなみに、「どこまで行くの?乗っていかない?」とは言わなかったので、私たち相手に商売をしようとは思ってなかったようです。
純粋に助けてあげようと声を掛けてくれたみたいですよ。  
人が良いというか、商売っ気が無いっていうか。。。

ってことで、まだまだ坂を降りて行きますよ~。
すると、しばらくして坂の向こうに目指す教会が見えてきました。
1785 Convento del Rosario Fachada-M

これが次に観に来た教会 ”Iglesia de consolacion:慰めの教会” です。 
1787 Iglesia de Consolacion

坂を降りてどんどん教会に近づいて行くと...
近くに公園があることが判明! 
その公園には噴水があって、その近くに ”水瓶のを持ったお姉さん” 像があるようです。
1792 Iglesia de Consolacion 1798 Iglesia de Consolacion-M

更にこの像に近づいてみると... こんな方でした。
頭に何か被ってらっしゃる。。。 どこの人なんでしょう?
1804 Iglesia de Consolacion

街ではこの教会が街の北端ぐらいになります。
1805 Iglesia de Consolacion

これより先、ちょっと住宅街抜けてしばらく坂を登ると ”Ermita de San Marcos:聖マルコス礼拝堂” がポツンと建っています。 
ここからモタ城を眺める景色もなかなか良さそうですが、、、 それ以外は目立ったものは何もありません。
広陵としたオリーブ畑が広がってるだけです。

ということで、くまねこ隊はここで街中方向へと引き返します~。
この後も街中散策は続きますよ。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
14
(Thu)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル その7)

! Hola a todos !  

今日は久しぶりの雨。
先日、でベランダのガーデンに種まきをたので、ちょうど良い水撒きになったでしょうか?
ただ、まいた種が相当古いので芽が出るかどうかわからないんですよね~。
芽が出なかったら追加で他の種をまいちゃおうかなぁって思ってます。


さて、今日もスペインの旅のお話を続けます。
今回は、これまでしばらくお届けしてきたモタ城の見学を終え、アルカラ・ラ・レアルの街をめぐった時の様子をお届けします。
     くまねこあるき
ここはモタ城前の通り。 この坂を登ってきたんですよ。
1751 Alcala

で、ここからは上の写真の一番手前の街頭のところの小道を入って坂を降りて行きます。
すると...
ちょっとした通りの角に十字架が。
1754 Alcala-M

良くわかりませんが、十字架の下には13の数字が刻まれています。
1755 Alcala

さらに坂を下っていくと...
下の交差点のところにも十字架が...
1757 Iglesia de San Juan

この十字架にも番号が刻まれていて、これは14となっています。
う~ん...これは ”何かの順路を示す道しるべ” なのかもしれないですね。
1762 Iglesia de San Juan-M

青い空と白い壁。 美しい... 絵になる~。 
1763 Iglesia de San Juan-M

先ほどから写真に写っていた教会らしき建物はこれ。
これは ”Iglesia de San Juan:サン・フアン教会” って言います。 街のお祭りの時には、ここから聖フアンさんの像を担ぎ出して街中を回るらしいです。
残念ながら、今日は内部を観られないようです。
1772 Iglesia de San Juan

こちらは教会前の景色。
白い壁になにやら古い時代の石板みたいなものが埋めこまれてます。
1773 Iglesia de San Juan

で、傍にあった表示板をみるとこんなことが書いてありました。
 ”Náyades o Ninfas del Agua”
  Fragmento Pilarejo de San Juan
   Obra de Martin de Bolivar. S.XVI
つまり...
 16世紀にマルティン・デ・ボリバルによってつくられたサン・フアン教会の柱の破片で、作品名は ”ナイアス(泉や川の精霊)、水の妖精” ってことらしいです。 つまり、昔の神話の一つを表現したものらしいですよ。

ということで、今回はここまで。
今回散策したルートは、下の地図の赤線部分。
 (※青線は、モタ城まで登ってきた時のルートです。)
アルカラマップ2

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
11
(Mon)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル モタ城:その6)

! Hola amigos !  

週末の関東は、なんとか天気も良くなってお花見には良い頃合いになりましたが、当の桜が先週の雨と風で花が一気に散ってしまい残念。。。  だいぶ葉桜になってしまいましたね~。
今年はもうお花見は終了かな? また来年ということで。

さて、しばらく振りのリーガ・エスパニョーラの情報です!
今シーズン(2015-2016シーズン)も残りあと6試合。 一時期はバルサの独走かと思われましたが、ここにきて失速気味。
2位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差が3と縮まり、優勝争いが面白くなってきましたよ!
 バルセロナ        勝ち点76
 アトレティコ・マドリード 勝ち点73
 レアル・マドリード    勝ち点72 
ここしばらくは、リーガに注目ですね!

ということで、ここからは今日のお話に入ります。
今日は、モタ城内にある昔の "Bodegas(ボデガ:ワイン醸造所)” とランドマーク的な教会 ”Iglesia Mayor Abacial” を紹介します。
mapa de Fortaleza de la Mota 7

こちらは、先ほどまで私たちがいた ”Torre del Homenaje:オメナヘの塔” 。
塔とはいっても軍事用の塔なので、どっしりとしたつくりになってますよね~。
1708 Castillo en Alcala  soldier.gif soldier_2.gif

そして、こちらは城内の広場に展示してあった昔の大砲?ってやつです。 taiho_20160406100824f68.gif
ホントにこんなの使ってたんですね。 
弾は傍に積んである石の玉です。
1709 Castillo en Alcala

続いては、城内の端の方にあるボデガ(ワイン醸造所)をちょっとだけご紹介します。
建物の中に入ると、こんな感じで昔ながらのワインづくりを説明するパネルが貼ってあります。
パネルに書いてある ”El Lagar” ていうのは、ブドウを搾るときの “踏み桶・搾り桶” もしくは ”圧搾場” を意味します。
ちなみに ”葡萄・ぶどう” はスペイン語で ”uva:ウバ” っていいます。
1712 Bodega de Castillo en Alcala ←El Lagarぶどう

左写真にある石垣みたいなところの向こう側に ”足踏み場(踏み桶)” があり、そこから出たぶどうの搾り汁が樋(とい)を伝って手前の窪みに流れ込むつくりになっています。
たぶん、窪みには右写真のような ”甕(かめ)” が置かれていたんじゃないかなぁ。
1713 Bodega de Castillo en Alcala 1714 Bodega de Castillo en Alcala

こちらは、ワインを入れて運ぶための壺と、畑で摘んだ葡萄を入れて運ぶかご・バスケットですね。
1716 Bodega de Castillo en Alcala

で、ボデガの見学はこれで終了~。
思ったほどすごい展示は無かったです。。。

ってことで、外に出て広い場所で写真撮影!
来るときはものすごい黒雲があって土砂降りの雨を心配しましたが、今はこんな素敵な青空になりました!
完全に ”晴れ男”... ”晴れクマ男” です。
1720 Castillo en Alcala

で、もっかい教会”Iglesia Mayor Abacial”の姿。
やっぱり晴れてると景色も素敵ですね~。
...ん?
よくよく見ると、教会の出入り口だったようなところが塞がれているように見えますけど。
1718 Castillo en Alcala

で、実際に教会の中に入ってみると...
中の主礼拝堂はこんな感じになっていて、現在は教会として使われていない様でした!
主祭壇(写真正面)に向かって左側は完全に潰してあって、右側だけが観光客の通れる通路になっています。
1721 Iglesia de Castillo en Alcala
床部分は完全に発掘中の遺跡みたいになっちゃってますねー。ko-ji_no_otchan_20110519091350.gif
1722 Iglesia de Castillo en Alcala-M

教会の中へ入ってしばらくすると、このお城(モタ城)の歴史についてのビデオ上映がありました。(上映開始時間は、入場券を売っている受付で教えてもらえます。この日は、13:45でした~)

主祭壇右側の観光客の通路。 (左写真)
床がガラス張りになっていて、下の構造がよく見えるようになっています。
右写真の ”井戸” は、「この ”モタ城” がつくられた時に重要な役割を持っていた」 って上映されたビデオで説明してたように記憶しているんですけど... 残念ながら忘れてしまいました。。。ゴメンナサイ。 
1725 Iglesia de Castillo en Alcala 1727 Iglesia de Castillo en Alcala

ということで、モタ城の見学はこれにて終了!
最後の締めも、マヨール・アバシアル教会の姿と素敵な青空の景色で!
1736 Iglesia de Castillo en Alcala

次回からは、アルカラ・ラ・レアルの街中を散策しまーす!
お楽しみに!

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
08
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル モタ城:その5)

! Hola amigos !  

しばらく天気が悪い日が続いたけど、ようやく晴れてきましたね。
天気が悪いとよく頭痛になるので助かります。

さて、今日もここ何日か続けてお届けしているモタ城内の紹介です。
今回は城内で一番高い建造物の一つ ”Torre del Homenaje:オメナヘの塔” を紹介します。
先日お伝えしたとおり、この塔は一階にも出入り口はあるのですが、上に登るためには一旦カンパーニャの塔を登ってからじゃないと行けないようになっています。
こちらの入口がその塔の上に行くための入り口です。
1670 Castillo en Alcala

この入口を入ると中は少々暗めの照明になっていて、昔(中世?)の人の格好をした人形が展示されていました。
1674 Castillo en Alcala 1675 Castillo en Alcala kibamusha_2.gif
これから戦いに行きそうな服装の人もいればそうでない格好の人もいます。
1677 Castillo en Alcala 1676 Castillo en Alcala

この人形たちは何なのか?ちゃんと見てこなかったので良くわかりません...ごめんなさい。。。
ということで、階段を上がって塔の上へと向かいまーす。
階段は超細い! ここですれ違うのは完全に無理!!!
しかも結構長い階段なので、もう上から人が降りてこないことを願うばかりです。
1679 Castillo en Alcala ←狭くて長ーーーい階段。

この階段を登りきると、ついに塔の屋上へ出ることができます。
ここはお城の中でも(観光客が行ける)一番高い場所! 街の一番高い場所とも言えますね~。
なので、街の景色が一望できますよ! 
1684 Castillo en Alcala-M 1683 Castillo en Alcala-M
上右写真は、先日ご紹介した ”カンパーナの塔"。
こちらの塔(オメナヘの塔)に比べると全然低いし小さいです。

一番高い場所だけあって、城内の様子がよく見えます。
1688 Castillo en Alcala-M

もちろんアルカラ・ラ・レアルの街の景色もよく見えますよ~。
左写真は、以前紹介した城壁の大砲があったと推測した場所。 右写真は、市役所のある広場(Plaza Arcipreste de Hita)のあるところです。
この広場はちょっと小さいので、写真だとわかりにくいかも。。。
1699 Castillo en Alcala 1702 Castillo en Alcala

こちらは街に点在している教会。 
左写真は ”Parroquia de Santa María la Mayor:サンタ・マリア・ラ・マヨール修道院” で、右写真はここ(モタ城)から一番近いところにある ”Iglesia de San Juan:サン・フアン教会” です。
教会は鐘楼があるのでわかりやすいですね~。
1701 Castillo en Alcala 1700 Castillo en Alcala

ということで、今回はこれにて終了~。 
1685 Castillo en Alcala-M
次回は、塔を降りて 昔の ”ボデガ(ワイン製造所)” と ”城内にある教会(マヨール・アバシアル教会)” の中をご紹介します。
お楽しみに!

またね~。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_04
05
(Tue)08:30

2015 秋のスペイン旅 (アルカラ・ラ・レアル モタ城:その4)

! Hola a todos !  

オラ! 
先週末から天気の良くない日が続いていますね。
各地で桜が満開を迎えていますが、こう天気が良くないとちょっと残念な感じがします。
はやく青空のもとで満開の桜が観られる日が来て欲しいですね。

ってことで、先々週の末に近くの公園で撮影した桜の写真を掲載します。
近所の駅前にも素敵な桜並木の通りがあり、こちらの方もかなり花が開いていましたよ。
わざわざTVで紹介するような ”桜の名所” に行かなくても、近所で結構 桜は楽しめます。
IMG_2990.jpg
     icon_anisakura02.gif icon_anisakura01.gif

さて、では今日のスペインのお話。
今日もご紹介するのは、アルカラ・ラ・レアルという街にあるモタ城(Fortareza de la Mota)。
今回は、その中でも ”Alcazaba:アルカサバ” と呼ばれる部分をご紹介します。
この場所は、下の写真の塔があるところ一帯をさしています。 
この写真の塔は ”Torre del Homenaje:誓い(敬意・賞賛)の塔” と呼ばれています。
1640 Castillo en Alcala

地図で説明すると、青枠で囲った部分ですね。
(※水色の線で示したのは、これまで歩いてきたルートです。)
mapa de Fortaleza de la Mota 5

”アルカサバ” っていうのは、スペイン語で ”お城・砦” って意味。
スペイン語には同じように ”お城” を示す単語に ”カスティージョ” というものもあるんですけど、同じ意味でも ”アルカサバ” の方はアラビア語を起源とした言葉らしいんです。
ご存じの通り、スペインのあるイベリア半島はおよそ西暦700年から1500年の間、ムスリム勢力(イスラム教徒)に支配されていた時代がありました。 このときの名残でスペインには ”アラビア語を語源とする単語” があるようなんです。
i特に、今回の ”アルカサバ:alcazaba” といったように、単語の最初に ”al” がつくものはアラビア語を語源とするものが多いです。
というのも ” al:アル ” はアラビア語では ”定冠詞” にあたるからなんだそうです。
ですので、 alcazar(お城・砦・王宮)、alcohol(アルコール)、almendra(アーモンド)、algodón(綿)、almacen(倉庫)... などは、アラビア語を語源とした単語です。 他にもたくさんありますので、興味があったら調べてみてはいかがでしょうか?
ちなみに ”al” がつくものすべてがアラビア語を語源としているわけではいませんのでご注意を!)

では、早速アルカサバの中に入っていきますね。
入口は ”Torre del Homenaje” にあります。
1649 Castillo en Alcala ←塔の入口に入ったところ

...と入ってはみたものの、すぐに反対側の出口へ出てしまいました。
そこはこんな感じのちょっとした広場になっていましたよ。
ここは、アルカサバ内にある ”El Patio de Armas:兵器・部隊の中庭” と呼ばれるところです。
1650 Castillo en Alcala

このアルマスの中庭からは、もう一つの塔 ”Torre de la Campana:カンパーナの塔” が見えます。
次は、そのカンパーナの塔へと入っていきますよ。
1651 Castillo en Alcala

まず最初に塔の一階部分に入ってみると...
ちょっとした展示ルームになっていて、イスラム統治時代の生活の様子などが展示されていました。
1652 Castillo en Alcala

そして、これらは当時使用されていた物。 出土品なんでしょうかね?
1653 Castillo en Alcala 1655 Castillo en Alcala-M
右下写真の石板には、あきらかにアラビア語らしい模様がみられますね~。
1654 Castillo en Alcala-M 1657 Castillo en Alcala-M

さて、続いてはこの塔の二階部分へと進んで行きます。
1658 Castillo en Alcala ←外階段を上って二階へ。

で、二階部分にも展示がされていました。
ここは、このお城を中心とした街の防御システムの様子が展示されていましたよ。
まずは、このお城のある地域一帯のジオラマ。
小高い丘の上にあることが一目でわかります。
1660 Castillo en Alcala

そして、街の周囲にあるいくつもの ”監視塔” の様子が紹介してあります。
これらの監視塔で常に周囲を警戒・監視し、もし街の外から敵が攻めてきたら、いち早く情報をお城に知らせるようなシステムになっていたようです。
1661 Castillo en Alcala 1663 Castillo en Alcala

これらの塔は、時代によって少しずつ形が変わっていったようですねー。
9世紀から14世紀中ごろまでに建てられた塔は左のシンプルな円筒の形をしたもので、右のちょっと装飾された感じの塔は、その後から15世紀末までに建てられたものです。
1662 Castillo en Alcala

さてさて、これらの展示を見学した後は、更に階段を上って塔の上に。
1665 Castillo en Alcala

階段を登りきると、そこは塔の頂上へ出ました~。
1666 Castillo en Alcala

ここからの景色はこんな感じ。 遠くにテーブル形の山?丘?が見えますね。
1668 Castillo en Alcala

別の方角をみるとこんな感じ。
このあたりもオリーブの生産地でありますので、オリーブの木がいっぱい植えられています。
1667 Castillo en Alcala-M

こちらは城内にある教会。 後ろ姿です。
1669 Castillo en Alcala

こちらも城内の様子。
当時たくさんあった建物の基礎部分が残されているところですね。
1672 Castillo en Alcala-M

ということで、次は最初に入った ”オメナヘの塔” へもう一度戻ります。
こちらの塔より高い塔です。
今度入るのは、塔の2階?部分です。 中はどんな感じになっているのでしょうかねー。
1670 Castillo en Alcala

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ